女性の転職

26歳女性の転職活動は希望条件&市場価値の分析が鍵!面接では「苦労話」も混ぜてOK

女性にとって26歳という年齢は、プライベートと仕事の両側面について深く考える年頃ではないでしょうか?

四捨五入すれば30歳というアラサーゾーンですし、結婚を意識した時にキャリアを変えるなら今しかないのではないか?と焦りを覚える年頃ですよね。

30歳を超えてくると、いざキャリアチェンジをしようと思っても腰が重たくなりますし、受け入れてもらえる企業の数もガクンと下がってくるので、20代である今のウチに足場を固めておくのがいいでしょう。

しかし、転職したいけど中々踏ん切りがつかない!という人も多いと思うので、今回の記事では26歳からの女性のキャリア戦略について書いていこうと思います。

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】女性におすすめ人気転職エージェントランキング! 女性が転職を考えるのであれば、女性の気持ちに寄り添ってくれる転職エージェントを使いたいですよね? 「〇〇業界は女性のキャリアアッ...

26歳女性の転職は希望条件と市場価値の分析から始めよう!

まず26歳女性が転職を考えた時に絶対にチェックして欲しいポイントが2つあります。

それが「希望条件」「市場価値」の確認です。

どういった理由であれ、あなたが転職を考えているということは新卒で入社した会社とのミスマッチがあったわけなので、転職する際には絶対に希望条件をピンポイントで明白にしましょう。

「絶対に土日が休みじゃないとダメ」
「出産後も復職がしやすい職場じゃなきゃダメ」
「給料は下がってもいいからホワイトがいい」
「ノルマに追われる営業はもうNG」

こんな風に、給料面・待遇などをメインにしてもいいですし、やりたい仕事があるのなら業界や業種で軸を決めてもOKです。

20代で転職活動をする時はこの希望条件が実は最も重要で、この軸がないと色んな求人に目移りしてしまい、手当たり次第面接を受けていくことになってしまいます。

そうすると職務経歴書を何パターンも作ななければいけなくなりますし、面接ごとに話す内容がバラバラになり、一貫性が失われてしまう結果、内定出来る確率がガクンと下がってしまいますよ!

求人選びでは、

「ここは給料はいいけど土日休みじゃないから100%却下」
「この会社は福利厚生はいいけど、結局営業の仕事しか出来なさそうなのでパスで」

みたいな感じで、自分の中の基準を明白にして仕分けしていくスキルが大事です。

また、希望条件とセットで考えておくべきがあなたの「市場価値」です。

今回は新卒の就活ではないので、若さと期待値だけで猛プッシュすることは出来ません。

26歳までの3年以上のキャリアの中で自分が身につけてきたスキルをよーく思い出し、新卒では決して出来ないアピールで臨まないと当たり負けしてしまいます!

「えっ、そんなこと言われも特にPRすることないんだけど...」と思うことなかれ。

少なくとも3年以上仕事をやってきていれば、何のスキルも身についていないなんてことは絶対にないです。

専門性が要らない営業の仕事であったとしても、例えばノルマを達成するために自分なりにどう工夫してきたのかを面接官に分かりやすく伝えるだけでもいいのです。

「ノルマが前倒しで達成出来た時こそ気を抜かずに来月、再来月のための"種まき"を徹底してきた。」
「成約数はアポイント数に密接に関係することが分かったので、伸びない月こそアポにはこだわるようにした。」

こんな感じで「自分なりにどう工夫したのか」「仮説を立てながら頭を使って動いてきた」という部分を面接官にアピールするだけでもOKです。新卒にこれは出来ないです!

26歳女性が転職面接を突破したいなら「苦労話」をあえてすべし


また面接でのコツですが、もうひとつアドバイスを。

それは、ある程度仕事の「苦労話」をして面接官に自分のバックグラウンドを伝え人間味を見せるという事です。

26歳という年齢ですから、会社で酸いも甘いも経験してきているわけなので、辛かった事も包み隠さず話して、社会人同士の「共感」を上手く作り出すのも大事です。

「どうしても売り上げ達成が出来ない月があって、悔しくて初めて一人酒を経験した事もあります...」ぐらいの小ネタを上手く混ぜ、面接官の「あるある、そういう事!」みたいな人間らしい感情に訴えるのです。

この子は正直に辛かった事も話すしいい子何だろうな〜と思わせればこっちのもの。笑

女性の面接はゴリゴリのロジックで押さずに、一歩下がったところからシレッと面接官の心に入り込むのが大事なのです。

26歳女性の転職では資格よりも実務経験をPRする

次に、転職の際の資格の有無や有利不利の話ですが、結論資格なんてなくてOKです。別に不利でもありません。

そもそも26歳という年齢であれば、資格よりも貴重な実戦経験の方を見て採用・不採用が決まります。

資格というプチアイテムではなく、経験という固い鎧を纏って面接に臨む事の方が100倍大事だと思ってください。

あわせて読みたい
キャリアに焦って資格を取り出す女性に貧乏人が多い理由。大事なのは転職活動で勝てる女子力です! 男性の年収が激減している昨今、例え女性であっても経済力やキャリアが求められる時代になってきました。 そこで資格を取得しておき、少し...

26歳女性が転職を成功させる極意は「スピード感」

20代中盤になり社会人経験が長くなると、せっかく転職するんだったら自分の望む条件を全て満たす会社じゃないと絶対に嫌!と考えて、結局転職時期が遅れてそのまま三十路に...という負けパターンになる人が多いです。

いいですか、もしあなたが転職で絶対に後悔したくないと思っているのであれば、大事なのは入念な下調べではなく「スピード感」の方です。

そもそも転職というのは、先延ばしにすればするほど成功確率が下がるという法則があります。

時を重ねれば重ねるほど、「後でいいや」「今日は面倒くさいし気分が乗らない」と自分で正当化するロジックを作って、行動しないようになっていくからです。

ただ、この思考のままダラダラ時間を過ごしても年齢は待ってくれないので、30まであっという間に時間がすぎ、気づいた頃には転職市場での価値がガクンと落ちていた...なんて事になりかねません。

先述した通り、まずは自分の希望条件に優先順位をつけ、希望する業界に当たりをつけた段階で、サクッと転職活動をしてしまう行動力が成功と失敗を大きく分けるポイントですよ!

もし「自分の中でどう優先順位をつけていいかよく分からない」「女性が働きやすい業界がどこか分からない」と思うのであれば、転職エージェントに相談して、一緒に自分の希望を掘り下げていくなど工夫をしましょう。

26歳女性の転職活動では転職エージェントを上手く使おう!


26歳で転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】女性におすすめ人気転職エージェントランキング! 女性が転職を考えるのであれば、女性の気持ちに寄り添ってくれる転職エージェントを使いたいですよね? 「〇〇業界は女性のキャリアアッ...