女性の転職

キャリアに焦って資格を取り出す女性に貧乏人が多い理由。大事なのは転職活動で勝てる女子力です!

サラリーマンの生涯年収がガタ落ちし、共働きが当たり前になってきた昨今、例え女性であっても経済力やキャリアが求められる時代になってきました。

そんな中、「スキルアップするなら資格でしょ!」「転職するならやっぱり資格がないと不安!」と考える女性の数が増え、まさに未曾有の資格競争時代に突入しているように思えます。

とにかく目に見える形で自己能力を証明するもの!ということで資格という肩書きを欲する欲求不満な女性が、近年急激なスピードで勢力を拡大してきているのです。

しかし、ここで残念なお知らせがあります。

それは「資格なんてとっても転職ではクソほどの役にも立たないよ」と言うことです。

なぜならば実際に実務で求められる能力と資格試験で求められる知識がマッチしていないのが現状だからです。

例えば簿記などは主婦でもこぞって取りに来る資格ですが、実際の企業の経理の業務なんて会計ソフトにポチポチ数字を入力する簡単な仕事ですし、それゆえ間も無く機械に奪われていく運命を待つ仕事ですよ。

つまりほとんどの女性は賞味期限が間も無く切れるorもともと腐っている資格を取ることに躍起になっており、残飯処理係に率先して応募してしまっているのです。

悲しいですよね。。。。

実際の所昨今の資格ブームで得をしているのは、ユー◯ャンなどの通信講座を販売している会社の社長とその株主だけです。

しかし、こうなってくると女性がキャリアを磨くためにどのような工夫をするのが正解なのでしょうか?

そこで今回の記事では、本当に為になる女性のためのキャリアップ講座をユー◯ャンに変わって私がレクチャーしていきます!

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
女性の転職を成功に導く!おすすめ転職エージェント7選【徹底比較】転職は女性にとって一大イベントの1つです。 「結婚を考えて、女性が働きやすい会社に転職したいと思う。」 「これから先の人...

転職で有利に立ち回るために資格コレクターになる女性は貧乏人

結婚を機に寿退職をするも、ある程度子育てが落ち着いてから再就職を願う女性が多いですが、社会人を辞めてからブランクがあり、何のスキルもない女性を正社員として採用してくれるほど世の中甘くありません。

だからこそ若いうちに、あるいは子育て中などに「最低でも資格ぐらいは...」と考える女性が増えています。

中には究極の資格コレクターもおり、

・簿記2級
・ファイナンシャルプランナー2級
・宅地宅建業法
・ITパスポート試験
・エクセル・ワード検定
・中小企業診断士

みたいなハッピーセットも顔負けの資格セットを履歴書欄にビッシリと書き込んでくる猛者もいるレベルです。

ただですよ、ぶっちゃけこんなの履歴書に書いても、企業の評価は「ふーん」ぐらいにしかなりません。

そもそも全然違うジャンルの資格ですし、結局その人の強みが何なのかイメージもできないです。

それどころかいい歳して、自分が何者なのかよく分かっていなおらず、資格で強引にゴリ押ししてくる我が強い女性というネガティブな印象すら与えかねません。

イメージとしては恋愛と一緒です。

例えば30過ぎて結婚に焦った女性が猛烈にプッシュして来るのを見ると、男性は"イタイ人"と思って引いてしまいますよね。

転職面接でもそれと全く同じなのです。

それに、資格にまつわるこんな面白い格言があります。

貧乏人ほど資格を取りたがる。誰かに認めてもらわなければ自分の価値を証明できないからだ。

そもそも資格に走る女性は「自分に自信が持てていない」という特徴を持っています。つまり面接では間接的に、「私たいしたことないです」って公言しちゃってるのと同じなんですよ!

しかも資格の勉強代にお金を支払い、資格の受験料にお金を支払い...とジリ貧になっていくので何もメリットがないんですよね。。。

悲しい話なんですが現実なんてこんなもんです。

キャリアを磨きたいなら転職活動で勝てるための女磨きをするべき

では、資格によって自分の価値を証明することが無効化されている今、女性はどうやってキャリアを磨いていくべきなのか?

これはシンプルで「転職してキャリアを磨く」の一点突破です。

出来るだけ若いタイミングで、手に職がつく仕事にジョブチェンジしたり、年収が高く福利厚生がいい優良企業に転職してしまうのです。

「いやだから転職に自信がないから資格を...」と思うことなかれ。

なぜならば、女性の転職というのは正しいノウハウを身につけておけばライバルと圧倒的な差をつけることが出来るからです。

資格なんて最悪転職してからでも取れるので、重要なのは早く理想の会社に身を移すことだと気付いて欲しいのです!

その上で今のあなたに必要なことは転職活動で勝てるための女磨きだと伝えたいです。

いいですか、ぶっちゃけ資格なんかなくても転職はできます。

しかし最低限の転職ノウハウを身に付けておかないと、どれだけ頑張っても理想の企業に転職なんてできっこありません!

年齢を重ねれば重ねるほど特にそうで、若いピチピチの女性が溢れかえっている転職市場では、自分を正しく売り込んでいけるノウハウがないと平気で当たり負けして撃沈するのが関の山なのです。

転職面接で若い人材に当たり負けしないためのポイントは2つ

では転職活動で勝てる女磨きとは何か?

それは、転職面接で自分の価値を正しく伝えるスキルを身につけること、そして1秒でも早く転職活動に乗り出すことです。

そこで、女性が面接で自分の価値を正しく伝えるためのコツを2つ紹介しますね!

①キャリアアップを考えている事をPRする

まず1つ目は、キャリアアップのための転職である事を明白に伝える事がポイントです。

女性の場合は年齢を重ねる程キャリアを置きに行く人が多いですが、自分はそうじゃない!って所をアピールして、面接官の心をグッと掴んでしまうのです。

特に若い女性の転職の場合は、「せっかく採用しても結婚や出産で辞めないか?」といった不安を抱えながら採用する事になります。

しかし、キャリアアップを考える女性は長く働いてもらえると考えられるので、面接官の不安要素をスッと取り除いて上げる事にもなるのです。

②前職での実績を「なぜ自分は上手くこなせたのか」というロジックと合わせて伝える

続いて2つ目ですが、前職で行った仕事に関する自己PRをする時に、「なぜ自分はそれを上手くこなせたのか?」を筋道立てて説明出来るようにしておく事です。

例えば1,000万円の生命保険契約を決めてきた実績をアピールする場合でも、自分がその契約を取れた理由を、自分じゃなければ取れなかったんだ!という論調で猛烈にアピールしていくのです。

ちなみにこの場合「単位」はどうでもいいです。

その人でなければいけなかったというユニークな部分を言語化してあげる事が大事で、企業側からすれば「あっ、この人の××な所がウチの会社の〇〇の業務で活かせそう!」と一気にイメージが膨らむので、採用する側がミスマッチを恐れてお祈りしてしまうリスクをガクンと下げる事が出来るのです。

実は女性の転職で大事なポイントはこの2つです。

「えっ、それだけ?」と思うかもしれませんが、こんな事が出来ていない人ばかりだからこそ重要なのです。

このように転職でリアルに使える女子力を磨きさえすれば、ライバルをごぼう抜きして、あなたが望む企業への転職があっという間に実現出来ますよ!

なるべく早いタイミングでキャリアを磨かないと負けパターンに突入する

さて、こんな感じで1通りのポイントを抑えたらあとは行動出来るかどうかが全てです。

ここまで学んでおいて、結局転職活動してません!というのはナシですよ。

ドリブルばっかして永遠にシュート打たないみたいな人生になっちゃいますから。笑

それに、転職において女性の場合は男性以上にスピード感が求められます。

結婚間際になると転職活動に時間が避けなくなりますし、仮に独身を貫くとしたって早めにキャリアを磨いておかないと取り返しのつかない事になりますよ!

会社の倒産、リストラ、親の介護に伴う離職など、最近では自分が辞めたくなくても退職せざるを得ない状況も多いです。

そんな時に手に職がなかったり、キャリアがゴミだと再就職は絶対無理。

そのままワーキングプアの仲間入りになったり、独身ならお先真っ暗のお一人様老後コースです。

だからこそ、出来るだけ若い時に転職して年収が高く安定した企業に身を移したり、スキルを身につけ会社を辞めても再就職しやすいキャリア設計をしておく事が大事なんですよ!

残された時間は意外と長くはないはずです。

女性の転職はプロのエージェントにお任せするのがポイント

女性が転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「DODA(デューダ)」です。

・「DODA」の公式ページ

DODAは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

『DODA』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

今すぐに転職するつもりはないけど、「この会社で一生働くのは無理!」「30までには絶対転職したい!」などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトには登録しておくべきですよ!

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

▼あなた向き関連記事!女性の気持ちに寄り添えるおすすめ転職エージェント▼

あわせて読みたい
女性の転職を成功に導く!おすすめ転職エージェント7選【徹底比較】転職は女性にとって一大イベントの1つです。 「結婚を考えて、女性が働きやすい会社に転職したいと思う。」 「これから先の人...