30代の転職

30歳で年収300万未満の正社員が一番危険!キャリアを磨いて年収を上げないと後悔しかない

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

30代なのに年収300万円以下、正直絶望的な状況ですよね...

「このご時世に正社員でいられるだけでもマシだと思わないと...」

こんな風に考えている人もいるかもしれません。

しかしハッキリ言いますが、そんなの現状を正当化するための言い訳ですよ。

厳しいことを言ってすいません。

ただ今の時代は、働く業界・働く職種をミスっていなければ、30代で年収300万円未満になることは絶対にありません。

そこで本記事では、30代ワープア向きキャリア戦略をお伝えしていきます。

※30代で転職を成功に導きたいなら、転職エージェントのサポートは必須です。

プロのコンサルタントに軽く相談するだけでも、

「まだまだ転職先はある!希望が見えてきた〜」

と、心のモヤモヤがスッと消えていきますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

30代で年収300万円以下がヤバい理由!新卒以下の水準ですよ

「30歳で年収300万ってそれほどヤバイ?」

このように感じられる人もいらっしゃるかと思いますが、はっきり言って壊滅的な状況です。

そもそも年収300万円というのは、真っ当な会社であれば新卒ペーペーの人材がもらう給与水準です。

30歳になってもその水準ということは、「自分によほど価値がない」か「勤めている会社が根本的にオワコン」のどちらかです。

もちろん99%は後者、つまりあなたに問題があるわけではないでしょう。

しかし、年収300万円以下であることは事実。

これではマイホームの購入は愚か、老後の資金をまともに貯蓄することも出来ません...

もちろん生涯現役で働き続ければいいという意見は否定しません。

しかし実際問題、老後に黙々と働く人生で満足出来ますか?

同年代がカニ食べ放題で余生を満喫している中、自分はコンビニでレジ打ちをする...

こんなの悲惨すぎて目も当てられないでしょう。

このような壊滅的な状況を避けるためにも、現役世代の今対策を打っておくべきなのです。

30代で年収300万未満ならそのままくすぶり続ける

日本企業の給与システムは、年功序列になっていることがほとんどです。

そのため、勤続年数が増えてくるにつれ、固定給やボーナスが上がっていくのが普通です。

しかし、30歳で年収300万未満の時点で、そのシステムが全く機能していないことは言わずもがな...

正社員という身分こそあるものの、実態はバイト以下。

いいですか、この状況はもっと深刻に受け入れた方がいいです。

繰り返しになりますが、30代で年収300万以下の時点で、何かしら構造的な問題を抱えているのは間違いありません。

①業界自体の勢いが鈍い

②人件費を抑えるしか経営が成り立たない

③社長が圧倒的に搾取をしている

おそらくですが、この中のどれかに該当しているのではないでしょうか?

しかしこうなってくるとお先真っ暗です。

30代で年収の伸びがない会社は、必ず人材難で倒産します。

若手は希望がないため入社はしない、20代の社員は早々に見切りをつけて去っていく...

こうなると30代〜 40代で会社にしがみ付いている人だけになります。

ハッキリ言います、そんなゾンビみたいな集団に、将来性を感じることなど出来ません。

もしあなたが今これに似た状況であれば、早めに抜け出さないと一生後悔することになりますよ!

30代で年収300万未満ならキャリア磨きに専念すべき

アベノミクス以降日経平均こそ回復してきてはいるものの、一般消費者レベルでは生活が豊かになったとは言えない時代です。

消費税も気づけば10%まで上がり、生活をかなり圧迫してきていますよね。

このままの流れで行けば、所得税や保険料は益々上がっていき、年齢を重ねるごとに手取りは減っていくでしょう。

しかし30代はまだ若く、ここで人生を軌道修正することは余裕です。

年収を上げようとすれば起業や副業など色んな手がありますが、その中でも転職という手段は最もリスクが低く、リターンが確実な投資です。

大事なのは自分の年齢を客観的に分析し、年収を上げるための転職活動を行う勇気を持つことです。

このままくすぶっていても、また同じような日常が明日も明後日もやってくるだけですよ。

死ぬまでそんな生き方をするぐらいなら、今この瞬間に動いた方が絶対にいいです。

何よりデメリットがないんですから!

30歳代で年収300万未満は転職すれば賃金アップは余裕です!

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!30代におすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【14社比較】30代におすすめ転職エージェントランキング!賢い選び方も紹介 30代で転職を考えた場合、自分の望みを叶えてくれる転職エージェント選択する事は極めて重要です。 すると転職エージェント探しをする上...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...