第二新卒

社会人2年目で営業を辞めたい人が考えるべき事3つ!営業マンとしてキャリアを固定していいの?

社会人を1年間経験すると、良くも悪くも自分の向き不向きには気づいてしまいます。

ファーストキャリアとして、自分にピタっとマッチした仕事ができている事を実感する人もいれば、その真逆の人もいますよね。

その中でも、営業系の仕事は向き不向きがはっきり分かれますが、2年目になっても営業を辞めたいな...と思う人も多いでしょう。

では、1年やってみても合わないな〜と感じてしまった場合、どのように対処するのが理想なのでしょうか?

今回の記事では、入社2年目で営業を辞めたいと感じている人に向けて、今考えて欲しい事を3つお伝えします。

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

営業を辞めたい人が営業マンとしてのキャリアを積むのは大損です

社会人1年目であれば、とりあえず目の前の仕事に打ち込み、何かしらのスキルを磨くべく没頭する事に意味があります。

しかし、社会人2年目以降になったら、自分の進むべきキャリアパスを考えておかなくてはいけません。

と言いますのも、20代で築いてきたキャリアは、30代の自分の方向性を決めてしまうからです。

例えば、営業マンとしてのキャリアを長く続けると、その後の人生もおそらく営業畑で固定されます。

今では「未経験歓迎」なんて求人も増えてきましたが、それでも採用者は経験者を優先しますから、未経験への転職は難しいのが現実です。

つまり、営業を続ければ続けるほど、あなたのキャリアは営業で固定されてしまいます!

もしあなたが、営業に向いていないと感じ、営業職を辞めたいと思うのであれば、これ以上営業マンとしてのキャリアを積むのは損でしかないです。

若ければ未経験への転身も難しくないですから、歩みたくもないレールの上を歩むのを辞め、新しくレールを引き直した方がいいですよ。

30代でこうなっていたいという自分像にマッチしないキャリアなら、今すぐに取り替える事を考えましょう!

職歴が1年あれば短期離職で不利になる心配はない

新卒入社した会社を辞めるかどうか悩む時、自分の職歴の浅さが、転職において不利にならないかを考える人は多いです。

昔から「最低3年」と言う言葉があるように、転職するとしても職歴を稼いだ方がいいのではないかと考えますよね。

しかし、第二新卒での採用が活発になっている昨今、3年以上の職歴はマストではなくなりました。

人材会社で働く友人の話によれば、職歴として1年あれば短期離職とはみなさない事が多く、転職理由がはっきりしていれば、特段不利な扱いを受ける事はないそうです。

それに、20代前半で最も需要があるのは、実は社会人2年目の社員ですからね!

なぜなら、最低1年は仕事をしていますから、一通りのビジネスマナーを兼ね備えており、新入社員のような教育は必要ありません。

それでいて、下手に3年とか勤めていないので、前職のカラーが染み付いておらず、新しい職場に馴染みやすいという利点もあります。

つまり、若手を採用したいと考える企業にとっては、社会人2年目はいいとこ取りが出来る人材ですから、めちゃくちゃ市場価値が高いのです。

キャリアチェンジを考えているのであれば、このタイミングを逃すのは勿体ないですよ!

第二新卒で未経験業種に転職したい人はヒューマンスキルをアピールしよう

一旦営業という色をつけてしまえば、未経験業種に転職するのは難しいです。

しかし、第二新卒採用だけはその例外で、未経験業種への転職であっても、若さを評価して、ポテンシャル採用してもらえます。

ただ、営業しか経験がない人からすれば、面接でどう自分を売り込んでいいか分からないですよね。

そんな時は、どんな仕事でも共通して求められるスキルをアピールしましょう。

狭い意味ではコミニケーション能力などですが、もう少し範囲を広げて、あなたの人間力、すなわちヒューマンスキルを売りにするのです。

いいですか、会社というのは人間の集まる組織です。

組織人として仕事をしていく上では、テクニカルな仕事のスキル以上に、あなたの人間力が重要になってきます。

どれだけ仕事が出来る人でも、「この人と一緒に働きたくないな」と思われてしまっては、会社から見てお荷物扱いされるのが組織の特徴です。

であれば、面接官の人には、自分と一緒に働きたいと思ってもらうことがポイントです。

第二新卒でも同業種転職をする人がいますが、そういった人達にスキルや経験では勝てません。

しかし、人として共感できる部分があったり、仕事に対する意欲が感じられたりすれば、経験者を差し置いて、未経験者が採用されることは普通にあります。

第二新卒の面接では、とにかく人間味を見せるのが鍵で、あなたの人となりを評価してもらうように心掛けましょう。

人となりがきちんと評価されれば、営業から異業種に転職するハードルが、一気に下がりますよ!

社会人2年目で営業を辞めたい人はプロの転職エージェントに相談してみよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

▼あなた向き関連記事!管理部門(総務・経理・人事)の転職に強いおすすめエージェント8選!▼

あわせて読みたい
【総務・人事・経理】管理部門別おすすめ転職エージェント8選【比較済み】 総務・人事・経理などのいわゆる管理部門(バックオフィス)の職種に絞って転職を考える時、どんな転職エージェントを選んでいいか悩...

▼あなた向き関連記事!経理職に強いおすすめ転職エージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】経理職におすすめ転職エージェントランキング!会計職経験者が選んだ結論 経理職で転職を考えた時、どの転職エージェントを使って就活すべきか悩みますよね... しかし転職エージェントは数が多く、どのエージェン...

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】女性におすすめ人気転職エージェントランキング! 女性が転職を考えるのであれば、女性の気持ちに寄り添ってくれる転職エージェントを使いたいですよね? 「〇〇業界は女性のキャリアアッ...