短期離職

新卒入社11ヶ月で退職して転職したい!悩むより行動した方がお得です

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

入社して11ヶ月目で辞めたいと感じた人が100%考えるのが、「あと1ヶ月耐えれば1年だ!」という事です。

しかし、いざ1ヶ月先をイメージしてみると、『まだ地獄が1ヶ月も続くのか...』と絶望的な気分になってしまいますよね。

そもそもこれまでの11ヶ月の道のりも長く険しく、様々な葛藤を抱えながら時間を過ごしてきたはずです。

「入社前のイメージと全く違った」

「毎朝起きて仕事に行くのが苦痛でしかなかった」

「職場の人間関係もいよいよ限界」

「仕事の重圧で押し潰されそう」

複雑な感情を整理しながら今まで耐えたものの、どうしても11ヶ月目で限界を感じてしまったという事でしょう。

今回の記事では、『残り1ヶ月耐えれば1年間という区切りを向かえられるけど辞めたい!』と考えている人に向けて、短期離職になった場合の転職ノウハウをお伝えして行きます。

※短期離職というハンデを乗り越えて転職する場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

特に最大手のリクルートエージェントは便利で、コンサルタントが直接あなたを企業に推薦してくれます。

結果的に書類通過率がグッと跳ね上がり、面接も突破しやすくなります。

短期離職というバックグラウンドだって、全く気にならなくなります。

リクルートエージェントを活用する事で、転職成功率がグッと上がりますよ!

関連:【評判口コミ】リクルートエージェントで転職はダメ失敗?成功率をグッと上げる方法

リクルートエージェントの利用ですが、転職の意思が100%決まっていなくとも、とりあえず相談だけという目的でもOKです。

エージェントに相談する事で、

「今の自分でも〇〇会社に転職出来るんだ!」

「やっぱり今の職場が異常におかしいんだ...」

「なんだ、会社なんて辞めても何とかなるじゃん!」

と現状を客観的に分析出来ると同時に、転職という選択肢が"具体的なモノ"として感じられます。

軽く相談するだけでも、心のモヤモヤがスッと取れますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

入社11ヶ月で退職するかあと1ヶ月粘るかの駆け引きの結論

入社11ヶ月目で会社を辞めたいと考えた時、あと1ヶ月粘って職歴1年を確保すべきかどうか悩む人は多いのは当たり前です。

というのも、1年間の職歴があれば「①失業保険が貰える、②退職金が貰える」というプレミア特典が受けられるからです。

仮に転職先が決まっていない状態で会社を辞め、思っていたよりも転職活動が長期化してしまった場合は、当面の金銭的な余裕がないと厳しい戦いになってしまいますからね。

そういった不安が大きいため、基本的には在職中に転職活動を開始しておき、「内定が決まった瞬間に退職届を叩きつけるor内定が決まっていなくとも1年経過したタイミングで辞める」というのが基本的な戦略なのは言うまでもありません。

しかし、これはあくまで机上の空論でもあります。

実際にブラック企業に捕まり、1日1日が地獄に感じている人にとっては、残り1ヶ月ですら耐える気力がないと言うケースは非常に多いのです。

『失業保険とか退職金とかお金の事はどうでもいいから、一刻も早く現状を変えたい』と考えるから悩んでいるわけですよね。

そこで、考え方としては「どうしても嫌ならゴチャゴチャ考えずに辞めてもOK」と言うのが最適解です。

と言うのも、仮にピタッと1年経過して退職したとしても、そこから転職活動が伸びまくったら結果は一緒ですからね。

逆に言えば今すぐ辞めたとしても、退職後は転職活動に専念して1ヶ月で次を見つければそれは結果オーライなのです。

結局の所、先の事はやってみないと分からないわけなので、不確実な未来をウジウジ考えていても仕方ありません。

それよりも大事なのは今です。

仮に地獄をあと1ヶ月耐える事を考え、その1ヶ月が精神的にも肉体的にも決定打になって体調を崩せば本末転倒です。

うつ病にでもなろうものなら、完治するのに1年以上かかるケースもあるので、それこそ取り返しのつかない事になるのです。

そんな絶望的な未来を呼び寄せるリスクを取るぐらいなら、スパッと辞めて健康的な状態で就活をするリスクを取ったほうがいいとも言えますよね!




入社11ヶ月で転職したい人は退職理由をきちんと掘り下げるべし

入社11ヶ月と言うタイミングで退職した場合、面接で最も突っ込まれやすいのが退職理由なのは言うまでもありません。

「どうして入社11ヶ月と言うタイミングで仕事を辞めたのか?」

採用担当者がシンプルに感じるこの疑問を綺麗に払拭してあげる必要があります。

ここで絶対にNGなのが、辞めた理由を言い訳ぽくネガティブに伝えてしまう事です。

「前職は給与体系がめちゃくちゃでサビ残の嵐。理不尽すぎました。」
「新人の私がこなせるわけもない業務量を強引に押し付けてきたから限界でした」

確かに辞めたいと思った以上理不尽な扱いがあったのは事実だと思いますが、ストレートにそんな事を言ってもダメです。

採用担当者からすれば、言い訳にしか聞こえないですし、会社の悪口を平気で話す人間だと評価せざるをえないです。

ではどうやって退職理由を説明するのが正解か?

基本的には以下の3つのステップで説明出来るようにしておきましょう。

「前職では本当に自分が描きたいキャリアを描けないという壁にぶつかってしまった(ミスマッチの事実)

「前職を選ぶ際には自己分析が弱く、本当にやりたい事を見極められていなかったのは全て自分の責任である(反省)

「キャリアプランを0から見つめ直し、やりたい事を実現できるのは御社だと思い面接に来た(改善)

このように、退職に至った経緯では自分の未熟さを反省している事をきちんと伝え、その上でやりたい事が面接を受けている企業にある事をビシッと伝えるのがコツです。

大事な事は、「入社11ヶ月で退職で辞めたのにはきちんと理由があることを相手に理解してもらえるように話す事」ですよ!




入社11ヶ月で転職する人は次の会社に求める希望条件をはっきりさせよう

入社11ヶ月で短期離職を考えたという事は、何かしらのミスマッチがあった事は言うまでもありません。

例えば、本当は体育会系の雰囲気が苦手だったのに、ゴリゴリの営業組織に入社して行き詰まってしまった...などなど。

なので、転職先で再びミスマッチを起こさないためにも、自分が会社に求める希望条件をきちんと整理しておく事が重要です。

給料が低すぎる事がどうしても無理だと感じたなら、成果に応じて給料が増える営業系の仕事に絞って就活をするもよし。

逆に給料が安くても、ゴリゴリの営業組織で消耗するのが嫌なら営業以外に絞って面接を受けるもよしです。

とにかく大事な事は、前職で感じたミスマッチの反省をきちんと踏まえ、現状を改善するための転職活動を心がけるという事です。

「今の会社以外ならどこでもいい」なんて考えていると、またしてもブラックに捕まって今度こそ身動きが取れなくなってしまいますよ!

ただ、希望条件含め、ブラック企業に捕まらないようにするにはコツが必要です。

そこで、転職のプロであるエージェントに求人を紹介してもらうのが得策です。エージェントが厳選した求人であれば、ブラック企業を避ける事ができます。

入社11ヶ月目で転職を考える人はプロの力を借りよう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。


リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向けの関連記事!第二新卒の転職にオススメの転職エージェント一覧▼

あわせて読みたい
【人気7社比較】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング! 「第二新卒で転職を考えているけど、どの転職エージェントが自分に向いているんだろう?」 転職エージェントはとにかく数が多く、自分にピ...

▼あなた向けの関連記事!第二新卒の転職に関する全知識を紹介しています▼

あわせて読みたい
元人事が語る第二新卒の転職活動の進め方・やり方!失敗しないための全知識「新卒で入社したものの、やっぱり合わないこの会社...」 「第二新卒で転職したいけど、やり方がサッパリ...」 今後の自分のキャ...

▼あなた向けの関連記事!第二新卒で転職するのが正解かどうか悩んでいる人へ▼

あわせて読みたい
第二新卒で転職するか迷いがあるなら辞めておけ!大失敗する人の特徴を教える 新卒で入社した会社が合わないな...と思った時、頭の中をよぎるのが、第二新卒での転職です。 昔は最低でも3年は勤めないと転職が難し...

▼あなた向けの関連記事!第二新卒で転職してキャリアアップする方法はこちら▼

あわせて読みたい
第二新卒でキャリアアップ転職するための全知識!キャリアを上げる方法を教える 新卒で正社員として無事就職するも、今のキャリアのまま進む事が正しいのか、疑問に感じながら働いている人は多いです。 経団連やトヨタ自...