新卒お悩み相談

新卒が会社をバックレる前の全知識!飛んだその後のデメリットも教える

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

新卒カードを切って、無事正社員として就職するも、会社に嫌気がさしてしまい、今すぐにでも辞めたいと考える人は少なくありません。

しかし、会社を辞める時に何よりネックなのが『退職報告』ではないでしょうか?

会社を辞める事は決意できても、いざ上司に報告する姿をイメージすると、どうしても腰が引けてしまう人は多いです。

「課長、ちょっと話があるのですが...」

と時間と場所を見計らい、心臓バクバクで退職報告するのはかなりの負担ですよね。

それに、喧嘩別れのようなカタチで会社を辞めるようになった場合、明日会社に出勤することすら負担に感じる人も多いはずです。

すると、

「もういいや、正社員だけどバックレちゃえば。」

といった風に、バイトを飛ぶ感覚で会社を飛びたくなりますよね。

しかし、バックレる形で会社を辞めると、その後何かと面倒なことが多いのも事実です。

そこで今回の記事では、会社をバックレたいと思った新卒に向けて、バックレる場合の注意点及び上手にバックレる方法を紹介していきます。

※第二新卒で転職する場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

コンサルタントに相談するだけでも、

「あれ、短期離職でもまともな会社に転職出来るじゃん!」

こんな風に、一気に前向きな気持ちになれますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

新卒なら会社をバックレるぐらいのオラつきがあって構わない

「もう会社に行きたくない」
「ムカつく上司の顔すら見たくない」
「ノルマと残業に追われるのは限界」

こんな風に感じてしまえば、会社をバックレたくなる気持ちは分かります。

しかし、頭の中からもう1つの声が聞こえてきますよね。

「正社員なのにバックレるなんてヤバイでしょ」
「流石にバックレるのは迷惑かかりすぎるでしょ」

といった健全なお言葉です。

確かに、一般常識から考えれば、会社をバックレるなんてキチガイのやることです。笑

イチ社会人としての自覚がないと言われても仕方ないですし、クレイジーボーイと言われても反論はできないでしょう。

しかし、それはあくまで健全な会社の場合です。

例えば相手がブラック企業であれば話は別で、それ以前に相当な仕打ちを受けてきた人も多いのではないでしょうか?

・労基も真っ青になるレベルの勤務体系
・上司の圧倒的なパワハラ
・サビ残や休日出勤の数々

このように、あなたが今まで受けてきた仕打ちも十分キチガイですよね。

であれば、目には目を、歯に歯を、キチガイにはキチガイ返しで対応して何が悪いんですか!

一般常識やモラル?

そんなの知った事ではありません、一般常識やモラルのないブラック企業が存在する昨今、労働者だけがお利口さんしていては割に合わないのです!

新卒で会社を辞めるわけですから、多少のオラつくぐらいの方が将来性がありますよ。

前職での悔しさをバネにして、次の職場で働くエネルギーに変えてしまえばいいのです!

関連:新卒でブラック企業に入社して辞めたい!転職のコツ&注意点を教える

新卒が会社をバックレるとその後が割と厄介です

どうしても会社に行きたくない場合は、バックレる事も仕方ない事です。

ただ、新卒で会社をバックレるとなると、何かとめんどくさい事も多いです。

そこで、仮にあなたが会社をばっくれた場合、どのようなデメリットがあるのかはきちんと理解しておきましょう。

①音信不通になると懲戒解雇扱いになる

まず、バックレた場合の取り扱いですが、法律上は『懲戒解雇』となります。

簡単に言えばクビですが、その影響は意外と大きいです。

例えば転職を考える時には、懲戒解雇という経歴は大きな傷になりますよね。

そんな経歴がある人を雇うのにはリスクがありますし、何よりイメージが悪すぎるのです。

もちろん、実際に転職する際は正直にそんな事を話す人は少ないですが、バレた時が厄介なので注意してください。

懲戒解雇の場合は、履歴書に「一身上の都合で退職」という文言を使う事が禁止されており、ウソの記載をすれば経歴詐称で罪に問われる事だってありますからね。

懲戒解雇になる事は何かとデメリットが大きいので、決してオススメできる退職の仕方ではありません。

②健康保険や失業保険の手続きでどのみち会社とのやり取りが生じる

会社をバックレ、懲戒解雇になった場合でも、その後の書類手続きは避けて通れません。

具体的には健康保険証の返却、離職票の申請手続きなどの社会保障系の手続きが残ってしまうからです。

健康保険については、クビになった時点で保険の組合員を脱退する必要がありますので、保険証を返却する義務が生じます。

もちろん内容証明で送りつけるという事も出来ますので、ここは顔を合わせずスルーする事も出来るでしょう。

ただ、失業保険を申請する際に必要な「離職票」だけはめんどくさいです。

まともな会社であれば、懲戒解雇の通知と一緒に離職票を送りつけてきますが、いい加減な会社の場合は平気で忘れていたりします。

すると電話して離職票を請求して...となり、結局会社に連絡を取らなければいけないのです。

ただ、新卒1年未満であれば、失業保険がそもそも貰えないです。

その場合は離職票の請求は不要になりますので、あまり心配する必要はないでしょう。

関連:新卒1年未満の退職は失業保険が出ない?雇用保険の落とし穴!

しかし、年金の切り替え手続きをする場合は離職票、健康保険の資格喪失証明書、退職証明書などの書類が必要になります。

会社を辞めて一旦無職になる場合、どのみち書類が必要になりますので、やはり一度は連絡を取らなくてはならないと思っておくべきですよ!

③損害賠償などはまずされません

会社をバックレるとなると、何か訴訟をされないか?と不安になる人もいますが、まずそれはないでしょう。

そもそも訴訟には費用が発生しますから、会社としてもわざわざ訴訟をするコストをかける価値がないと判断するからです。

そもそも、新卒で会社をバックレるわけですから、ほとんどの人は1年以内の離職です。

そんな人に求める賠償なんてないですから、ないものは請求できないというロジックもあります。

訴訟についてはほぼほぼ心配しなくてはいいと思ってください。

どうしても会社をバックレたい新卒は退職代行に全て丸投げしなさい

以上の事を踏まえてですが、極力バックレる事は辞めておいたほうがいいと思います。

精神論や綺麗事ではなく、実需の面でデメリットがメリットを上回りますからね。

バックレるメリット
→顔を合わせず辞める事が出来る

バックレるデメリット
→懲戒解雇という傷がつく、書類のやり取りが煩雑になる

しかし、会社をバックレたいと考えている人にとっては、何としても今の会社と顔を合わせずにバイバイしたいのが本音だと思います。

そこでオススメしたいのが、退職代行というサービスを使って、正規の方法で会社を退職する方法です。

退職代行とは、あなたに変わって辞める際のあらゆる手続きを代わりに行ってくれるサービスです。

・自分で退職する事を伝えるのが辛い
・明日から会社に行かずして退職手続きを済ませたい
・親にバレないような退職手続きをとって欲しい
・今すぐ苦痛から解放されたい

といったあなたの悩みを全て解決してくれます。

退職後に必要な書類を貰ってくれるのは勿論、懲戒解雇ではなく、自己都合で退職することになりますので、経歴に傷をつけることもありませんよ!

オススメの退職代行サービスですが『EXIT』です。

・退職代行「EXIT」の公式サイト

退職代行EXITは正社員の退職代行にも対応しており、退職に関わる全ての手続きをお任せできます。

代行費用はコミコミで5万円ですが、

・自分でこれ以上あれこれ悩む必要はない
・ストレスからは完全に解放される
・去りゆく組織の事で時間を使う必要はない

という事を考えれば、決してコスパの悪くないサービスです。

退職代行EXITはLINEで無料相談も出来ますので、まずはLINEで連絡をとってみて、具体的なプランを教えてもらってください。

会社をバックレるリスクを抱えるぐらいなら、代行サービスに全て丸投げしたほうが絶対にお得ですよ!

・退職代行EXITに無料相談してみる(公式ページ)

新卒なら会社をバックレてもいいが転職準備はしておこう

退職手続きは代行サービスに丸投げするとしても、辞めた後の事はなるべく早く考えておきましょう。

次を決めずに退職...というのはぶっちゃけオススメ出来ませんが、こうなってしまった以上、今できる最善の策を講じるべきです。

関連:次を決めずに退職するのはガチでNG!無職期間の地獄をお伝えします

具体的な対策ですが、退職と並行して転職活動を一刻も早く始める事です。

新卒であれば第二新卒で転職する事も出来ますし、辞めてから内定まで2ヶ月以内に決める事は出来ます。

関連:第二新卒の転職活動を成功させるコツ!失敗しないための心構え&転職ノウハウまとめ

辞めた後に空白期間が半年以上空いてしまうと圧倒的に不利になりますので、出来るだけブランクを空けないように心がけてください。

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...

転職するか迷いがある人は20代における転職の考え方を知っておきましょう。

新卒の就職なんて、高校生の恋愛と一緒、すぐ別れるのが自然ですよ。(笑)

あわせて読みたい
転職するか迷う20代必読!就職なんて高校生の恋愛と同じ次元ですよ。 高校や大学を卒業して、 「いよいよ俺も社会に出てバリバリ活躍だ!」 「これからは自立して一人前の社会人!」 と意気揚々と社...

どうしても営業が嫌だと考える文系は、営業がいらない業界や職種に転職するのもありです。

文中でも紹介したIT業界を狙うか、あるいは管理部門の求人に絞って転職先を検討するのがおすすめですよ!

あわせて読みたい
【11社比較】IT&Web業界でおすすめ転職エージェントランキング!未経験でもOK このように悩んではいませんか? 今や転職エージェントは100社以上もあるので、自分にとってピッタリのエージェントを探すのも一苦労で...
あわせて読みたい
【総務・人事・経理】管理部門別おすすめ転職エージェント8選【比較済み】 総務・人事・経理などのいわゆる管理部門(バックオフィス)の職種に絞って転職を考える時、どんな転職エージェントを選んでいいか悩...