転職エージェント

元経理マンが教える!経理職に強い転職エージェントおすすめ7選【評判を元に徹底比較】

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

経理職で転職を考えた時、どの転職エージェントを使って就活すべきか悩みますよね...

しかし転職エージェントは数が多く、どのエージェントが経理職向きなのか判断するのが難しいと思います。

そこで本記事では、経理職の転職で絶対に外せないおすすめ転職エージェント7社を紹介していきます。

各社の特徴を目的&ケース別に紹介して行くので、あなたにとってピッタリのエージェントが必ず見つかりますよ!

<この記事の結論>

経理職で転職を考えるのであれば、以下の3つの転職エージェントを選んでおけば間違いありません。

転職エージェントはいつでも登録出来ますが、心に余裕が無くなると、エージェントに登録する気も奪われます。

求人チェックをしておくだけでも、「転職しようと思えばいつでも転職できるんだ!」と、毎日に希望が持てますよ!

おすすめ①:リクルートエージェント【経理職の求人数No.1】
→人材業界最大手&経理職の求人取扱い数No.1
→複数求人を徹底比較出来るため、キャリアの選択肢がグッと広がる

おすすめ②:マイナビエージェント【20代で経理転職を考える人】
第二新卒&20代で経理職の転職を考える人向き
未経験から経理職にトライしたい人は必須



おすすめ③:パソナキャリア【女性転職には圧倒的な強みあり】
女性向きのキャリア支援ではNo.1の総合型エージェント
女性が働きやすい経理職求人に絞って紹介してもらえる


経理職の転職で役立つおすすめ転職エージェント7社を徹底比較

では早速、経理職に強みを持つ転職エージェント7社を紹介します。

それぞれの特徴や強み、向いている人の条件などは下記の通りです。

おすすめ1:リクルートエージェント【未経験OK&経理職の求人数No.1】

1つ目におすすめのエージェントは、「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは経理に完全特化した転職エージェントではありません。

しかし、業界最大手のリーディングカンパニーである当社は、取り扱い求人の数ではどのエージェント会社にも負けることはありません。

つまり、経理職に関する求人数も必然的に多くなり、その分求職者のニーズに応えることが出来る会社だと言えるのです。

「全くの経理未経験。営業職から思い切ってキャリアチェンジしたい!」

「9時〜17時の就業時間のホワイト企業で経理マンをしたい。」

「大企業の経理職に転職し、逆転玉の輿を狙いたい!」

例えば上記のようなクセのある要求を突きつけても、リクルートエージェントであれば全く嫌な顔をされることはありません。

豊富な選択肢の中からあなたにマッチする求人をサーチして、完璧なソリューションを提示してくれるのです。

いいですか、「求人数の多さ=希望条件の叶いやすさ」です。

リクルートエージェントを活用することで、幅広いキャリアを選択できる可能性がグッと上がりますよ!

リクルートエージェント公式

おすすめ2:マイナビエージェント【20代で経理職を目指す人向き】

2つ目におすすめのエージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントの強みですが、20代全般の若手のキャリア形成に強みがあることです。

そのため、新卒1社目でミスマッチを起こし、第二新卒で経理を考える若者などにおすすめの転職エージェントと言えるでしょう。

「激務な会社で働くのは合わない。経理でマッタリ第二の人生を歩みたい。」

「人と関わりが少ない方が楽。黙々と作業が出来る経理の方が向いている。」

「ノルマ地獄はもう無理。銀行員としてのキャリアを活かし経理に転職したい!」

転職理由としてはネガティブなのかもしれませんが、そんなもの糞食らえです。

マイナビであれば、上記のような理由でもきちんと寄り添い、若手のジョブチェンジに力を貸してくれます。

「初めての転職で不安だな...」という人でも、キャリア面談を通して、疑問点や悩みを炙り出してもらえるので、心に余裕だって生まれます。

一人でクヨクヨと悩むぐらいなら、まずはマイナビに相談するところから始めましょう!

マイナビエージェント公式

おすすめ3:パソナキャリア【経理職を目指す女性向きエージェント】

続いて3つ目におすすめのエージェントは、「パソナキャリア」です。

経理を目指す人の多くは女性ですが、パソナキャリアは女性の転職支援に圧倒的な強みを持つエージェントです。

そのため、「経理に転職したい」というテクニカルな悩みに加え、女性としての転職を成功させたいという、さらに深いニーズまでキャッチしてくれるのです。

「前職は男社会だった。今度は女性にとって風通しの良い職場がいい。」

「将来のことが正直不安。経理でもキャリアップが見込める会社を紹介して!」

「結婚後も長く働けそうな女性に優しい企業中心に就活したい。」

単純に経理としての転職を支援す流だけならどこのエージェントでも可能ですが、上記のような女性独自の悩みに寄り添えるのはパソナだけです。

パソナキャリアを上手く味方につけることによって、女性転職の成功率だってグッと上がりますよ!

パソナキャリア公式

おすすめ4:DODA(デューダ)【高年収の経理職求人に強み】

4つ目におすすめのエージェントは、「DODA(デューダ)」です。

DODAをおすすめしたいのは、経理としての転職実現に加え、年収アップも条件として掲げている人です。

DODAは求人数こそリクルートエージェントに及びませんが、その分求人の質にこだわりを見せるエージェント会社です。

特にDODA独自の「非公開求人」には、高年収求人も多く、それは経理職の求人とて例外ではありません。

そのため、

「男で経理を志望している。年収だけは妥協出来ない。」

「ノルマのない経理に魅力を感じるけど、安月給なら転職する意味はない。」

「経理として同業種転職希望。条件は今より年収アップ出来ること。」

といった感じで、キャリアとお金をミックスで考えている人におすすめです。

DODAはとにかく優良求人の取り扱いも多いので、転職を通してキャリアを磨きたい人であれば満足度が高いです。

「もうワンランク上の経理マンを目指すんだ!」という人は、DODAがピッタリのエージェントですよ!

DODA公式サイト

おすすめ5:Spring転職エージェント【40代からの経理転職にも強い】

5つ目におすすめのエージェントは、「Spring転職エージェント」です。

Spring転職エージェントはスイスに本社を置く外資系のエージェントであり、世界No.1の人材会社です。

ただ、外資系だからと言ってハードルを上げる必要は一切ありません。

むしろその逆で、利用するハードルをガクンと下げてOKです。

というのも、Spring転職エージェントはどんな人でも必ずサポートしてくれるので、キャリアが弱い人こそ使うべきなのです。

「キャリアに自信がないけど、派遣じゃなくて絶対に正社員を望む!」

「専業主婦だけど離婚してしまった。ここから正社員に戻れるか不安。」

「40歳から経理に転職したいけど、フォローしてくれそうなエージェントはどこ?」

例えば上記のような環境の方であれば、Spring転職エージェントがベストな人材会社と言えるのです。

訳あり人材だと他社エージェントではお断りを受けることもありますが、Spring転職エージェントではそれはありません。

どんな方でも必ずキャリア面談を実施し、今できる最善の選択肢を提示してくれるんですよ!

Spring転職エージェント公式

おすすめ6:MS-Japan【管理部門特化型エージェントNo.1】

6つ目におすすめのエージェントは、「MS-Japan」です。

MS-Japanは管理部門の転職支援のみを行う、いわゆる特化型エージェントの1つです。

そのため、経理を含む事務職全般の転職支援にはめっぽう詳しいエージェントと言えるでしょう。

リクルートやマイナビのような大手に比べて求人数は落ちますが、その分専門性に強みがあるのが魅力と言えます。

「経理転職のコツなど、経理に絞って専門的なアドバイスが欲しい。」

「昨今の経理畑の転職事情について、詳しい情報提供をしてもらいたい!」

「資格の必要性など、経理転職に関するコアなサポートまで求めてる!」

上記のような経理転職に関する独自の悩みを、豊富な知識を活用して綺麗に解決出来るのがMS-Japanだと思ってください。

経理にとことん特化しているエージェントを使いたいのなら、MA-Japanがおすすめです!

「MS-Japan」公式サイト

おすすめ7:ジャスネットキャリア【ハイクラス経理マン向き】

7つ目におすすめのエージェントは、「ジャスネットキャリア」です。

ジャスネットキャリアは税理士や会計士等の数字に強い士業の転職に加え、経理職の転職支援に力を入れている特化型エージェントです。

上記で紹介したMS-Japanとの違いとしては、経理系の専門領域に対して一定の経験を積んでいる人がサポートの対象だということです。

もちろん、全くの未経験がダメというわけではありませんが、同業種転職の方が得意なことは間違いありません。

そのため、経理経験者がさらにキャリアアップを望むなら、ジャスネットキャリアの利用を検討してください。

ハイクラスな求人も多数掲載されているので、満足のいく転職が実現できますよ!

ジャスネットキャリア公式

経理転職に強い転職サイトも知っておこう!

ここまでは経理に強い転職エージェントを紹介してきました。

ただ、この記事の読者さんの中には、エージェントとは別におすすめの「転職サイト」を知りたいという人もいるのではないでしょうか?

転職エージェントはプロのコンサルタントについてもらえるので、書類のアドバイスや面接のアドバイス等の手厚いサポートが受けられます。

しかしその一方で、自分のペースで転職活動を進められないことにデメリットを感じている人も少なくないはずです。

そんな時は、とりあえず求人チェックが出来る転職サイトを使うのもアリでしょう。

では、経理転職で使う価値のある転職サイトとはどこか?

それはズバリ、「リクナビネクスト」一択です。

上記で紹介したリクルートエージェントの転職サイトバージョンですから、取り扱い求人数では業界最多です。

転職活動の第一歩として情報収集媒体を探しているのであれば、リクナビネクスト以上にピッタリなサービスはありません。

転職サイトは無料で利用出来ますが、気になる求人をストックしておくだけでも、「いざとなればいつでも転職出来そう。」と心に余裕を持つきっかけにも繋がります。

隙間時間に求人チェックをするだけでも、転職に対するイメージを膨らませることが出来ますよ!

▶︎転職・求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

転職エージェントの選び方のポイント!3社に絞ればOK

以上、転職エージェント及び転職サイトに関する紹介です。

転職サイトを入れると全部で7社を比較しましたが、それでもまだどこを使うべきか悩む人も多いのではないでしょうか?

もしかしたら中には、「片っ端から全部登録しておくか...」と思った人もいるでしょう。

しかし、やみくもに転職エージェントの数を増やすことはオススメ出来ません。

無料で使えるためそう思う気持ちは分かりますが、体はたった1つしかないので、どう考えても消化不良を起こしてしまうからです。

そこでおすすめしたいのが、「とりあえず3社に絞って登録し、実際に利用して比較してみる」という方法です。

その3社ですが、まず最初は下記の3社がおすすめです。

とりあえずリクルートとマイナビを使うことで、全体の求人のほぼ全てをカバーすることが出来ます。

そのため、「求人を取りこぼしていた...」という失敗リスクはまずありません。

その上で、女性の方であればパソナを組み合わせるといいでしょう。

女性の支援という強みに加え、経理転職にも詳しいですから、専門性も手に入れることが出来ます。

3社ぐらいなら1人でも併用出来る数ですから、転職活動の効率だって十分確保することが出来ますよ!




経理転職成功のポイント5つ!転職エージェント活用法も紹介

ここからは、経理への転職を成功させるべく、ぜひ押さえておきたいポイントを紹介していきます。

転職エージェント選びはもちろん大事ですが、転職に対する正しい知識やノウハウも重要ですよ!

①未経験でも転職はしやすい!簿記など資格は不要です

まず1つ目に、求職者が思っている下記の疑問についてお答えします。

「経理への転職って難しいの?それともしやすいの?」

「簿記など取っておいた方がいい資格はあるの?」

この2つですね。

結論から言えば、経理に転職するのに簿記などの資格は一切不要完全未経験でも転職出来る職種です。

その理由ですか、そもそも経理担当者は簿記の知識がなくとも、会社の会計ソフトを使えば経理の仕事が出来てしまうからです。

そのため、簿記などの知識はほぼ役に立たず、むしろ大事なのはその会社が独自で採用している経理システムの知識です。

そしてそれは入社してから勉強するしかないので、未経験者でも経験者でも採用する際に大した差は生まれません。

それよりもむしろ、面接における相性やヒューマンスキルが見られると思ってください。

②経理転職の志望動機!コツは「強みを活かしたい」でOK

経理への転職を考える時、多くの人はその転職理由(志望動機)を悩むと思います。

「営業が嫌だから経理をしたい!」といった、後ろ向きな事を言うわけにはいかないので、なんとか論理武装したいですよね。

しかしこの悩みは取るに足らないです。

なぜならば、面接においては経理に転職する理由メインで伝えずに、その会社に入社したい理由にすり替えて話をすればいいからです。

あとは「どうして経理?」という反論に答えればいいだけなので、

・数字を扱う事が得意だから

・細かいチェックなどマメな性格で向いているから

といった風に、「自分の強みを活かせるフィールド」という事を強調するだけです。

これ以上は面接官も突っ込めませんから、少なくとも言葉に詰まって一発アウトになる事はありませんよ!




③経理に転職するのにベストな時期は?

経理への転職を考える場合、「何歳ぐらいに転職するのがベストなの?」と悩む人も多いでしょう。

転職であれば若い方がいいに決まっているのは当たり前ですが、経理においてはぶっちゃけそんな事もありません。

特に女性であれば30歳以降でもガンガン転職可能ですからね。

ある程度年齢を重ねている人の方がミスが少ないですから、経理に対する適正を評価されやすいという側面もあるのです。

ただ、それでも若いに越した事はないので、転職を考えた今この瞬間に動くのがベストですよ!

④経理で転職するなら大手企業を攻めるべし

経理で転職を考える場合のコツですが、やはり大手企業を中心に就活しましょう。

福利厚生面などで恵まれているのは未だ大手、それは間違えのない事実です。

転職のハードルが高そう...と思われるかもですが、意外とそんな事はありません。

というのも、今や少子高齢化の影響で人材不足に悩む企業は非常に多いです。

そのため、一昔前に比べれば圧倒的に労働者有利の売り手市場になっており、どんどん転職のハードルが下がっているのです。

ビビって挑戦しない人も大勢いますから、その中で頭一つとび出るだけでも、内定獲得確率がグッと高まりますよ!

⑤経理に転職した後のキャリアプランをエージェントに相談すべし

最後ですが、経理へ転職した後のキャリアプランについて悩む人向きのアドバイスです。

ぶっちゃけた話、経理に転職するのはいいけど、その先の人生のキャリアについて悩みが尽きる事はないですよね。

そんな時にオススメなのが、転職エージェエントのキャリア面談です。

コンサルタントはプロですから、経理畑の人がどういったキャリアパスを歩んでいるのかなど、かなり詳しく教えてくれます。

そうする事で、経理マンとしての将来の姿がかなり臨場感を持って感じられるようになりますよ!

キャリアアップのコツなども教えてくれるので、まずはプロに相談してみるといいでしょう。




まとめ:今回紹介した経理職の転職に役立つおすすめ転職エージェント一覧

では最後に、本記事で紹介した経理職向け転職エージェントおすすすめ7社をもう一度記載しておきます。

リクルートエージェント ・業界最大手の転職エージェントであり安心感が抜群
・とにかく求人数が豊富で経理職の求人取り扱いもNo.1
未経験からの経理転職も手厚くフォローしてくれる
マイナビエージェント 第二新卒や20代の転職支援に強みのあるエージェント
営業マンから経理に転職したい人などにおすすめ
・コンサルタントのキャリア面談が最も丁寧との評判あり
パソナキャリア 女性の転職支援を中心にしているエージェント会社
・ワークライフバランス重視のホワイト求人の取り扱いに強み
女性の気持ちに寄り添った提案をしてもらえる
DODA(デューダ) ・経理職として年収アップ転職をしたい人向き
非公開求人では経理求人でも高年収のものが比較的に多い
・リクルートに次ぐ業界No.2で求人数も豊富
Spring転職エージェント ・スイスに本社を置く世界No.1の外資系転職エージェント
キャリアの弱い人の経理転職にもきちんと対応可能
40歳からの転職を考える方にもおすすめ
MS-Japan ・経理を含む管理部門の転職に特化しているエージェント
・経理転職に対する業界知識の豊富さ専門性に強みあり
未経験からの経理転職もきっちりフォロー
ジャスネットキャリア ・税理士や会計士などの士業&経理職の転職に特化
経理職を経験している人におすすめの転職エージェント
ハイキャリア向きの経理求人も多数掲載

なお、繰り返しになりますが、転職エージェントは複数登録をして比較してみる事が重要です。

それぞれの会社ごとに強みや弱みが違いますし、担当者との相性の問題だってあります。

どれも無料で登録出来ますから、まずは色々使ってみて、最終的には自分にピッタリ合うエージェント1社に絞り込んで行きましょう!

最初にどこに登録すべきか迷った場合は、本記事中盤でも紹介した通り、リクルートエージェント、マイナビエージェント、パソナキャリアの3つでOKです。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

リクルートエージェント、マイナビエージェント、パソナキャリアは下記の公式サイトより登録出来ます。

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

関連:【評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】リクナビネクストはブラックばかりで最悪?プロ目線で徹底分析 「私もそろそろ転職したいな〜」 そう思った時に真っ先に頭によぎるのが、転職サイトではないでしょうか? リクナビネクストは、リ...

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】ミイダス(MIIDAS)は嘘ばかりで使えない?プロ目線で特徴や注意点を解説 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...