転職エージェント

【10社比較】マスコミ&広告業界おすすめ転職エージェントランキング!広告代理店勤務の方も必見

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

マスコミ&広告業界で転職を考えた時、どの転職エージェントを使って就活すべきか悩みますよね...

しかし転職エージェントは数が多く、どのエージェントがスポーツ業界向きなのか判断するのが難しいと思います。

そこで本記事では、マスコミ&広告業界の転職で絶対に外せないおすすめ転職エージェント10社を紹介していきます。

各社の特徴を目的&ケース別に紹介して行くので、あなたにとってピッタリのエージェントが必ず見つかりますよ!

<この記事の結論>

マスコミ&広告業界で転職を考えるのであれば、以下の3つの転職エージェントを選んでおけば間違いありません。

転職エージェントはいつでも登録出来ますが、心に余裕が無くなると登録する気すら奪われます。

求人チェックをしておくだけでも、「転職しようと思えばいつでも転職できるんだ!」と、毎日に希望が持てますよ!

おすすめ①:リクルートエージェント【広告業界の求人数No.1】
→人材業界最大手&マスコミ&広告業界の求人取扱い数No.1
→複数求人を徹底比較出来るため、キャリアの選択肢がグッと広がる

おすすめ②:マイナビエージェント【20代で転職を考える人向き】
第二新卒&20代でマスコミ&広告業界の転職を考える人向き
未経験からマスコミ&広告にトライしたい人は必須



おすすめ③:マスメディアン【マスコミ&広告業界特化型】
→マスコミ&広告業界特化型エージェントNo.1
マスコミ&広告業界でガツンと年収を上げたい人におすすめ


【5社比較】マスコミ&広告業界でおすすめ転職エージェントランキング(総合型)

まず最初に、マスコミ&広告業界の転職支援を得意とする、大手総合型転職エージェントから紹介します。

のちに特化型も紹介しますが、正直なところ総合型の方が求人数が多く、エージェントサポートも手厚いです。

そのため、まずは王道の総合型転職エージェントをチェックしておきましょう。

今回紹介するのは、以下の5社です。

おすすめ1:リクルートエージェント【マスコミ&広告業界取り扱い求人数No.1】

1つ目におすすめの転職エージェントは、「リクルートエージェント」です。

業界No.1の転職エージェントとして実力は折り紙つきですが、その強みは圧倒的な求人数にあります。

そのため、全年齢の求職者に対応出来るだけでなく、どんなニーズにも答える事が可能。

「マスコミの仕事は好きだけどブラックは嫌。勤務条件がホワイトな企業を教えて欲しい!」

「広告マンとしてのスキルを磨きたい!裁量権のある会社を希望。」

「女性比率の高い広告系の会社に絞って紹介して〜」

求人数が多さは選択肢の広さそのもの。

リクルートエージェントを活用する事で、転職先の可能性がグッと広がりますよ!

リクルートエージェント公式

おすすめ2:マイナビエージェント【プライベートも確保したい人向き】

続いて2つ目におすすめのエージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントの強みですが、リクルートが取り扱っていない中堅求人をカバー出来ている点です。

広告&マスコミ業界で転職を考えている人の中には、大手を辞めて転職を考える人も多いです。

給料が良くても休みが全くなく、プライベートが一切確保出来ないからです。

そんな方は、中堅規模のマスコミ(広告代理店など)に転職して、給料と休みのバランス調整をしたいはず。

マイナビでは、このようなニーズをキャッチして、中堅規模の求人をピンポイントで紹介してくれます。

マスコミ&広告業界でもワークライフバランス重視!という人は、マイナビエージェントがピッタリです!

マイナビエージェント公式

おすすめ3:ワークポート【IT広告の求人にとことん強い総合型エージェント】

3つ目に考えておきたいエージェントが、「ワークポート」です。

ワークポートは総合型エージェントですが、元々はIT業界に特化していたエージェント会社です。

そのため、IT広告の求人紹介をさせたら右に出るエージェントはいません。

また、Web広告は経験者優遇が少ない職種でもあります。

ゆえに、「未経験から広告業界に転職したい!」という方にはピッタリの仕事です。

ワークポートを使う事で、夢だった広告マンに転身する事が可能になりますよ!

ワークポート公式ページ

おすすめ4:JACリクルートメント【ミドル層の広告マンのキャリアアップに強い】

4つ目におすすめの転職エージェントが、「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントは30代以降のミドル層向きのエージェントで、キャリアアップしたい人との相性が抜群です。

そのため、

「これまでのキャリアを活かして、さらにキャリアアップしたい!」

「将来的には年収2000万円以上狙える会社にチャレンジしたい!」

「伸びている会社の管理職に就任して、違うキャリアを歩んでみたい!」

といったニーズのある方からの支持が強いです。

外資系企業の取り扱いも多いですから、実力次第ではどんどん年収を上げていけるのが魅力です。

JACリクルートメントを使う事で、ワンランク上の人材を目指す事が出来ますよ!

JACリクルートメント公式

おすすめ5:DODA(デューダ)【中小企業から大手企業への転職に強い】

5つ目におすすめのエージェントは、「DODA(デューダ)」です。

DODAの強みですが、JACリクルートメント同様に「キャリアアップ」です。

ただしJACとは異なり、20代後半の若手人材のキャリアアップにめっぽう強いのがDODAの特徴です。

そのため、

・広告業界を3年経験したけど、もっと上を目指して行きたい!

・今の会社は中小企業だから、大手企業に転職したい!

・30歳手前で転職を意識している、オススメのエージェントを知りたい!

といった思考をお持ちの方が使うべきエージェントです。

20代でキャリアに伸び悩みを感じている人であれば、DODAでもっとキャリアを磨ける求人を紹介してもらいましょう!

DODA公式サイト

【5社比較】マスコミ&広告業界におすすめ特化型転職エージェントランキング

続いてですが、広告業界や広告代理店・マスコミの転職支援に特化したエージェントを紹介していきます。

大手エージェントに比べると知名度が下がりますが、特定の領域に詳しいという圧倒的な強みが魅力です。

業界特化型転職エージェントとしてオススメなのが、下記の5つのエージェントです。おすすめ1:マスメディアン【マスコミ&広告業界特化型エージェントNo.1】

まず1つ目におすすめのエージェントですが、「マスメディアン」です。

マスメディアンは、マスコミ&広告業界の求人を取り扱う特化型エージェントの中では業界No.1の人材会社です。

その理由は、業界内の求人であればどんな職種でも紹介する事が出来るからです。

そのため、

・TV局のディレクター職の求人をあるだけ紹介して欲しい!

・某雑誌の編集者の仕事がどうしてもやりたいです!

・広告業界の会社のバックオフィスで働いてみたい!

といった、様々な要望を聞いてもらえます。

マスコミや広告業界で働きたいと思っているけど、まだどんな職種で働きたいか決まっていないという人であれば、マスメディアンに相談するのがセオリーです。

幅広い選択肢の中からあなたにピッタリの職種を考えてくれるので、ミスマッチが起こる確率がグッと下がりますよ!

マスメディアン公式サイト

おすすめ2:シンアド転職【マーケティング職の求人に圧倒的な強み】

続いて2つ目におすすめなのが、「シンアド転職エージェント」です。

シンアド転職は東京原宿にオフィスを構えるエージェント会社です。(※そのため関東圏にお住いの方向けです。)

シンアド転職エージェントの強みですが、25歳〜35歳の若手社員を対象にした、マーケティング職の求人紹介にめっぽう強いという点です。

広告業界全般を扱うマスメディアンよりも守備範囲は狭くなるものの、マーケティング領域においては突き抜けています。

そのため、

「ネット広告のマーケティングの仕事をしてみたい」

「SEOの知識をつけて、Webメディアを発展させる仕事をしたい」

「どんな領域でも必要とされるマーケスキルを伸ばしたい!」

といった目的が明白な方には、ドンピシャでハマるエージェントです。

未経験からマーケ職を目指す方、マーケ領域でキャリアアップしたい人は登録しておきましょう!

シンアド転職エージェント公式

おすすめ3:広告転職.com【広告・宣伝・web分野経験者のキャリアアップ】

続いて3つ目におすすめのエージェントが、「広告転職.com」です。

広告転職.comは完全に経験者のキャリアアップを目的としており、未経験者の利用には向きません。

広告・宣伝・web分野で経験や実績がある方で、現状に満足していない人におすすめ出来るエージェントです。

「業界内で地位を上げたい」
「もっと年収を上げたい」
「今より規模の大きな会社で働きたい」

という人は、広告転職.comをチェックしておきましょう!

「広告転職.com」公式ページ

おすすめ4:シンフォニード【面接同行サービスで求職者を徹底フォロー】

続いて4つ目におすすめのエージェントが、「シンフォニード」です。

シンフォニードは、IT業界全般と広告業界の求人に強いエージェントです。

支援対象は20代・30代の若手社員で、とにかくコンサルタントのサービスが手厚いことが強みです。

社内で特定の領域に特化したチームを作りながら、会社全体であなたのことをサポートしてくれます。

会社によってはコンサルタントが面接に同伴してくれるサポートもあるのが魅力です。

面接当日に人事に一押ししてくれますから、内定率も上がりますよ!

シンフォニード公式サイト

おすすめ5:アールストーン【IT/Web/ゲーム業界に特化したエージェント】

最後におすすめのエージェント会社は、「アールストーン」です。

アールストーンは、IT/Web/ゲーム業界に特化したエージェントです。

そのため、主にIT系の広告会社の求人を探している人にふさわしいと言えます。

東京池袋にしか拠点がない、求人数が少ないという課題がありますが、業界知識が豊富なのが強みです。

アールストーン1社だとやや弱いので、リクルートエージェントマイナビエージェントと併用することがマストだと思ってください!

「アールストーン」公式

広告代理店の方も必見!マスコミ&広告業界で使うべき転職エージェントの選び方のコツ

ここまでは広告業界やマスコミで利用したい転職エージェントを10社紹介してきました。

ただ、10社全て登録しても使いこなせないですよね。。。

そこでおすすめしたいのが、この中から利用するエージェントを3社に絞ってしまう方法です。

転職成功社は平均して3社のエージェントを併用していますし、現実的にも併用出来る数だと言えるでしょう。

では、その3社をどうやって選べばいいのか?

結論から言えば、以下の3社をチョイスすれば問題ありません。

総合型エージェントを2つ、特化型エージェントを1つ登録しておくイメージです。

こうする事で大手エージェントのサポート力、特化型エージェントの専門性のいいとこ取りが出来ますよ!




広告業界・広告代理店・マスコミの転職で後悔しないためのポイント5つ

広告業界やマスコミ業界の転職で悩む人も多いと思います。

そんな方は、下記の5つのポイントを自分なりに整理してみましょう。

転職に対して抱いている不安な気持ちが、スッと吹き飛びますよ!

大手からの転職にビビるのはやめよう!

まず1つ目ですが、大手企業から転職しようと考えている人へのアドバイスです。

結論から言えば、「色々とビビるのはNG」ということです。

どうしても給料ダウンの心配があると思いますが、嫌な上司と人間関係や休日の確保など、自分なりに望むものがあるはずです。

希望条件には必ず優先順位があるはずなので、自分の一番欲しいものを取りに行く転職を意識するのがコツですよ!

待遇面は会社によって天と地の差です

広告業界であれば、長時間労働に悩む人も多いはずです。

業界全体に残業や休日出勤が蔓延していますから、転職しても何も変わらないんじゃ...と思う人も少なくないでしょう。

しかし、待遇面は会社によって天と地の差ですよ。

今はマスコミと言えどコンプライアンスをうるさく言われる時代、電通の自殺問題など以降は働き方を変えている会社も多いです。

そのような時代の流れに合わせている会社に転身すれば、ガラッと環境は変わります。

ワークライフバランスを諦めるのは、本当に馬鹿げていますよ!




手取り18万以下の人は転職すれば年収アップします

広告業界は大手企業こそ年収が高いですが、中堅企業以下になると年収がガクンと下がる構造です。

メディア媒体によっては発行部数が落ちたり、ネットにパイを奪われて売り上げが伸びない企業も多く、今後の年収ダウンも考えられます。

しかし、このような絶望的な状態でも、転職という手段を通して稼ぎをグッと増やすことは可能です。

特に手取り月収で18万以下であれば、まず年収は上げられますよ!

と言うのも、今の時代はどの企業も人手不足に悩んでいます。

そのため、高年収を提示して転職者を募るしかないので、ずっと会社に残っている人よりも、転職組の方が給料が多いことはザラです。

仕事内容は同じでも、会社を変えるだけで人生がガラッと変わりますよ!

未経験からの転職ならWeb業界を狙い撃ちすべし

広告業界を志望する方の中には、未経験からのキャリアチェンジを考える人も多いでしょう。

ただ、経験なしで採用してもらえるか不安ですよね...

そんな方にオススメなのが、Web広告の領域です。

基本的に若さが武器になりますし、経験値をあまり問われないため、未経験からでも潜り込みやすいのです。

その上時代にはマッチしたスキルなので、市場価値の高い仕事と一石二鳥です。

将来的なキャリアアップにもつながる職種なので、未経験者はガンガンチャレンジするといいですよ!

関連:【11社比較】IT&Web業界でおすすめ転職エージェントランキング!未経験でもOK

外資系の広告代理店なども視野に入れておこう

現職を辞めたい理由が「人間関係」という人も多いでしょう。

ただ、会社を変えても人間関係の問題はどこでもあるからな...と気が引けている人も多いのではないでしょうか?

そんな方は、外資系の広告代理店などを選択肢に入れてみましょう。

外資はサバサバした風土ですから、日本企業のような小難しい上限関係などもありません。

日本で働く場合は英語力も大していらないので、案外穴場なんですよ!

関連:【8社比較】外資系&グローバル企業におすすめ転職エージェントランキング

まとめ:今回比較したマスコミ&広告業界向きおすすめ転職エージェント一覧

では最後に、本記事で紹介した広告・マスコミ業界向け転職エージェントおすすすめ10社をもう一度記載しておきます。

▼総合型転職エージェント5社▼

リクルートエージェント ・マスコミ&広告業界の求人取扱い数No.1
未経験から広告業界へ転職したい人のサポートにも強い
・求人数が多いので、求職者のどんなニーズにも対応可能
マイナビエージェント 第二新卒や20代若手の広告業界転職に強み
・新卒で入社した会社がミスマッチと感じている人向き
・書類サポートなど初めての転職に優しい人材会社
ワークポート IT広告の領域に強みのある総合型エージェント
・広告業界が未経験の人でも対応可能
コンサルタントの質が最も高いと定評
JACリクルートメント ミドル層のキャリアアップに強い
・30代以降でマネジメント経験のある広告マンにオススメ
外資系の広告代理店求人も多数保有
DODA(デューダ) ・リクルートエージェントに次ぐ業界No.2の重鎮
中堅企業から大手企業へのキャリアアップに強み
20代後半でキャリアを磨きたい人を徹底サポート


▼広告&マスコミ業界特化型転職エージェント5社▼

マスメディアン ・マスコミ&広告業界特化型エージェントとしては業界No.1
・企業の経営者と直接コネクションを持つ
Web広告の求人が少ないのが弱点
シンアド転職 ・広告業界の中でも特に「マーケティング職」を得意とする
・コンサルタントはマスコミor広告業界出身者
25歳〜35歳の年齢層の転職支援を実施
広告転職.com ・広告業界で年収アップしたい人を応援
・広告・宣伝・web分野の経験者が対象
・未経験から広告業界に転職したい人には向かないので注意
シンフォニード ・IT業界全般や広告業界に特化したエージェント
・20代〜30代の若手社員の支援がメイン
面接同行サービスで内定率をグッと上げる
アールストーン IT/Web/ゲーム業界に特化したエージェント
・年収アップの実現に高い実績あり
・池袋にしか拠点がない&求人数が少ないのがデメリット

なお、繰り返しになりますが、転職エージェントは複数登録をして比較してみる事が重要です。

それぞれの会社ごとに強みや弱みが違いますし、担当者との相性の問題だってあります。

どれも無料で登録出来ますから、まずは色々使ってみて、最終的には自分にピッタリ合うエージェント1社に絞り込んで行きましょう!

最初にどこに登録すべきか迷った場合は、本記事中盤でも紹介した通り、リクルートエージェント、マイナビエージェント、マスメディアンの3つでOKです。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

リクルートエージェント、マイナビエージェント、マスメディアンは下記の公式サイトより登録出来ます。

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】ミイダス(MIIDAS)は嘘ばかりで使えない?プロ目線で特徴や注意点を解説 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...