既卒者の就活

24歳職歴なしの大卒が正社員に就職する方法!コツは志望動機にフォーカスすることです

新卒カードを手放し、一旦大学を卒業してしまった既卒者は、就活市場においてはどうしても不利になります。

新卒の時は周囲の友達と情報交換も出来ますし、企業も一斉に募集をかけている時期なので、就活生にとってこれほど恵まれた環境はありません。

しかし、一旦既卒になってしまえば全て自分1人で就職活動をしなければなりません。

・今の時期にどんな企業が募集をかけているのかを調べる
・既卒者であっても応募を受け付けてくれる企業を調べる
・第二新卒扱いしてくれそうか調べる

このように全て自分でサーチして、主体的に就活をしなければならない上、新卒で就職しなかった理由を突っ込まれやすいハンデがありますよね。

ただ、既卒者の就活には、既卒者向けの戦術があるので安心あれ。

今回の記事では、24歳職歴なしの大卒(既卒)であっても優良企業に潜り込む就活術に加え、既卒者が面接で上手く自分をアピールするコツを紹介していきます。

24歳職歴なしの大卒(既卒)はバイトのコスパの悪さをまず知るべし

就職先が決まらぬまま大学を卒業し、ダラダラとバイト生活をしてきた結果、気付けば24歳になっていたという既卒者は意外と少なくありません。

既卒1年目でサクッと就職出来ず、フリーター期間を長引かせてしまう事は珍しいわけではありません。

しかし、フリーターでくすぶっている人は、いかに今の環境のコスパが悪いか再認識するところから始めましょう!

はっきり言いますが、フリーターとはどこまで言っても搾取される存在であり、会社側から見れば完全な消耗品にすぎません。

経歴を重ねても大して時給を上げずにこき使うことも出来るし、いらないと思えば経営者の一存でポイ捨て出来るのがフリーターです。

それに、フリーターの職歴というのは、積み重ねれば積み重ねるほど損をしていくのが日本社会です。

『フリーター歴が長い=クズの証明』

残念ですが、日本という国ではフリーターは労働階級の最下層に位置します。

正社員であれば職歴を重ねれば重ねるだけキャリアが磨かれ、いざ転職しようとした時にも強力な武器になりますが、フリーターはやればやるほど就職から遠のいてしまいますよね。

それでいて「雇用が不安定」「低賃金」というダブルパンチなわけなので、どう考えてもコスパの悪いポジションなのです!

この壊滅的な状況を打開するためにも、一刻も早く正社員を目指して行動しなければならないのです。

24歳職歴なしの大卒(既卒)は中小企業のホワイトメーカーに潜り込め!

一旦既卒者になってしまうと、中々大手企業に潜り込むチャンスはありません。

これは新卒カードを使いそびれてしまった弊害として割り切るしかありませんよね。

しかし、既卒者はブラック企業に就職するしか道がないのか?と言われれば答えはNO

なぜならば、新卒採用ではあまり人気がないけれど、完全にホワイトな企業が既卒者を求めて必死に採用活動をしているからです。

例えば有名なのが中小企業のメーカーです。

中小企業のメーカーは新卒の学生にはあまり知られていないので、業績は安定している&給料もそこそこ&福利厚生は割といいのにも関わらず、中々人材が集まらずに困り果てています。

ここに既卒者の就活の突破口があります。

正直会社側からすれば、新卒も既卒も、年齢的に大差がありませんから『これからに期待できる待望の人材』として同様の評価です。

中小のメーカーは、新卒採用時に内定を出しても蹴られまくり、とにかく採用難で頭を抱えています。

しかし、既卒者は内定を出してから辞退されずらい上、新卒採用で不足した人材の穴埋めをするには持ってこいであるため、実はお互いにとって良好な関係を築けるパートーナになりえます。

それに、中小のメーカーはあなたにとってのメリットも大きいですよ!

・基本は土日休みのカレンダー通りの勤務体系
・有給なども取りやすく、年間休日も多い
・個人営業ではなく法人営業が中心で仕事が楽
・業績が安定しやすく、ボーナスもきちんと出る

このように、ほとんどの就活生が望んでいる条件が揃っているのです。

それでいて知名度がないことが幸いして、強力なライバルが集まってこないため、少しでも抜きん出ればサクッと内定が取れるブルーオーシャン市場なんですよ!

ただ、これらの優良企業も、年齢を重ねてしまえば採用されずらくなってしまいます。

24歳という若さがあるのであれば、早いうちに潜り込んでおかないと、来年には席がなくなってしまいますよ!

穴場企業に潜り込みたい気持ちが少しでもあるのなら、モタモタせずに、いち早く行動に移せるかどうかが勝負の分かれ道になります。

24歳職歴なしの大卒(既卒)は志望動機で差をつけるのが得策

24歳職歴なしの大卒となれば、いかにして面接で自分を売り込めるかが重要なポイントになってきます。

ただ、職歴がないとなれば自己PRをガンガンするというのは正直しんどいです。

・学生時代のエピーソード
・アルバイト経験から学んだこと

確かに絞り出せばPR出来ないこともないですが、やはり人生経験の浅さは隠せないので、どうしてもパンチ力の弱いPRになってしまいます。

そこで、既卒者の就活でライバルとグッと差をつけたければ、『志望動機』にフォーカスするといいでしょう。

というのも、若い人で面接を受けに来る人で多いパターンが、「面接に来たものの、会社のことをよく分かっていない」というケースです。

面接官もそんなことはよく知っているので、面接試験の中で業務内容の把握度に対して必ずジャブを打って来ます。

例えば、

「ウチの〇〇という商品なんだけど、あなただったらどうやって営業する?」

みたいな、商品をある程度把握していなければ答えようのない質問です。

事前にきっちり情報収集しておけば答えられる質問ですが、ロクに調べもしていないと返答に困りますよね。

要するにここで本気度が見られるわけですが、既卒者の場合は熱意を証明するためにも、志望動機を聞かれた段階で、きちんと調べて来ていることを自分からアピールするといいでしょう。

『私は御社で〇〇の営業をしたいと考えており、自分であれば△△といったやり方も取り入れて販売につなげていきたいとも思っています!』

ぐらいの感じで、聞かれるまでもなく、きちんと会社の業務を把握していることをビシッと伝えるのです!

こうすれば面接官も、「この子は本気でウチの会社に興味があるんだな。これなら内定を出しても蹴られる心配もなさそうだ。」とホッとした気持ちで採用を決めることが出来ます。

自己PRが弱くなりがちなら、志望動機の伝え方で本気度を見せるのは効果的な対策なので試してみるといでしょう。

ただ、このような志望動機を練ろうとすれば、それなりに受ける会社のことをサーチするスキルが必要になります。

しかし就活生が業界・業種のことを自分で調べるには、限界があるのもまた事実です。

そこでオススメなのが、就職をサポートしてくれるプロのエージェントに相談して、受ける会社の特徴や商材の特徴などを予め教えてもらうやり方です。

エージェントはプロなので、自社で抱えている求人については精通しており、過去にどのような人材が採用されているかというデータも持っているので、就職活動を効率よく進めていくことも出来ますよ!

24歳職歴なしの大卒(既卒)が正社員就職したいならプロに相談を!

正社員として就職をしたいと考えるのであれば、就活のサポートを行ってくれる「転職エージェント」を積極的に使っていきましょう。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

既卒者である場合でも"転職"という扱いで対応してくれるので強い味方になります。

転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に就活をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての就活で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「既卒、無職からの就職で職歴に自信がない」

「ブラック企業は嫌。長く安心して働ける企業を紹介して欲しい。」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「正社員として就職出来るという自信」も持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『DODA(デューダ)』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!