転職エージェント

【自動車整備士向き】おすすめ転職エージェント6選!未経験からの転職や面接突破のコツも紹介

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

自動車整備士業界で転職を考えた時、どの転職エージェントを使って就活すべきか悩みますよね...

しかし転職エージェントは数が多く、どのエージェントが自動車整備士業界向きなのか判断するのが難しいと思います。

そこで本記事では、自動車整備士業界の転職で絶対に外せないおすすめ転職エージェント6社を紹介していきます。

各社の特徴を目的&ケース別に紹介して行くので、あなたにとってピッタリのエージェントが必ず見つかりますよ!

<この記事の結論>

自動車業界で転職を考えるのであれば、以下の3つの転職エージェントを選んでおけば間違いありません。

転職エージェントはいつでも登録出来ますが、心に余裕が無くなると、エージェントに登録する気も奪われます。

求人チェックをしておくだけでも、「転職しようと思えばいつでも転職できるんだ!」と、毎日に希望が持てますよ!

おすすめ①:リクルートエージェント【自動車業界の求人数No.1】
→人材業界最大手&自動車業界の求人取扱い数No.1
→複数求人を徹底比較出来るため、キャリアの選択肢がグッと広がる

おすすめ②:マイナビエージェント【20代で転職を考える人向き】
第二新卒&20代で自動車業界の転職を考える人向き
未経験から自動車業界にトライしたい人は必須


おすすめ③:整備士JOBS【整備士転職特化型】
→自動車整備士の転職支援に完全特化
→ある程度経験値のある整備士向き

自動車整備士の転職でおすすめ出来る転職エージェント3選【総合型エージェント】

まず最初に、「総合型転職エージェント」の中から、整備士転職で特に使えるエージェントを紹介していきます。

整備士特化型については後述しますが、正直なところ総合型だけで十分です。

整備士転職にも強い転職エージェントとしては、以下の3社が鉄板です。

おすすめ1:リクルートエージェント【整備士求人数No.1】

まず1つ目におすすめなエージェントは、「リクルートエージェント」です。

全ての転職エージェントの中でNo.1の人材会社であり、とにかく求人数が豊富なのが他社には真似できない強みです。

「持ち弾が多い=提案できる事が多い」

ということですから、あなたの抱えるどんな悩み&どんな希望条件にも寄り添うことが出来ます。

・全くの未経験だけど、絶対に整備士に転職したいです!

・年齢を重ねてしまったけど、転職では絶対に妥協したくない

・思い切って整備士からキャリアチェンジしたい!おすすめ業界はどこか知りたい。

このようにどんな角度から希望条件を押し付けても、リクルートなら答える事が出来るのです。

転職活動において豊富な選択肢を用意しておくことは、ミスマッチの確率だってガクンと下がります。

リクルートエージェントを使うことで、転職成功率がグッと上がりますよ!

リクルートエージェント公式

おすすめ2:マイナビエージェント【隠れホワイト転職に強み】

続いて2つ目におすすめのエージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビはリクルートと並ぶビッグエージェントですが、リクルートではあまり扱っていない中小のホワイト求人がゴロゴロ眠っているのが強みです。

自動車業界では意外と大手ほどブラックで、中小になると仕事量が少ない割にそこそこ稼げるという現象が起きています。

そのため、

「ワークライフバランス重視!まったり働ける隠れホワイト求む!」

「大手は激務だからコスパが悪い。中小でそこそこな企業狙いです。」

といった、人生逃げ切りタイプ思考にはオススメです。

マイナビは特に若手の転職にも強いですから、第1社目でミスマッチを起こし、働き方に関する価値観が変わってきている人だと重宝するでしょう。

「30代になって後悔しないキャリアを歩みたい!」という人は、マイナビエージェントを使ってみましょう!

マイナビエージェント公式

おすすめ3:DODA(デューダ)【自動車整備士の年収アップには最適】

3つ目におすすめのエージェントは、「DODA(デューダ)」です。

DODAもまた業界大手のエージェントであり、全業界の求人を幅広く扱い、自動車業界の転職でも強みを持つエージェントです。

そんなDODAですが、おすすめしたいのは"キャリアアップ狙い"の方です。

DODAは他のエージェントに比べて、高年収&高待遇の求人が多いからです。

・整備士転職で絶対に年収500万円以上の求人を紹介してほしい

・今よりもっと大きな会社で働いて、キャリアを磨きたい!

・異業種転職でもっと年収をブチ上げたい!

このような上昇志向型の人材であれば、DODAの雰囲気及び求人がピタッとマッチするでしょう。

転職を通してワンランク上のステージに上がりたい人は、DODAを使うことをオススメします!

DODA公式サイト

自動車整備士の転職でおすすめ出来る転職エージェント3選【特化型エージェント】

続いて、自動車整備士の転職に専門性のある「整備士特化型エージェント」から紹介します。

総合型エージェントに比べれば、会社規模や知名度、取り扱い求人数はかなり限られます。

しかし、整備士に関連する求人に特化していることから、業界知識などの専門性に強みがあるのが最大の特徴です。

おすすめしたい整備士特化型エージェントですが、下記の3社です。

おすすめ1:整備士JOBS(ジョブス)【自動車整備士完全特化】

まず1つ目におすすめのエージェントが、「整備士JOBS(ジョブス)」です。

整備士JOBSですが、自動車整備士のキャリア支援に特化したエージェントの中ではNo.1の人材会社です。

それゆえ、自動車整備士のキャリアのことなら何でも対応出来るのが強みです。

・整備士としてもっと条件のいい会社で働きたい

・キャリアが弱い私だけど、それでもサポートして欲しい

・カーディーラーなどの異業種転職も視野に入れている

このような方であればピッタリです。

整備士転職だけを取り扱っているため、求人数が少ない&対象地域が限られる(関東や東海が中心)のが弱みですが、整備士のキャリアにはとことん詳しいエージェントです。

業界の最新情報が知りたい方の情報収集には最適ですよ!

整備士JOBS公式サイト

おすすめ2:カーワークアシスト【自動車業界を手広く扱う】

続いて2つ目におすすめのエージェントは、「カーワークアシスト」です。

カーワークアシストは、自動車整備士に関する求人に加えて、カーディーラーやガソリンスタンドの求人も豊富なエージェントです。

そのため、自動車業界全般で幅広くキャリアを考えている人向きのエージェントです。

カーワークアシスト最大の強みですが、自社でしか扱えない「独自求人」が優秀ということです。

業界と太いパイプがあるおかげで、シークレットな求人を企業から逐一預かっています。

「他のエージェントでは手に入らない求人に興味がある!」という人は、カーワークアシストに相談してみましょう。

カーワークアシスト公式

おすすめ3:クラッチ求人【スカウト機能に強みあり】

3つ目におすすめしたい転職サービスは、「クラッチ求人」です。

最初に1点だけ注意点ですが、クラッチ求人は転職エージェントではなく転職サイトだということです。

そのため、専属のコンサルタントについてもらい、手取り足取りサポートしてもらいたい人には不向きです。

その一方で、

「まずは求人チェックだけ出来ればいい」

「自分のペースで転職活動をしたい」

という人には向いています。

スカウト機能を使えば企業からのオファーを受けることも出来ますから、待ちの転職活動も実現できるのがメリットですよ!

クラッチ求人公式ページ

【自動車整備士転職】おすすめ転職エージェントの選び方のコツ

さて、ここまで整備士特化型エージェントと総合型エージェントの2種類を紹介してきました。

ただ、

「特化型と総合型の結局どっちがいいの?」

「何社ぐらい登録しておけば安心なの?」

と疑問点も多いのではないかと思います。

そこで整備士転職を考える方にオススメしたいのは、とりあえず上記で紹介した6社の中から、3つに絞って利用してみるという方法です。

転職エージェントは全て無料で利用出来るので複数利用した方がお得ですが、使いこなせる数で言えば3社ぐらいが妥当です。

転職成功者も平均して3社利用していたというデータもありますので、欲張らずに3社で十分です。

では、どの3社をチョイスすればいいか?

結論から言えば、以下の3社に絞って登録しておきましょう。

総合型エージェントの中からは大手2社をチョイス、そして業界の専門性を補う形で特化型エージェントを1つ仕込んでおくのが王道の攻め方になります。

求人数だけでみればリクルートエージェント&マイナビエージェントの2社だけでも十分ですので、余裕のない人は2社でもOKです。

とにかく重要なことは、自分に合ったエージェントに出会うためにも、間口を広くとっておくという発想ですよ!




自動車整備士で同業種転職をするなら年収アップはマスト!

ここからは、整備士転職に関するノウハウについても紹介していきます。

まず1つ目に、「整備士の仕事は続けていきたいけど、会社を変えたい!」という同業種転職についてです。

この場合のポイントですが、とにかく年収面では妥協しないことです。

と言うのも、自動車整備士は人手不足ですから、完全に労働者の売り手市場になっています。

そのため、中途採用を成功させたい企業側としても、提示する年収を多少高めに設定する傾向があるのです。

つまり、明らかな年収ダウンに繋がるような求人であれば、まず間違えなく安値で買い叩かれることになります。

その手の企業はブラックである確率も高いので、絶対に回避してくださいね!




異業種転職のコツ!自動車整備士からのおすすめ転職先

続いて、自動車整備士というキャリアを捨てて、異業種に転職したい場合のキャリアプランについてのアドバイスです。

結論から言えば、狙い目は自動車部品関連の法人営業です。

営業と聞くとノルマ地獄や自爆営業を想像しがちですが、法人営業であればその心配はないです。

基本的に決められた取引先を回るだけですし、会社向きの商品なら自分で買い取りさせられることもないです。

いわゆるルート営業系は中小に多いですが、まったり働けて給料もそこそこという穴場なのです。

エージェントの非公開求人などに多いので、積極的に受けることをおすすめします!




未経験から整備士転職を目指す場合のキャリアパスの描き方

では最後に、全くの未経験から整備士を志す場合の転職のコツをお話します。

結論から言えば、もう一回転職する前提で最初のキャリアを選ぶのがポイントです。

と言うのも、資格を保有しているかどうかで、整備士の求人の質は全然違います。

当然ですが経験者の方がより良い条件で働けます。

ただし、整備士の場合は1年の実務職歴を稼いだり、在職中に資格取得するなどしてキャリアを磨けば、次の転職では大幅にキャリアアップ出来るという特色があります。

そのため、最初の転職だけで全てを決め切ろうとせず、二手先のシナリオを考えておくズル賢さが鍵です。




まとめ:今回比較した自動車整備士向きおすすめ転職エージェント一覧

では最後に、本記事で紹介した自動車整備士向け転職エージェントおすすすめ6社をもう一度記載しておきます。

▼総合型転職エージェント3社▼

リクルートエージェント ・業界最大手&全業界取扱求人数No.1
未経験からの整備士転職にも強みあり
・他業界とも比較しつつ中立的な立場で求人紹介
マイナビエージェント ・第二新卒や20代の若手支援に強み
・中小企業のまったりホワイト求人が多い
コンサルタントの対応が最も丁寧と定評
DODA(デューダ) 整備士の転職で年収500万円以上狙いの人向き
・同業種,異業種転職問わずキャリアアップに強い
「非公開求人」では上記2社よりレベルが高い

▼自動車整備士特化型転職エージェント3社▼

整備士JOBS ・整備士特化型エージェントでは圧倒的No.1
・自動車整備士からのキャリアチェンジにも強い
キャリアの弱い人でもキッチリ対応してくれる
カーワークアシスト ・整備士,ガソスタ,ディーラーなど自動車業界全般
・カーワークアシストの「独自求人」に強み
・対象求人は関東と東海で全体の60%の構成比
クラッチ求人 ・自動車業界特化の転職サイト
エージェントサービスは受けられないので注意
スカウト機能を駆使した受け身の転職向き

なお、繰り返しになりますが、転職エージェントは複数登録をして比較してみる事が重要です。

それぞれの会社ごとに強みや弱みが違いますし、担当者との相性の問題だってあります。

どれも無料で登録出来ますから、まずは色々使ってみて、最終的には自分にピッタリ合うエージェント1社に絞り込んで行きましょう!

最初にどこに登録すべきか迷った場合は、本記事中盤でも紹介した通り、リクルートエージェント、マイナビエージェント、整備士JOBSの3つでOKです。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

リクルートエージェント、マイナビエージェント、整備士JOBSは下記の公式サイトより登録出来ます。

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!自動車業界でおすすめの転職エージェント9選▼

あわせて読みたい
【9社比較】自動車業界おすすめ転職エージェントランキング!使える志望動機も合わせて紹介 自動車業界で転職を考えた時、どの転職エージェントを使って就活すべきか悩みますよね... しかし転職エージェントは数が多く、どのエー...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
リクナビネクストの悪い評判口コミ!ブラックばかりの転職サイトって本当? 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
ミイダスは嘘ばかりで使えない?評判&口コミを紐解いて見えた真実 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...