転職エージェント

転職エージェント経由と直接応募はどっちが有利?不利にならない転職術を教える

 

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

これから転職しようかどうかと考える時、どういった手段で転職するかは悩みどころではないでしょうか?

一般的に転職する方法は以下の2つです。

1.直接応募する

2.転職エージェント経由で応募する

ただ、この2つの手段のうち、どちらを用いた方が有利なのか、疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、直接応募と転職エージェント経由の応募を比較しつつ、あなたにとってベストな転職方法はどちらなのかをお伝えします。

本記事の結論

・なお、本記事のネタバレですが、ほとんどのケースでは転職エージェント経由で転職する方が無難です。

・業界大手の転職エージェント「DODA」を使えば、転職成功率がグッと上がります!

転職エージェント経由と直接応募なら年収面ではどっちが有利?

直接応募すべきか、転職エージェント経由で申し込みすべきか、この疑問を解決するために、まずは年収における差を比較してみましょう。

結論から言えば、同じ会社に入社出来ると仮定する場合は、直接応募した方があなたにとってメリットがあるケースがほとんどです。

というのも、転職エージェントのビジネスモデルは、求職者が転職した場合、年収の一定割合を紹介料として企業から受け取るという仕組みになっているからです。

例:年収700万の企業にエージェント経由で転職した場合

700万×30%=210万がエージェントの報酬

(※おおよそフィーは30%ぐらいに設定されています。)

ここから考えられることは、仮に転職エージェント経由で入社せず、直接応募で入社していたとしたら、あなたの年収はもう少し高く設定されていた可能性が高いということです。

なぜなら、企業としてはあなたに支払う700万円に加え、エージェントに支払う210万円のコストを飲んだとしても、あなたを採用したいと考えているからです。

つまり、MAX910万円の価値があなたにはあったにも関わらず、エージェントを経由することで、年収がピンハネされてしまった感は否めないですよね。

よって、転職エージェントを経由させると、本来の市場価値よりも、低い値段で年収が決まるということなのです。

・初年度の年収額の大小を比較すれば、直接応募した方が有利

転職エージェント経由と直接応募なら選考面ではどちらが有利?

では、直接応募するケースと、転職エージェントを経由させることで、書類選考含む選考過程において有利・不利はあるのでしょうか?

これまた結論からお話すれば、選考を有利に進めたいのであれば、転職エージェントを経由させた方が、100%有利になります。

というのも、転職エージェント経由で応募してきているという段階で、企業からは一定の信頼をされることになります。

なぜなら、エージェントは求職者のキャリアや人柄を見て紹介する求人を決めているので、基本的にミスマッチな人材を紹介してくることはありません。

エージェントが「自信を持って紹介出来ると判断した人物」というお墨付きがありますから、書類選考などの通過率はグッと上がります。

しかし、直接応募でトライしてくる人材は、「どこの馬の骨かよく分からない」というのが企業の本音です。

そのため、よほど輝かしい経歴があったり、ピタッとマッチする人材でないと、面接すら受けれずに撃沈するケースもしばしばです。

こう考えると、直接応募だと書類で弾かれてしまうケースでも、エージェント経由ならとりあえずは書類通過はしやすいので、エージェント経由の方が有利であると言えます。

その分年収面で不利になるのですが、面接すら受けれないリスクを考えると、その保険料と思うのが健全な思考と言えるかもしれないですね。

・書類選考の通過率などを考えれば、転職エージェント経由の方が成功率が格段に高まる。

直接応募した方がメリットがある人

では、以上の事を踏まえて、あなたが直接応募すべきか、転職エージェント経由で応募すべきかを判断していきましょう。

まずは、直接応募した方がお得だという人のパターンを紹介すると、以下の2パターンです。

直接応募することにメリットがある人

・ヘッドハンティングを受けたり、会社の重役とのコネクションがある人

・経歴やキャリアが弱い人

それぞれ解説していきます。

ヘッドハンティングを受けたり、会社の重役とのコネクションがある人

まず1パターン目ですが、自分で各企業とコネクションが取れるような人です。

特に、業界内で力を持っており、ヘッドハンティングを受けたり、会社の重役と繋がりがあるなどするケースです。

この場合は、直接応募しても書類で落ちるという事はないですし、そもそも採用ベースで話が進んでいる事も多いです。

エージェントを経由しない分、初年度の年収も高めに設定してもらえる可能性も高く、かなりメリットがあります。

ある程度のキャリアを持っており、人脈が広い人は、少し手間かもしれませんが、直接企業にアタックしてみるのはアリですよ!

経歴やキャリアが弱い人

次に2パターン目ですが、経歴やキャリアに自信がない場合は、直接応募の方がいいケースがあります。

というのも、無職期間や空白期間が長かったり、あまりに短期間の離職歴があると、転職エージェントを利用出来ないケースがあるからです。

このような場合は、そもそも直接応募しかありませんから、消去法で直接応募という事になります。

ただ、かなりハードルが高くなってしまいますので、複数の転職エージェントに登録して、サポートしてもらえそうな所を探すのが無難です。

20代で職歴が弱いだけであれば、大手のエージェントに断られても、「DYM就職」などの転職エージェントを利用すれば、きちんと対応してもらえます。

ですので、DYM就職に断られてしまった場合の、最終手段として直接応募を考えるといいでしょう。

・DYM就職【公式サイト】

※DYM就職の詳細については、下記の記事でも解説しています。

あわせて読みたい
DYM就職の特徴!強み弱み、メリット・デメリットなど全知識リクルートエージェントやDODAなどの総合型エージェントに対して、特定の属性に特化しているのが「特化型エージェント」と呼ばれるものです。...

転職エージェント経由で応募した方がメリットがある人

次に、直接応募を避け、転職エージェント経由させた方が、結局は有利だと考えられるパターンを紹介します。

そのパターンは下記の2つです。

転職エージェント経由の方が有利なケース

・企業とのパイプを持ち合わせていない人

・年収交渉を自分で行うのが難しい人

それぞれ解説していきます。

企業とのパイプを持ち合わせていない人

まず1つ目のケースですが、自分の人脈の範囲の中では、転職先の企業を見つけるのに限界があるという人です。

この場合は、仲介である転職エージェントのサポートは必須です。

初年度の年収で不利になる事を差し引いても、そもそも転職先を見つけられないと意味がないので、そこは受け入れるのが賢い選択と言えますよね。

それに、直接応募をするよりも、エージェントに登録した方がメリットがある事もあります。

なぜなら、転職エージェントは「非公開求人」を複数保有しているからです。

と言うのも、各企業は公式ページで採用情報を公開している事が多いですが、中途採用の募集をしていないと記載されているケースもしばしばあります。

しかし、あれは公式ページ上では応募をしていないだけで、転職エージェント経由の非公開求人は出していると言うケースはザラにあります。

一般公募をしてしまうと、あまりに応募が殺到してしまい、コストがかさみますよね。

しかし、求める人物像をエージェントに伝えておき、そこにマッチする人だけ流してもらうようにすることで、企業側の採用コストが一気にカット出来るのです。

この非公開求人を紹介してもらえる可能性がある以上、転職エージェントを経由する旨味は大いにあります。

直接応募は無理そうだな...と諦める前に、エージェントに確認して、非公開求人がないかどうかをチェックしておくのは大事な戦略です。

年収交渉を自分で行うのが難しい人

転職エージェントを利用した方がいいケースとしては、年収交渉を行うことに自信がないという人です。

と言いますのも、仮に直接応募で面接を受けた場合、採用時の年収においては、企業と話し合って決めることになります。

しかし、採用される側としては、中々強気にグイグイ行くのは気が引けますよね。

すると、意外と安値で買い叩かれてしまうケースが多く、直接応募しているのに年収をピンハネされるパターンも少なくないです。

しかし、転職エージェントを利用すれば、年収交渉はエージェントが全て代行してくれます。

エージェントとしても、あなたの年収が高い方が売り上げupに繋がりますから、かなり本気で交渉してくれるのです。

すると、下手に直接交渉して買い叩かれるよりも、エージェント経由で転職した方が、結果的に高い年収で転職出来ることも多々あります。

これが転職エージェントを利用するメリットでもあるんですよね。

ちなみに、エージェントを上手に活用して、年収を限界まで引き上げるコツについては、下記の記事を参考にしてみてください。

関連:27歳商社勤務の私が転職で年収を1.3倍上げた方法!誰でも収入up出来る再現性アリの裏技を暴露

結論:ほとんどの人は転職エージェント経由で転職するのが無難

さて、以上直接応募とエージェント経由の応募を比較してきましたが、結論を言うと、ほとんどの人は転職エージェントを利用するのが無難だと言えるでしょう。

と言うのも、企業と独自のコネクションがあるスーパーマン以外は、勝算が低いと言えるからです。

それに、エージェントを経由させなければ、書類作成や日程調整などを、全て自分1人でこなす必要が出てきます。

職務経歴書は素人が1人で仕上げるのはかなり骨が折れますし、ポイントを履き違えていれば、一瞬でお祈りされるようなものです。

エージェントを経由させれば、無料で添削やアドバイスをしてもらえますから、書類で致命的なミスを犯すことはありませんよ!

それに、エージェント経由で応募すれば、エージェントが推薦状を書いてくれる事もありますから、それだけでも書類通過率がグッと上がります。

無難に転職を成功させたいと考えるのであれば、転職エージェント経由一択ですよ!

転職を考えている人はプロに相談して見るところがスタートライン

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!