転職エージェント

【注意】転職エージェントを相談だけ目的で使うメリット&デメリット

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

転職エージェントは、転職活動を無料でサポートしてくれるサービスです。

しかし求職者のほとんどは、現時点で転職を決意している人ばかりではないでしょう。

では、「とりあえず相談だけ...」という温度感で転職エージェントを利用してもいいものか?

結論から言えば問題なし。

いえ、それどころか求職者の99%は相談目的、最終的に転職を決めるのは約50%程度と言われています。

ただ、とりあえず相談だけという利用で、本当にメリットがあるのでしょうか?

そこで今回は、「転職エージェントを相談だけ目的で使うメリット&注意点」をお伝えしていきます。

転職するかはまだ未定!とりあえず相談だけでも...

という方は、利用者数No.1のリクルートエージェントがおすすめです。

無理に転職勧めててこない事はもちろん、あなたの隠れた市場価値を教えてくれます。

軽く相談するだけでも、転職のイメージが一気に湧いてきますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

転職エージェントを「とりあえず相談だけ」で使うメリット2点

では早速、転職エージェントを「とりあえず相談だけ」目的で使うメリットを紹介します。

メリットは大きく分けて以下の2点。

①自分では気付かなかった「市場価値」を教えてくれる

②辞められないという思い込みの檻から解放される

それぞれ詳しく説明します。

①自分では気付かなかった「市場価値」を教えてくれる

転職エージェントの役割は、何も求人を紹介してくれる事だけではありません。

あなたが自分では気付けなかった、真の市場価値を教えてくれる事です。

・仮に今転職したらどれくらいの年収を提示してもらえる?

・未経験業界で内定をもらえる確率は?

・今の会社で耐えて職歴を稼ぐべき?それはあと何年?

上記はほんの一例ですが、転職エージェントを使う事で、転職すべきか・そうでないかがハッキリ分かります。

例えば今の会社に買い叩かれているようなケース。

「転職市場では年収600万が提示されるのに、現在もらっている年収は400万」

このような場合であれば、直ちに転職活動に踏み切った方がいいと分かります。

もちろんその逆もしかり。

下手に転職するとキャリアダウンになるのなら、転職は踏みとどまった方がいいと分かります。

いいですか、転職活動で最初にすべきことは、自己評価と市場評価の差を知ることです。

しかし、自分目線でこの差を把握する事は絶対に無理。

そこで転職エージェントに客観的な判断をしてもらうことで、現実ときっちり向き合うことが重要です。

第三者の客観的な分析を聞く事で、自分でも気付かなかったキャリアの可能性が見えてきますよ!

②辞められないという思い込みの檻から解放される

転職エージェントにとりあえず相談してみるメリットは、それだけでも強烈な精神安定剤になる事です。

人は皆、辞められないという檻の中に閉じこもれば、目の前の理不尽な事を正当化する生き物です。

「顧客が損する商品を販売してもOK。会社のためならそれは1つの正義」

「残業代が出ないのは当たり前。仕事があるだけいいと思わなくちゃ!」

「会社のためならプライベートはいらない。そう思えて一人前。」

こんな風に明らかにおかしな事でも、それ以外選択肢がなければ、人間の思考はぶっ壊れます。

しかし、エージェントに登録して求人を見せてもらうことで、

「あっ、辞めようと思えばいつでも会社なんて辞められるわ」

「あれ、転職さえすればワンチャン年収上がるんじゃない?」

「老害上司がうざい事言ってきたらワンパン入れて辞めたろかな。」

といった風に、根拠のない自信まで溢れてくるから不思議なものです。

少なくとも、こんな状態↑は絶対に回避出来ますよ!

転職エージェントとの面談内容を知っておこう

転職エージェントに相談する前に、実際にどのような面談になるのか、簡単に紹介します。

ここで紹介するのは、業界最大手リクルートエージェントのケースですが、どのエージェントもこんな感じです。

転職面談で実際にエージェントと話す内容

転職エージェントの面談のフローですが、超簡単に説明すれば、以下のようなヒアリングをされます。

転職エージェント初回面談の構成

1.お互いの自己紹介

2.現在の職務内容や役職などのヒアリング

3.転職したい理由や将来のキャリアビジョンの聞き取り

4.転職時期や転職先の条件の聞き取り

5.具体的な求人の紹介

ざっくりですが、おおよそこのような流れで行われることがほとんどです。

面談に必要な時間は1〜2時間程度、電話面談を希望すれば、電話でも対応してくれます。

また、休日でも対応してくれますから、平日以外で相談に行くことも出来ます。

キャリアカウンセリングのようなことをしてくれるのか?

では、上記のような流れの中で、どのようなキャリアカウンセリングを受けることが出来るのか?

まず最初は、現職についてヒアリングを受けます。

そのため、今ある悩みを全部正直にぶちまけてください。

キャリアカウンセリングというのは、あくまで自分ベースで相談しないと進みません。

そこで、事前に悩みを整理しておくことがポイントです。

・転職時期として今はベストなタイミングなのか?

・自分のキャリアだと、どういった会社に転職出来そうなのか?

・今の会社を辞めるという判断についてどう思うか?

あなたが思い悩んでいることの全てを、思い切って転職エージェントにぶつけてしまって構いません。

エージェントも転職のプロ、毎日何人も面談を重ねていますから、概ねあなたの納得するアンサーを出してくれます。

「正直今の会社だと買い叩かれているよ。」

「転職出来そうな会社を見ると、今より年収が50万ぐらいは上がりそうですね。」

「まだ転職時期じゃないかも。あと1年働けば、選択肢がグッと広がりますよ。」

こんな感じで、エージェントが寄り添って答えてくれますから、心のモヤモヤがスッと取れますよ!

転職エージェントをとりあえず相談だけ目的で使う時の注意点3つ

せっかく転職エージェントを使うなら、強みを最大限に活かした方がお得です。

そこで、転職エージェントに相談に行く前に、利用上の注意点を解説しておきます。

注意して欲しいのは以下の3点です。

①転職するか迷っている...とは口が避けても言うべからず

②他社のエージェントに相談していると吹っかけよう

③非公開求人を積極的に見せてもらおう

それぞれ簡単に説明します。

①転職するか迷っている...とは口が避けても言うべからず

「転職しようかどうかまだ迷っている段階です...」

この一言を言うか、言わないかは迷う人も多いでしょう。

しかし断言しますが、口が裂けても言わないでください!

と言うのも、やはり転職エージェントだって人間です。

本気度が感じられる人間とそうでない人間を見比べれば、やはりサービスに差が出るのは当然ですよね。

それに、その一言を言われた瞬間に、一気にテンションが下がるのは目に見えています。

なので、ここは女性が男を手のひらで転がすようなイメージで、適度に相手に期待を持たせておくぐらいで丁度いいです。

良心が痛むんです...なんて温いことを言っていてはダメですよ!

転職エージェントはそれも含めて仕事ですし、何よりあなたの人生がかかっているはずです。

使えそうなものを、効率よく使うために小芝居して、一体何が悪いんですか!

このぐらいのマインドで全然OKです。笑

②他社のエージェントに相談していると吹っかけよう

続いて2つ目の注意点ですが、他社のエージェントも利用していると、嘘でもいいので伝えましょう。

と言うのも、転職エージェントが一番恐れているのは、競合他社に顧客を奪われることです。

しかし逆に言えば、他社に取られるかも...という危機感があれば、自然とサービス内容が上がります。

いやだから心が痛むんですが...という反論は受け付けませんよ!笑

③非公開求人を積極的に見せてもらおう

転職エージェントと面談することのメリットは、転職サイトなどで公開されてはいない「非公開求人」を見せてもらえることです。

これを見ることで、実際に自分に用意されている選択肢が、一気にリアリティを持って感じられるようになります。

「えっ、こんな優良企業が中途で採用募集してるの!」

「自分のキャリアでも、〇〇社ぐらいの会社ならトライできそうだな!」

こんな風に、転職するというオプションが、より具体的になるのです。

実際にエージェントに相談する際は、自分の希望する条件などを伝えた上で、それに沿った求人を見せてもらうことになります。

ですので、事前に条件などを整理しておき、とことん情報を抜き出して行くのがコツですよ!

相談だけでも丁寧に対応してくれるおすすめ転職エージェント

転職しようかどうか悩んだら、とりあえず転職エージェントに登録して、今の思いを正直にぶつけてみましょう。

転職エージェントは相談だけでも使えますし、人に悩みを打ち明けれれば、気持ち的にも一気に楽になります。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!20代におすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【人気14社比較】20代におすすめ転職エージェントランキング!ケース&目的別に紹介 20代で転職を考えた時、転職エージェント選びでは下記のような思いをお持ちではありませんか? 「未経験転職を考えている。異業種転職...

▼あなた向き関連記事!30代におすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...