転職コラム

出張が多いから辞めたい!デメリットを整理して転職するか判断しよう

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

出張の多い仕事をしていると、どうしてもプライベートな時間と仕事の時間が混合しやすくなり、中々ハードなスケジュールな人生を送る事になる事も少なくありません。

・仕事で海外に行けるのはラッキー
・交通費の建て替えでクレカポイントが貯まる
・出張手当で収入が増える

といったメリットは確かに大きいものの、蓋を開けて見ればプライベートがクソな人生になっていた...というケースはよくある話です。

おまけに長時間の移動であれば、知らず知らずの内に体にダメージをじわじわと与えている事も少なくありません。

飛行機や新幹線で長時間座っている場合、脚の付け根の股関節がほぼ直角に固定されるため、静脈やリンパ流が圧迫されて血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなってしまうと疲労感を一気に感じやすくなりますし、生活習慣病の原因にも繋がってしまうので、実は命に関わる問題でもあるのです。

そこで今回の記事では、出張の多い仕事を辞めて転職したい人が今まさに考えておくべき事を紹介していきます。

出張が多いと家族との時間は必然的に減ります

すでに結婚している、子供がいるという方にとって、出張があまりにも多いという事は致命的なデメリットとも言えます。

例えば月の半分出張で家を空けているとなれば、2日に1回しか家族と顔を合わせていない事になりますよね。

自立してから「あと何回親に会えるのだろうか?」と考える人も多いですが、親は愚か自分の家族に何回顔を合わせられるかを考え始めたらいよいよ終わりですからね。

もちろん会った回数が家族の絆とは言わないものの、やはり毎日顔を合わせて、きちんと家族に向き合うというのは最低限の家族サービスです。

子供目線で見ても「月に数回しか合わない親」というのは、愛情を注がれていないと感じてしまいやすいですし、それが非行や引きこもりといった最悪の事態につながる事だってあります。

それに、出張が多い仕事をしていると、パートナーの理解を得るのも難しいです。

もしかしたらあなたは「仕事なんだから仕方ないと理解してくれているはず」と思っているかもしれません。

しかし、それは“都合が良すぎる考え方”と自分を戒めた方がいいでしょう。

確かに最初の頃はそうやって理解をしているような感じを見せてくれていたかもしれないですが、結婚生活は長期戦なので、どこかで不満は爆発するのが自然です。

「やっぱり仕事優先で私はその次だったのか」「結婚しても孤独な時間多いなら意味ないじゃん」と気持ちが抑えられなくなり最後は破局…なーんて事になりかねないですよ。

家庭を犠牲にして仕事をする人がいますが、トータルで見ると絶対にコスパが悪いので、取り返しがつかなくなる前に軌道修正する事を考えてみましょう。

出張が多いと友人とは次第に疎遠になる

出張が多く、基本的に家にいない、いついるか分からないという状態が続けば、当然友達からの誘いがジワジワと減っていきます。

最初の方は普通に誘われますが、毎回仕事を理由に断っていると、徐々に連絡すら来なくなりますからね。

すると、

「えっ、同窓会やってたの。聞いてない...」
「コンパするならよんで欲しかった...」
「私だって一緒に花見行きたかったのに...」

といった風に、最終的には孤独感を強く感じていく事になります。

それに、友達が減っていくと、周囲から刺激を貰えなくなりますし、自分の喜びや悲しみを共有する事が出来なくなってしまいます。

するといつも心にポッカリと穴が開いたような虚しさを感じるようになり、職場という1つのコミュニティに閉じこもりがちになります。

居心地のいい職場ならいいのですが、仮にブラックな環境であったり、人間関係で上手くいっていない場合は地獄です。

職場を離れたらより孤独になるのでは?と感じてしまい、仕事を辞めるという選択肢すら持てなくなり、どんどん内側の世界に入ってしまうリスクだってありますからね。

ある日突然「ポカーン」となってしまわないよう、きちんとメンタル管理をしておく事も重要です。

出張が多いから辞めたい時は転職のリスクを整理してみよう

主張が多い仕事に限界を感じ、自分のライフスタイルを変えるために転職を考えている人は少なくありません。

しかし、いざ転職を考えると「今より待遇が悪い職場になったら最悪」「そもそも転職出来ずに無職になるかも」といった後ろ向きな不安から、中々一歩前に踏み出せないことが多いです。

そんな時は、転職する事のリスクをきちんと整理するところから始めてみましょう。

例えば転職の最大のリスクは内定が決まらない事です。

自分のこれまでの職歴では弱いという内部要因、そもそも景気が悪いといった外部要因など考える要素は多いですが、ざっくりでいいで考えてみましょう。

ちなみにですが、この無内定のリスクに関しては過度に考える事なかれ。

というのも、今は転職市場は未曾有の「売り手市場」なので、正しい転職ノウハウを実践すれば、比較的短期間(1,2ヶ月)で内定まで持っていく事が可能です。

つまり、転職出来ないのでは?というのは少しビビりすぎで、もっと自信を持っていいと思ってください。

あとは転職しない事のリスクも正しく計測するのが大事です。

例えばこのまま転職しないという意思決定をすれば、

・家族関係がジワジワと悪化していく
・出張疲れで健康を害する
・子供との貴重な時間を放棄することになる

といった現実的なリスクが見えてきます。

転職しないリスクが転職するリスクを上回るのであれば、転職を考えるというのがベストアンサーですよね。

しかしとは言っても、転職についてはいざ転職活動をしてみない事には見えて来ない事が多いのも事実です。

例えば「転職したら年収が下がるのでは?」という不安は、実際に転職候補の企業群を調べないと見えて来ないですし、最終的には面接を通して年収交渉を行って始めて分かる事です。

つまり、まずは在職中に転職活動をスタートしてみて、実際に転職したらどうなるのか?というイメージをリアルに持つ事が大事なのです。

家計と仕事のバランスを上手く取れる仕事、そうでない仕事と求人は豊富なので、あなたの希望に合った求人をピンポイントで探したいのであれば、プロのエージェントに相談するなど工夫をしてみましょう!

出張が多いから辞めたいなら転職もあり!プロに相談してみるべし

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代におすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代におすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
ミイダスは嘘ばかりで使えない?評判&口コミを紐解いて見えた真実 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...