第二新卒

24歳の転職は未経験&異業種も余裕!面接は経験値より期待値で勝負すべき理由

社会人経験もいよいよ1年以上になり、会社の事や自分の将来像など入社1年目の時には見えてこなかった事が見え出すこの時期、誰もが1度は自身のキャリアについて考え直すタイミングがあるのではないでしょうか?

古典的な言い伝えである「最低でも3年」はもはや死語になり、第二新卒制度が整ってきている昨今、24歳という年齢は未経験や異業種にも余裕で転職ができるボーナスタイムのような扱いになってきていますよね。

しかし、そんなボーナスタイムでもある24歳ですが、転職を考える全ての人間がホワイト企業や優良企業にバコバコ転職できるかと言われるとそんな事は決してありません。

第二新卒という若手を狙っている悪質なブラック企業が多いのも事実で、あの手この手の求人詐欺を用いながら希望のある若者を地獄に引きずり込もうとしている悪魔の存在を無視してはいけませんよ。

転職活動をしてみるも、中々決まらず妥協した結果ブラックだった...なんて最悪な事態は十分想定できるからです。

そこで今回は、24歳で転職を考える人が転職に失敗しないように、「どのような視点でキャリアを見つめ直すべきか?」「実際の転職活動をどう乗り切るべきか?」という事を解説していきます!

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

24歳の転職は第二新卒としてはベストな時期!未経験・&異業種へのキャリアチェンジも余裕

まず、24歳という年齢での転職ですが、扱い的には「第二新卒」と呼ばれる括りに分類されます。

そして、24歳というのは意外にも企業が最も欲しがっている年齢層なのです。

社会人経験を最低でも1年は積んでビジネスマナーがある一方で、1つの会社で3年以上勤めているわけではないので、まだ組織のカラーに染まりきっておらず、柔軟性のある若者だからです。

新卒だと未熟だけど、入社3年以上だと前職の価値観が染み付いているのでちょっと...と考える企業からすると両者の丁度中間地点に存在する人材はかなり"熱い"のです。

また、第二新卒という呼び方からも分かるように、中途であるものの事実上は新卒扱いのようなものなので、未経験業種や異業種に応募できるチャンスがゴロゴロと転がっているのも最大の特徴です。

変に3年以上勤めてしまうと、前職の経験を使った転職が王道のやり方になり、大きなキャリアチェンジがしづらくなるのがデメリットですが、24歳という年齢あれば、全然違った領域へのチャレンジができるのです。

24歳で転職するのに公務員はありか?

ちなみに、24歳という若さであれば公務員への転職という選択肢もありますね。

民間がとにかく肌に合わず、一切利益を追求しない真逆の位置にいる公務員に環境を移してみるというのも1つの考え方です。

ただし民間転職と違い、公務員になるためには過酷な公務員試験の勉強をこなさなければいけないの最大のネックです。

公務員を目指す人は最低でも半年〜1年は専門の予備校に通って勉強詰めの日々を送ることになるので、在職中に独学で勉強して公務員を目指すことは現実的ではありません。

かといって退職して公務員試験に専念しても絶対受かるという保証もないので、最悪のケースでは公務員試験浪人という負け組ルートに突入するリスクも考えておかないと後悔することになります。

そして仮に公務員になれたとしても、今まで以上に給料がガクンと下がってしまうので、「お金厳しい。やっぱり民間にしておくべきだった。」と後々後悔しないよう、十分に自分の価値観の優先順位をつけておくことが大事です。

24歳で転職したい人は資格に逃げてはダメ

24歳で転職という選択肢を考えるものの、いざ転職活動に踏み出すのにはエネルギーが必要なこと&短い職歴で転職できるか不安という2つの感情から、現状維持を選択してしまう人も多いです。

本当は辞めたいと思ってはいるものの、現実的に何かアクションを起こせないという人は決して少なくありません。

しかしそれでも何かはしていないと不安なので、「とりあえず資格でもとって少しでも転職活動が有利になるよう準備しておくか」と考える人が現れます。

特に目的もなく簿記や証券アナリストなどの資格講座に申し込んじゃう人の誕生ですね。

でもこれは最悪の一手、悪手です。

そもそも仕事しながら片手間で入手できる資格なんて、転職市場ではクソほどの評価もされません。

元人事の経験がある私から見れば、「あっ、この子は自分で何をやりたいか分からなくなってとりあえず資格に逃げたな。」と思うだけで、プラス評価どころかむしろネガティブな印象にも繋がりかねません。

こんな意味もない資格取得に時間を消耗していると、24歳という時限付きの資格を失うことになるので、物事の優先順位を正しくつけてくださいね!

特に女性の方で資格取得に躍起になる人が多いので要注意です。

あわせて読みたい
キャリアに焦って資格を取り出す女性に貧乏人が多い理由。大事なのは転職活動で勝てる女子力です! 男性の年収が激減している昨今、例え女性であっても経済力やキャリアが求められる時代になってきました。 そこで資格を取得しておき、少し...

24歳での転職を成功させるために必要なポイント2つ

年齢的には第二新卒でありちょうどいいお年頃という地の利を得ている24歳ですが、転職活動でコケれば人生は好転するどころかむしろ転落するリスクもあります。

そこで、あなたが24歳という年齢で転職活動を行うのであれば、どのような視点で企業を選び、転職面接ではどのように自分を売り込んでいけばいいかを解説します。

ホワイト企業や優良企業に入るためのコツですし、ブラックに捕まらないためのコツでもあるので超重要ですよ!

①前職よりマシという消極的な気持ちも大事

これから初めて転職活動を行う人で一番よくあるミスは、とにかく転職先に期待をかけすぎるということです。

・年収は今より最低でも50万はアップ
・年間休日は120日はマスト
・残業代は1分たりとも未払いにしない会社
・手に職がつけられるような市場価値の高い仕事
・若手の意見を積極的に取り入れていく会社
・家賃補助や育児制度は絶対
・やりたい仕事をどんどんやらせてくれる社風

などなど...

おそらく初めての転職ということもあり、絶対に失敗したくないという気持ちがこのような高望みを生んでしまうのでしょうが、こんなことをやっていては確実に転職できません。

いいですか、覚えておいて欲しいのは今の環境を全てガラッと好転させてくれるようなバラ色の転職なんてのは存在しないということです。

転職というのは所詮チューニングのようなものです。

例えば給料を取るなら休みは減るし残業は増える、労働環境を取れば給料は下がる。

つまり、自分の中で「これだけは絶対に譲れない」という重要ポイントをまずは1個だけ決めて、そこにフォーカスして会社を探してください。

この視点がないと、「20代で年収2,000万も可能!」といった情報商材も真っ青になるような詐欺求人にまんまと引っかかってしまい、人生積みます。

②面接でPRすべきは経験値ではなく期待値

次に面接での自分の売り込み方についての注意点です。

24歳で社会人経験が1年ある人のPRでよくありがちなのは、自分の1年の職歴に無理矢理価値をつけて盛った話をしてしまうことです。

しかし面接官から見れば、たかが1年程度の社会人経験を積んだだけの若造に経験値が大してないことなどバレバレです。

いいですか、経験値を使って自分を売り込んでいく手法は、最低でも3年以上のキャリアを積んできた人に許される技です。

では24歳の人材は何を武器にして面接を戦うべきか?

それは「期待値」です。

期待値の見せ方は色々ありますが、一番教科書的なやり方は就活でミスマッチを起こしてしまった学生時代の自己分析の甘さを素直に認め、一社目の失敗から学んだこと活かし、次のキャリアを考え直しているという姿勢を見せることです。

「ミス→反省→改善」というフローで考えられる人間であることは、仕事をしていく上でも重要な能力であるため、そこに期待値を感じてもらえるのです。

これは面接で退職理由を聞かれるたタイミングで志望動機と絡めて面接官に説明するのがポイントです。

なお、面接官を思わず納得させてしまうような退職理由の具体例については下記の記事で解説しているので、参考までに読んでみてください。

あわせて読みたい
短期間の退職理由の説明方法!転職面接でウケがいい伝え方はこれです。 入社して1年目の方の中には、すでに会社とのミスマッチを感じて、次のキャリアを考えている人も多いと思います。 しかし、転職に...

24歳の転職活動をスムーズに進めるためにも転職エージェントの手を借りよう!

24歳の第二新卒が転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

・リクルートエージェントの公式サイト


リクルートエージェントは業界でも最大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

もっとも知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

『リクルートエージェント』登録はこちら【3分で登録完了】

また、今すぐに転職するつもりはないけど、「この会社で一生働くのは無理!」「30までには絶対転職したい!」などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトには登録しておくべきですよ!

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

転職サイトも多数ありますが、やはり取り扱いが多いリクルート系の「リクナビNEXT」がおすすめです。(※リクルートエージェントに登録すれば、ば、リクナビNEXTの求人サイトも閲覧できるようになります。)

・リクナビNEXTの公式サイト


▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...