短期離職

新卒入社9ヶ月で退職して転職するノウハウを伝授!短期職歴に振り回されないのがコツです

 

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
コンサルタントのサポート力に圧倒的強み!ホワイトな中小企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

会社に入社して何とか半年は我慢できたけど、そこから3ヶ月経過した9ヶ月目で限界を感じている社会人は少なくありません。

新卒の離職率については3年以内離職率がよく引き合いに出されますが、実際の所辞めていく人のほとんどは入社1年以内に見切りをつけていくことが多く、9ヶ月目で退職を考えるのは割と普通です。

「ここまで耐えたけどやっぱり社風が合わない」

「仕事内容が完全にミスマッチ」

「職場内で孤立してしまって人間関係がしんどい」

様々な理由で辞めたい気持ちがピークに達する1年目は、社会人にとって過酷な年です。

しかしいくら辞めたい気持ちがあるとはいえ、入社1年以内での退職は「短期離職」になってしまうことから、転職活動の大きな足かせになるのではないか?と不安に感じてしまいますよね。

ただ、入社1年未満で退職してもきちんと転職出来ている人がいることから、正しいノウハウで転職活動をこなせば例え9ヶ月で退職しても何とかなるのも事実です。

今回の記事では入社9ヶ月で退職を考える場合の心構えやノウハウについて解説していきます。

※短期離職というハンデを乗り越えて転職する場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

特に最大手のリクルートエージェントは便利で、コンサルタントが直接あなたを企業に推薦してくれます。

結果的に書類通過率がグッと跳ね上がり、面接も突破しやすくなります。

短期離職というバックグラウンドだって、全く気にならなくなります。

リクルートエージェントを活用する事で、転職成功率がグッと上がりますよ!

関連:【評判口コミ】リクルートエージェントで転職はダメ失敗?成功率をグッと上げる方法

リクルートエージェントの利用ですが、転職の意思が100%決まっていなくとも、とりあえず相談だけという目的でもOKです。

エージェントに相談する事で、

「今の自分でも〇〇会社に転職出来るんだ!」

「やっぱり今の職場が異常におかしいんだ...」

「なんだ、会社なんて辞めても何とかなるじゃん!」

と現状を客観的に分析出来ると同時に、転職という選択肢が"具体的なモノ"として感じられます。

軽く相談するだけでも、心のモヤモヤがスッと取れますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

入社9ヶ月で退職というマイナス面を一番気にしているのはあなたです

入社9ヶ月で退職を考えている人が、転職活動をする際に一番恐れているのは職歴の短さではないでしょうか?

いざ面接を受ける光景をイメージすると、

「どうして入社9ヶ月という短期間で辞めることになったの?」

「ウチに入ってもまたすぐ辞めちゃうんじゃないの?」

といった魔の質問が飛んでくる事をイメージしてしまうと、今の会社で少しでも職歴を稼いでおくべきでは?と考えがちです。

しかし、面接における短期離職の追求は気持ちのいいやりとりではないものの、ここまで質問内容が事前に分かっているのなら、逆に攻略しやすい事を忘れるなかれ。

某大手企業のように、

「あなたにとってカリスマの条件は何?3つ条件を挙げて、そう考える理由を論理的に説明して。」

といった頭の中が真っ白になるような質問に比べれば、聞かれている事が分かっている面接なんてめっちゃ楽ですよ!

仮にあなたが短期離職をした背景があるのであれば、前職とミスマッチが起きた事を素直に認め、過去の反省を踏まえて今後どんなキャリアを歩んでいきたいのかを面接官にストレートに伝えればいいだけです。

そもそも面接官だって、あなたの心をえぐるために厳しい質問をしているわけではありません。

自社で採用するとなった場合、「同じようにミスマッチにならないか?」「ウチの仕事に適性がありそうか?」を確認したいと思っているだけです。

短期離職というバックグラウンドを一番ネガティブに捉えているのは実は自分だった...なんて事はよくある話です。

短期離職という背景があっても、面接官を頷かせる事が出来るロジックをきちんと組み立て、自信を持って話せば面接はちゃんと突破出来る事を覚えておきましょう。

短期離職のフォロー術に関しては下記の記事でもまとめているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
短期間の退職理由の説明方法!転職面接でウケがいい伝え方はこれです。 入社して1年目の方の中には、すでに会社とのミスマッチを感じて、次のキャリアを考えている人も多いと思います。 しかし、転職に...

入社9ヶ月でも辞めたいと強く思うなら転職を考えたほうが絶対にいい

入社9ヶ月目で会社を辞めたいと感じてしまった人は、「ここで辞めて本当に正解か?」「ただの甘えではないのか?」といった不安な気持ちで一杯だと思います。

「短期離職して転職先が見つからなかったらどうしよう」
「このまま人生転落コースなのか」
「自分に期待してくれた方に申し訳ない」
「親にどうやって説明しようか」

などなど。

でも、あなたが「辞めたい」と思ってしまっているのならそれはもうミスマッチ。

合わない仕事"ごとき"に貴重な人生の一部を費やし、そこで精神的に追い込まれるのであれば、スパッと辞めて新しい人生をスタートさせた方がいいと思いませんか?

もちろん短期離職というデメリットを覚悟しなければいけないのですが、それを差し引いても「地獄のような日々を一旦リセット出来る」「精神的に楽になれる」というメリットは大きいはずです。

いつまでも合わない仕事をダラダラしていたり、ブラック労働に耐える事を覚えてしまうと、そのままキャリアが固定されてしまうだけですよ!

年齢を重ねれば重ねるほど「辞められない理由」ばかりを考え始めるので、辞めたいと一番感じている瞬間に行動を起こすのがやはり大事です。

あなたの貴重な人生の時間をブラック企業の生贄にしたり、一緒にいるのが苦痛な人達との時間に捧げるのは本当に時間の無駄です。

ここは辞めたいと思った気持ちに素直に従い、転職の準備をスタートさせるべきなのです!




入社9ヶ月で辞めて転職する場合は5年後のキャリアをまずはイメージしよう

転職活動を始める時のコツですが、まずは5年後のなりたい自分像を明白にするところからスタートさせましょう。

そこから逆算していけば、次のキャリアをどう選択していくべきか見えてきます。

例えば「手に職を付けていたい」と思うのであれば、個人のスキルを伸ばせる業界・業種を選択しなければいけないですよね。

今だと未経験からでも転職しやすいプログラマーやエンジニアがその典型ですが、これらの業種で採用をしている会社をサーチしていくのも立派な転職活動です。

転職活動をスタートさせるというと、どうしても面接を受け始める事をイメージしてしまいがちですが、情報をサーチする事だって立派な転職活動です。

まずは5年後のなりたい自分を出来るだけ具体的にイメージして、そこから仕事探しへと掘り下げていくのがコツですよ。

ただ、そうは言っても自己分析を正しく行う事に加え、各種業界の知識を知らない事には将来のキャリアを思い描く事自体が難しいのも事実です。

そこでオススメなのが民間の転職エージェント活用して、キャリアカウンセリングを受けてみることです。

プロのアドバイザーに現状を伝える事で、「今のキャリアならどんな仕事に募集できそうか」「伸びている業界はどこか」「短期離職でも面接は突破できそうか」と言った事を教えてもらえます。

書類応募したり、面接を受けるのはその後でも遅くないので、まずはプロ目線で自分のキャリアを見つめ直してみましょう。




入社9ヶ月で退職して転職したいならプロのサポートを受けよう

もしかしたらあなたは今、

「まだ転職活動はじめるのはためらいがあるなぁ。」
「今の会社で耐えるべきかなぁ。」

と不安な気持ち&迷う気持ちで一杯かもしれません。

でも、確実に言えることは一歩前に踏み出さないと何も人生は変わらないということです。

このまま現状維持をしたって、また朝起きたら憂鬱な日々が始まるだけですよ!

もしあなたが今のママの人生じゃ絶対に嫌だ!と思うのであれば、まずは一歩踏み出して見ることから始めましょう。

「ちょっとコーヒー飲んで落ち着いてからやろう」
「もう少し調べてから...」

なんて呑気なことを言っていてはダメですよ!

そうやって意思決定を未来に一度でも先延ばしすると、結局いつまでもやらないことが今ここで100%確定してしまうからです。

そもそもまだ転職に踏み切れていない理由は、あなた人が転職に向かう具体的なビジョンが見えていないからです。

自己分析に求人調べに履歴書・職務経歴書に....

そんな時は思い切って転職エージェントに丸投げしてしまいましょう!

転職エージェントに登録すればこれらの情報は全て手に入るので、嫌でもキャリアを考えるきっかけになるし、転職エージェントが1人つくので、あなたの背中を押してくれる強力な味方も生まれます。

ぶっちゃけた話ですが、転職エージェントも本気でサポートしてくれるのは若い時だけですよ!

30過ぎれば紹介できる求人数はガクンと下がるので、20代のなるべく若いうちに転職のチャンスが豊富な人をサポートしたいと思っているからです。

本気でサポートしてもらえる"今"を逃したら、今のまま一生キャリアが固定されてしまいますよ。

このまま嫌な仕事を続けてどうせしょうもない人生になってしまうのであれば、ここでキャリアを磨いておく方が絶対にメリットは大きいはずです!

転職エージェントは無料で登録出来ますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われます。

とりあえず登録しておけば「転職という選択肢」が持てますし、実際にエージェントと面談して悩みを打ち明けるだけでも気持ちが楽になりますよ。

オススメの転職エージェントは、「リクルートエージェント」です。

・「リクルートエージェント」公式【3分で登録完了】


リクルートエージェントは業界でも最大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

もっとも知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント(公式ページ)

今すぐに転職するつもりはないけど、「この会社で一生働くのは無理!」「30までには絶対転職したい!」などの転職願望がある方も、登録だけは済ませて求人チェックはしておきましょう!

▼あなた向けの関連記事!第二新卒の転職にオススメの転職エージェント一覧▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

▼あなた向けの関連記事!第二新卒の転職に関する全知識を紹介しています▼

あわせて読みたい
元人事が語る第二新卒の転職活動の進め方・やり方!失敗しないための全知識「新卒で入社したものの、やっぱり合わないこの会社...」 「第二新卒で転職したいけど、やり方がサッパリ...」 今後の自分のキャ...

▼あなた向けの関連記事!第二新卒で転職するのが正解かどうか悩んでいる人へ▼

あわせて読みたい
第二新卒で転職するか迷いがあるなら辞めておけ!大失敗する人の特徴を教える 新卒で入社した会社が合わないな...と思った時、頭の中をよぎるのが、第二新卒での転職です。 昔は最低でも3年は勤めないと転職が難し...

▼あなた向けの関連記事!第二新卒で転職してキャリアアップする方法はこちら▼

あわせて読みたい
第二新卒でキャリアアップ転職するための全知識!キャリアを上げる方法を教える 新卒で正社員として無事就職するも、今のキャリアのまま進む事が正しいのか、疑問に感じながら働いている人は多いです。 経団連やトヨタ自...