短期離職

入社3ヶ月で退職して転職を成功させるコツ!仕事辞めたい新卒&中途は必読!

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

入社して3ヶ月だけど本当に限界!仕事辞めたい...

3年頑張ろうと思ってたけど、1年すら続く気がしない

入社して3ヶ月...

初期の研修なども一通り終わり、新入社員であっても一人前に仕事を任せられるこのタイミングにおいて、仕事に限界に感じる人は非常に多いです。

「イメージしていた仕事とはかけ離れている業務だった」

「信じられないぐらい労働条件が最悪だった」

「完全に社長のワンマン企業で奴隷扱いされている」

と言った、入社後のギャップやブラック労働に限界を感じ始めるタイミングが、まさに入社3ヶ月目の特徴と言えます。

ただ、入社3ヶ月で会社を辞めれば、それはもう短期離職。

その後の転職活動の事を考えれば、辞めたくても辞められず、人生に絶望してしまう人も少なくありません...

しかし安心してください。

ラッキーな事に、今は昔と違って第二新卒というカードが切れる時代になりました。

そのうえ少子高齢化で若者不足な労働市場では、短期離職というハンデよりも、若さという期待値が上を言っています。

つまり、正しい転職のノウハウや失敗しない企業選びのスキルさえ身につけておけば、ここから十分に人生をやり直していく事は可能なのです!

そこで今回は、入社3ヶ月で退職して転職する際の転職のコツについて解説していきます。

※短期離職というハンデを乗り越えて転職する場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

特に最大手のリクルートエージェントは便利で、コンサルタントが直接あなたを企業に推薦してくれます。

結果的に書類通過率がグッと跳ね上がり、面接も突破しやすくなります。

短期離職というバックグラウンドだって、全く気にならなくなります。

リクルートエージェントを活用する事で、転職成功率がグッと上がりますよ!

関連:【評判口コミ】リクルートエージェントで転職はダメ失敗?成功率をグッと上げる方法

リクルートエージェントの利用ですが、転職の意思が100%決まっていなくとも、とりあえず相談だけという目的でもOKです。

エージェントに相談する事で、

「今の自分でも〇〇会社に転職出来るんだ!」

「やっぱり今の職場が異常におかしいんだ...」

「なんだ、会社なんて辞めても何とかなるじゃん!」

と現状を客観的に分析出来ると同時に、転職という選択肢が"具体的なモノ"として感じられます。

軽く相談するだけでも、心のモヤモヤがスッと取れますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

▼あなた向けの関連記事!第二新卒の転職にオススメの転職エージェント一覧▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

入社3ヶ月まで退職を我慢したあなたは優勝です!もう転職を考えてOK

まず最初に、入社して約3ヶ月勤務してきたあなたには、どうしても一言伝えたい事があります。

「よく3ヶ月も地獄を耐えました。他の人がなんと言おうが優勝です。」

金正日(キム・ジョンイル)もびっくりたまげるような強制労働ブラック企業が蔓延しているこの日本。

入社して1、2ヶ月でスピード退職していく若者が多い昨今、そんな会社で3ヶ月も耐え抜けたのは冷静に考えてもすごい事なんですよね。

だから僕からあなたに金メダルを差し上げたい。

いや、「買わすんかーい!」と突っ込んだあなた。

そうです、そうやって元気なノリツッコミが出来る精神状態を大事にしてください!

ブラック企業にどっぷりつかってしまうと心が死んでいくので、こんな些細なツッコミをする気力すら根こそぎ奪われてしまうのです。

おそらく今あなたの頭の中では、

「たった3ヶ月で会社を辞めたら人生終了ちゃうんじゃないか。」

「地獄の日々を受け入れる覚悟を決めなきゃいけないんじゃないか」

と様々な感情が渦巻いていると思います。

しかし、一旦そんな事を考える事は辞めて、まずは3ヶ月耐えたという過去を評価してあげてください。

自分を褒めてもいいんですよ!




入社3ヶ月で退職したら転職活動は不利なのか?難しくしているのは自分自身です

ブラック企業で3ヶ月も耐え抜いたのであれば、誰がなんと言おうが、それは1つのステータスです。

ただ、入社して3ヶ月で退職となれば、転職市場ではどうしたってイメージが悪くなります。

それを恐れるあまり、辞めたくても辞められないんですよね...

あと◯ヶ月耐えて職歴を稼げば、転職活動が有利になるんじゃないのか?

と考えて、何とか辞めずに済むようにと、自分を洗脳しようと必死な人も多いです。

しかし断言します。

ぶっちゃけ転職市場においては、職歴1年未満の退職は一律に短期離職扱いです。

という事は、あと数ヶ月耐えられたかどうかというのはあまり意味がありません。

面接官から見れば、「会社を1年未満でやめた人」と一括りの扱いなのです。

こう考えると、辛い思いして耐えるのって馬鹿げていると思いませんか?

無駄にしんどい思いをするなんて、あなたには損しかないです。

いいですか、そもそも短期離職なんて、長い人生の中で見ればほんのかすり傷ですよ。

学生時代に犯したたった1回のミスジャッジぐらいで人生詰むなんて事、冷静に考えてあるわけないですからね。

1回でも短期離職したら人生エンド、そのままレールから外れてあとは滝壺でドボン。

仮にこんなのが日本企業の実態だとしたら、海外にでも行ったほうがマシですよ。

どんだけ器の小さい人間の集まりなんだって話です!

だけど実際はそんな事ないですよね。

今は第二新卒という枠を設けて、1社目で就活ミスを起こしてしまった若い人材を、積極的に救済しているじゃないですか!

それに、第二新卒制度は、会社側にとってもメリットが大きいです。

新卒一括採用の時期だと取りこぼしてしまう若い人材が、中途採用であればボコボコ採用する事が出来るため、非常にコスパの良い採用活動だからです。

つまりここで言いたい事は、短期離職という経歴を考えすぎ、転職のハードルを勝手に上げてしまっているのは他でもなくあなた自身だという事です。

あなたが思っている以上に、世間は中途の人材を欲しがっています。就活ミスでバツが付いていたとしても、それを許す文化があるんですよ!




入社3ヶ月での退職理由を転職面接で説明するポイント

第二新卒という枠が設けられるようになって以降、仮に短期離職をしてしまったとしても、転職活動で人生逆転する事が十分可能な世の中になってきました。

これまでは就活は入試と同じで一発勝負でしたが、今では再試が認められるようになったのです。

しかし、再試である以上、一発目の試験よりは少しハードルが上がってくるのもまた事実。

特に「前職を辞めた理由を適切に説明出来るかどうか」が最重要事項になる事は間違いありません。

ここでは前職の退職理由についての説明方法のコツを紹介します。

①前職批判は絶対にしない

まず1つ目のコツですが、前職に対するアンチコメントは絶対に辞めてください。

例えば、

前職では、とても1人で達成出来るレベルではないノルマを平気で設定されました。

おまけに残業してもみなし残業扱いで残業代はゼロ。

さすがにこのままではマズイ!と思って退職しました。

などと言ってはダメです。

企業からすれば「こいつはとにかく人のせいにする奴」、というネガティブな要素しか与えないからです。

②反省&改善の姿勢で心を動かして後は若さで押し切る


では、短期離職に至った経緯をどのように説明するのが正解か?

それは「反省&改善の意思」というダブルフックをかました後、若さという強烈な右ストレートでダウンを奪うイメージで説明する事です。

「学生時代にミスマッチな企業を選んでしまった原因は何?」

「どうしたら同じミスを犯さずに済む?」

といった事をとことん掘り下げ、過去の過ちもきちんと認め、改善の意思がある事を猛烈にPRしてください。

確かに転職において短期離職はハンデかもしれないです。

しかし逆に言えば、このマイナスポイントをひっくり返す説明が出来れば、面接は絶対に突破できます。

あとは若さで押し通すという事も第二新卒の特権なので、前向きに退職理由を作り込みましょう。




入社3ヶ月で退職するなら転職で失敗しないために長く続けられる会社の条件を整理すべし

一度短期離職を経験すると、「またすぐ辞めたくなったらどうしよう...」という不安を感じると思います。

2回連続で短期離職になると、かなり厳しい人生が待っています。

絶対に転職活動でこけるわけにはいかないです。

そこで入社3ヶ月で退職を決めるのであれば、次の会社は「とにかく長く働けそうな所」を選ぶ事にフォーカスすべきです。

最低でも「年間休日」の最低ラインは見ておきましょう。

一般的な企業であれば、年間休日は110日以上あるのは当たり前です。

しかしここは保険をかけて、年間休日120日以上の企業を中心に選んでみるなど、とにかくブラックを意識的に下げる工夫をしましょう。

間違ってもお金に釣られて、「20代から年収1,000万越えも狙えます!」みたいな情報商材まがいの謳い文句に引っかかってはダメです。

次またババを引いてしまえば、それこそ短期離職を2回繰り返して、次こそ再起不能になってしまいます!

ただ、ブラック企業を素人の目線で見極める事が難しいのも事実。

そこでオススメなのが、求人のチョイスは転職エージェントにある程度任せ、プロの視点でブラック企業を除外してもらう方法です!

そうする事でブラックを引き当て、転職でコケるリスクをグッと下げる事が出来ますよ!




入社3ヶ月で退職という短期離職が不安なら転職エージェントに相談しよう!

なお、短期離職者が転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職エージェントはいつでも登録出来ますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われます。

とりあえず登録しておけば「転職という選択肢」が持てますし、実際にエージェントと面談して悩みを打ち明けるだけでも気持ちが楽になりますよ。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも最大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

もっとも知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

▶︎リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向けの関連記事!第二新卒の転職にオススメの転職エージェント一覧▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【大嘘診断?】ミイダスの悪い評判口コミ!怪しい..など利用前全知識 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...