短期離職

新卒入社2ヶ月で退職を考える君へ。転職で巻き返せると伝えたい!

 

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

入社して1ヶ月は何とか耐えたけど、2ヶ月目はもう無理限界。

新卒で入社した会社を2ヶ月で退職したらどうなるんだろう...

学生時代にそれなりに頑張って入った会社であっても、

「自分の性格と社風が全く合わない」

「残業代ゼロで超勤させられ続ける搾取には耐えられない」

「ノルマが尋常じゃなく精神的に耐えられない」

といった様々な理由から、何とか1ヶ月目は死ぬ気で耐え抜いても、2ヶ月目でいよいよ限界を感じている新入社員の方は多いのではないでしょうか?

しかし、入社してたった2ヶ月しか経っていないのにスピード退職となると、さすがに不安しかないですよね...

自分の人生が絶望的に感じてしまう人もたくさんいるでしょう。

ただ、ここで自分を追い込んで無理をしてはいけません。

なぜなら今は最も精神的に不安定なタイミングでもあり、一歩間違えばうつ病を発症してしまう可能性だってあるからです。

もし鬱病にでもなろうものなら、正社員としては再起不能になってしまうかもしれません!

たった2ヶ月で弱音を吐くな。

最低でもまずは1年!

という声が周りから聞こえてくるかもしれませんが、「もう限界。一刻も早くこの会社から脱獄したい」という心の声を押し殺すような事はダメです。

まずは自分の本音に嘘をつかず向き合い、今どうする事が最適解なのかを考えていく必要があります。

そこで今回は、入社2ヶ月で会社を辞めたいと思ってしまった時の対処法に加え、いざ転職を考える場合のポイント&注意点をお伝えしていきます。

最初に言っておきますが、仮に入社2ヶ月で退職という事になっても、ちゃんと転職して人生をやり直す事は可能です。

どうか顔を上げて読んでみてください!

※短期離職というハンデを乗り越えて転職する場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

特に最大手のリクルートエージェントは便利で、コンサルタントが直接あなたを企業に推薦してくれます。

結果的に書類通過率がグッと跳ね上がり、面接も突破しやすくなります。

短期離職というバックグラウンドだって、全く気にならなくなります。

リクルートエージェントを活用する事で、転職成功率がグッと上がりますよ!

関連:【評判口コミ】リクルートエージェントで転職はダメ失敗?成功率をグッと上げる方法

リクルートエージェントの利用ですが、転職の意思が100%決まっていなくとも、とりあえず相談だけという目的でもOKです。

エージェントに相談する事で、

「今の自分でも〇〇会社に転職出来るんだ!」

「やっぱり今の職場が異常におかしいんだ...」

「なんだ、会社なんて辞めても何とかなるじゃん!」

と現状を客観的に分析出来ると同時に、転職という選択肢が"具体的なモノ"として感じられます。

軽く相談するだけでも、心のモヤモヤがスッと取れますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

入社2ヶ月目で退職したいと思ったら狭くなった視界を一度広げてみよう

まず、入社2ヶ月目ですでに限界を感じ、退職して転職したいと考えているあなたに伝えたい事があります。

それは、「狭くなった視界を一度広げてみた方がいいよ」という事です。

おそらく今あなたの目の前には会社しか見えていないのではないでしょうか?

「辛いけどここで今の会社を辞めたら人生詰む」

「何とかしてあと数ヶ月は耐えて少しでも職歴を稼ぎたい」

「ここで脱落してフリーター?人生のレールから外れたくない」

このような様々な感情が入り混じって、強引にでも今の会社を自分の居場所と思い込もうとしていますよね。

でも、こうやって視野を狭くして自分を追い込んでいくと、どんどん自分を見失っていきますよ。

いいですか、「辞められない」という檻の中に閉じ込められたら、どんな人間でも必ず自分に嘘をついてしまうものです。

例えば、自分のノルマや利益のために「本当はいい商品じゃないんだけど...」と内心思いながら顧客にセールスをし続けるパターン。

これは、人生やキャリアを人質に取られたサラリーマンが、自分の心を殺していく瞬間です。

あわせて読みたい
自社製品を売りたくない!売りたくないものを売ると心が腐敗するよ。 メーカーの営業や金融商品の営業など様々な営業職がありますが、自社製品に自信を持てずに悩む人は多いです。 本心では売りたくな...

今のあなたは、「辞める」という選択肢を強引に頭から消し去ろうと、あの手この手で自分を説得しようとしているかもしれません。

しかし、そうやって自分の心を騙し続ける人生を送っていると、本当に惨めな人間になってしまいますよ!

だからこそあなたに強く伝えたいのは、「そこにしか自分の居場所がないなんて思っちゃダメ」という事なのです。




入社2ヶ月目で退職を考えた人は「とりあえずあと1ヶ月」なんて考えなくていい

入社2ヶ月目になり、会社にいく事が地獄のように感じてくると、ほとんどの若手社員は「とりあえずあと1ヶ月は頑張ってみよう」と無理矢理自分を説得しようとします。

しかし断言します。

絶対にこの思考パターンに陥ってはダメです。

なぜなら、その目標にはゴールがあるように見えて、全くゴールがないからです。

確かに1ヶ月間耐えるという目標はあります。

しかし、耐えた後の未来が全くイメージできていないですよね。

そもそも人間は、何のメリットも見えない事に対して本気にはなれません。

それどころか、途中の一週間目ぐらいから「無理そう」と感じ始めると、強い自己否定をしてしまうリスクすらあります。

こうやってどんどん自分の心を追い込むだけなので、「後何ヶ月耐えよう!」といった目標だけは立てないでください。

それに、仮にあと1ヶ月耐えて職歴を3ヶ月に引き伸ばしたところで、転職活動において有利不利なんてそんなに変わらないですよ。

これは職歴半年でも同じ事です。

であれば、どうせ短期離職は短期離職だと割り切って、「どうしたら短期離職というハンデを背負って転職で勝てるか?」と前向きに考えたほうがいいです。

少なくとも「あと◯か月耐えよう。」みたいな後ろ向きな目標はいらないです。




入社2ヶ月で退職したとしても転職面接でフォローは出来るから安心してOK

最後に前向きなアドバイスを1つ。

おそらくあなたは、仮に入社して2ヶ月で会社を辞めたら、もう二度と正社員として再起する事は不可能ではないのか?と不安に感じていると思います。

しかし安心してください。

「短期間の退職理由の説明方法!転職面接でウケがいい伝え方はこれです。」で解説した通り、短期離職というハンデを背負っていても、退職理由さえ筋道立てて説明すれば、転職はちゃんとできます。

退職理由の説明ポイントですが、「反省の気持ち&改善していく意思」です。

例えば、

前職を選ぶ際は、学生時代に就活を一瞬でも早く終わらせたいという一心でした。

結果的に「自分が本当にやりたかったことは何か」といった広い意味での仕事観を持つことが出来ていませんでした。

もっと自己分析をしておけば..もっと業界研究をしておけば..と今になって悔やむことがあります。

しかし、全て自分自身の甘さが招いた結果だと考えています。

と反省の前置きをきちんと入れた上で、失敗を活かし次のキャリアではどう成長していくのかをPRするのです。

面接官も血の通った人間です。

若い人材が就活でミスマッチを起こす事ぐらい分かってくれますよ。

それに、今の企業は若い人材を強く求めています。

仮に短期離職の過去があったとしても、今後一緒に働きたいと思える人材であればちゃんと起用してもらえますよ!

企業が面接で見ているのは何も過去だけではなく、あなたの将来性も合わせて見ている事を忘れないでください。




入社2ヶ月で退職した場合の転職活動のノウハウはプロに相談しよう

入社2ヶ月という短い期間であっても、ぶっちゃけ嫌なものは嫌だというのが今の本音だと思います。

色んな意見があって、「最低でも1年は続けろ」と言って来る人もいるかもしれないですが、あなたにその1年って本当に生きている心地しない1年になるのは間違いないですよ。

毎日時計を見ながら「早く時間過ぎてくれ〜」って長い長いカウントダウンをする人生って意味ないですよ。

人生の消化試合なんて絶対にしちゃいけない。

 

そこで現段階で言いたいことは、今すぐ転職活動を始めるべきだとうことです。

あっ、ここで言う転職活動とは何も「転職面接をガンガン受けろ」という意味ではないです。

いつでも辞めれるように、少しでも早く辞められるように転職の準備を始めるのだって立派な転職活動です。

なお、新卒1年目が転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

転職エージェントは、まずはユーザーの悩みを聞くところからサポートしてくれますし、「あと2ヶ月耐えると求人はこれだけ増えるよ!」といったアドバイスだってしてくれます。

仮にもう少し耐える道を選ぶ場合でも、耐える目的がはっきりしたさせることが出来るので、モチベーションを維持することだって出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも最大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

もっとも知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

▼あなた向けの関連記事!第二新卒の転職にオススメの転職エージェント一覧▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
ミイダスは嘘ばかりで使えない?評判&口コミを紐解いて見えた真実 「ミイダス」は自分の適正年収を一発で炙り出してくれる、市場価値測定ツールです。 しかし利用者の中には、 「ミイダスで判定さ...

p.p.s

以下では第二新卒向きのコラム記事を記載しています。

▼あなた向けの関連記事!第二新卒の転職に関する全知識を紹介しています▼

あわせて読みたい
元人事が語る第二新卒の転職活動の進め方・やり方!失敗しないための全知識「新卒で入社したものの、やっぱり合わないこの会社...」 「第二新卒で転職したいけど、やり方がサッパリ...」 今後の自分のキャ...

▼あなた向けの関連記事!第二新卒で転職するのが正解かどうか悩んでいる人へ▼

あわせて読みたい
第二新卒で転職するか迷いがあるなら辞めておけ!大失敗する人の特徴を教える 新卒で入社した会社が合わないな...と思った時、頭の中をよぎるのが、第二新卒での転職です。 昔は最低でも3年は勤めないと転職が難し...

▼あなた向けの関連記事!第二新卒で転職してキャリアアップする方法はこちら▼

あわせて読みたい
第二新卒でキャリアアップ転職するための全知識!キャリアを上げる方法を教える 新卒で正社員として無事就職するも、今のキャリアのまま進む事が正しいのか、疑問に感じながら働いている人は多いです。 経団連やトヨタ自...