転職コラム

ブラック企業勤めで結婚すると100%別れる!幸せな家庭を作りたいなら転職を考えるべき

「今の相方と結婚を考えているけど、ブラック企業に勤めているというキャリアが不安」
「結婚したいけど、ブラック企業に勤めたままではマズイと思っている...」

男性であれ女性であれ、結婚を意識した時に必ず意識することになるのは今後のキャリアについてではないでしょうか?

独身時代はとりあえず自分一人が食っていければいいし、多少生活習慣や生活リズムが乱れていても我慢できますが、結婚して夫婦で共同生活をしようと考えると今の延長線上に浮かび上がる未来に自信を持てない人は多いです。

相方も同じように激務企業やブラック企業で働いていれば共感してもらえる点もありますが、どちらか片方が仕事に追われている人生というのはいずれ夫婦の絆に亀裂を入れる大きな原因を作ります。

そこで今回の記事では、ブラック企業に勤め続けたまま結婚した際に起こりうるリスクと、結婚前の転職についての考察記事を書いていこうと思います。

恋愛とキャリアというのはいつの時代も結びつけられるものなので、この機会にじっくり考えてみましょう!

ブラック企業勤めで結婚するといずれ言われる一言といえば...

ブラック企業に勤めた状態で結婚し、結婚して数ヶ月経ったぐらいで必ず言われる一言といえば「私と仕事どっちが大事なの」というキラーフレーズです。

こんな事を聞かれても答えようがないですし、家庭のために仕事をしているんだ!という正論を言った所でパートナーの怒りをさらにグツグツと煮え立たせるだけです。

しかし相方の気持ちを汲んであげ、仕事をないがしろにして自分のキャリアに傷をつけたり、会社内の人間関係を悪化させれば今度はあなたの立場が危うくなるのは明らかです。

もちろん直接的に不平不満を言わないパートーナーもいるでしょうが、「いつも仕事優先で家庭の事は放ったらかし」「一人ぼっちの時間が多い」という鬱憤はどこかで爆発するものです。

これに加えて激務博給であればもっと自体は残酷で、夫婦の時間もない&お金もないという、顔面ストレートとボディブローを一気に貰うぐらい悲惨な事になるのではないでしょうか?

ぶっちゃけた話、日本のブラック企業というのは家庭が出来れば「辞められないだろう」という心理状態を最大限活用してくる悪徳集団なので、あなたが考えている以上に悲惨な現実が待っているでしょう。

ブラック企業勤めで結婚すると親や近所の人からはよく思われない

ブラック企業に勤めているというのは、決してあなたと夫婦の問題だけには止まりません。

実際にブラック企業に勤めている事をパートナーの親御さんは絶対によく思っていないからです。

「〇〇さんは結婚しても結局仕事ばかり」と必ず影で悪口を言われ、たまに会うと小言を浴びされるというのがお決まりのパターンです。

こちら側の言い分としては「こっちの気も知らないで...」でしょうが、相手はあなたの仕事の事を知らないので、あなたがブラック企業で働く社員というネガティブ要素しか評価しようがありません。

当然それはご近所さんからの評価も同じで、「あそこの家の旦那さん家庭の事いつも放ったらかしで酷いよね」「あそこの奥さん子供の事は全部旦那に任せているわよ」といった悪評が立ちます。

どれだけ一生懸命働いていたとしても、親や世間からの評判なんてこんなものですし、肝心の相方ですらよく思ってくれないのなら、一体何のために働いているのか虚しくなりますよね。

だからこそ、結婚する前のラストチャンスだと思って、きっちりブラック企業から足を洗っておく事が重要なポイントになるのです。

結婚前にブラック企業と決別するのは英断

結婚後の生活、そして大好きな相方のためを思って転職を考えるというのは、物凄くエネルギーの必要な決断です。

世の中には仕事が嫌で逃げ出すように辞める人間や、自分の趣味に時間を使えないからという理由でサクサク仕事を辞める人が多数派であるのに、自分のためではなく他人のために自分の人生を大きく変えようというのは頭が上がらないです。

もしかしたらあなたの頭の中には、「自分が仕事を辞めずに済み、かつパートナーも完全に納得した状態で結婚できないか?」と思う気持ちがあるかもしれません。

しかし、それは"都合が良すぎる考え方"と自分を戒めた方がいいでしょう。

なぜならば結婚生活というのは長期戦だからです。

仮に結婚前に「仕事は今のままでもいいけど...」としぶしぶ了承を貰ったところで、これから先相方の気持ちが変わらない確率なんて相当低いですよ。

確率的には雷に打たれる確率ぐらい低い。

どこかのタイミングで「やっぱり仕事優先で私はその次だったのか」「結婚しても孤独な時間多いなら意味ないじゃん」と気持ちが抑えられなくなり最後は破局...なーんて事になりますよ!

そうならないためにも、結婚前の最後の一仕事と思って転職する勇気を持ってください。これは逃げではなく英断ですよ!

結婚前にブラック企業から抜け出したい人は転職エージェントを上手く活用しよう!

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!