転職エージェント

DODA(デューダ)を高卒が使いこなすコツ!転職でババを引かないための極意を教える

TVのCMやYoutubeの動画広告で頻繁に出てくるのが転職エージェントDODA(デューダ)です。

転職支援サービスの中では老舗であり、業界の中でもリーディングカンパニーと呼ばれている企業の1つです。

そんなDODAですが、「学歴が高卒の私でも利用できるんですか?」という質問がよくきますが、高卒であってもDODAを利用して転職活動を行う事は可能です。

そこで今回の記事では、高卒の方が転職エージェントDODAを利用して転職活動を行う際のポイントと、転職エージェントを上手く活用することでブラック企業を引き当てないようにするコツを解説していきます。

DODA(デューダ)を高卒が使うメリットは転職のハードルがガクンと下がる事です

高卒の方で転職を考えた場合、一番最初にぶつかる壁は「何をやっていいのかサッパリ分からない」です。

高校在学中に就職活動はやってきたものの、当時の就活は学校任せになっている部分が多く、ある程度きちんとした大人がサポートしてくれていましたよね。

そもそも学校に求人が送られてきますし、担任の先生もあなたの進路について親身になって話を聞いてくれたと思います。

しかし転職となると、学校のサービスを受ける事はもう無理です。自分1人で仕事探しを0から100までやらなくてはいけないのです。

これは高卒の人にとっては相当な負担ですよね。

でも、転職エーエジェントを利用すれば、過去に学校でサポートしてもらったように、あなた専属のエージェントをつけ、みっちりと就職支援をしてもらう事が出来るのです。

しかも転職エージェントは、求職者の内定が決まった場合に企業から報酬を受け取る仕組みなので、あなたは金銭的な負担を強いられる事なく、完全無料で使えるのも大きなメリットです。

「職務経歴書にこれまでの職歴をどう記載していいか全然分からん」
「今の自分の経歴で転職出来る企業のレベルが分からない」

このような転職童貞であっても、プロのエージェントに相談する事で、転職活動の正しい歩み方をレクチャーしてもらえます。

1人で転職活動をするのは暗闇の中を手探りで進むも同じですが、エージェントが隣で手を引いて歩いてくれる事で、転職のハードルをガクンと下げる事が出来るのです!

DODA(デューダ)を高卒が使う場合の注意点は「言いなりにならないこと」

DODAを含む転職エージェントは、登録してしばらくすると電話or対面面談が行なわれ、あなたの転職をサポートしてくれるべく動いてくれます。

当然あなたの希望条件などを踏まえた上で、ピタッとマッチしそうな企業の候補をいくつか挙げてくれます。

ただ、この作業の中で絶対に注意しておいて欲しい事があります。

それは『転職エージェントの言いなりにならないで欲しい』という事です。

エージェントと面談をして、ある程度人間関係が出来上がってくると、どこかエージェント任せになる人が必ず出てきますが、それだけは辞めたほうがいいです。

もちろんエージェントはプロ目線で分析し、あなたにとっての最適解を提案してくれますが、転職の主導権はあくまであなた自身にある事を忘れるなかれ。

エージェントが自分にちゃんと合う求人を出せるように、出来るだけ自分の希望を伝え、自分の意見をハッキリと相手に伝えるようにしましょう。

「最初は地元限定と伝えていたけど、もう少し活動範囲を広げてもいいかも」
「工場しかないと思っていたけど、営業や事務もチャレンジしてみたい」
「年収はもっと高いところがいい」

これらはワガママではなく、将来のキャリアを真剣に考えた結果出てくる思いなので、きちんとエージェントに伝えてください。

あくまでエージェントに操られるマリオネットになるのではなく、あなたがエージェントを操る操縦士になる感覚が重要なのです!

「ノープランです!」という高卒でもまずはDODA(デューダ)に相談してみよう

「転職活動をするのなら、希望条件や自分のやりたい仕事は明白にしておくべき!」

こんな風に書かれている転職本も多いですが、ぶっちゃけやりたい事が決まっていないけど、どうしても今の会社を辞めたいという人の方が多いのではないでしょうか?

そんな時はその想いをまずは転職エージェントに相談してみましょう。

やりたい事が固まってからじゃないと相談しちゃいけないなんて法律はどこにもありません。

まずは愚痴でもいいのでエージェントに一度思いの丈をぶちまけてみて、気持ちをスッキリさせてしまえば良いのです。

エージェントはプロなので、あなたの些細な愚痴の中からヒントを得てくれますよ。

「〇〇さんは体育会系の雰囲気は絶対に合わないんだよね。だったら△△業界とか合ってるかもしれないですよ!」

こんな感じで、面談で話した内容からオススメの業界が絞り出され、そこからやりたい事が見つかるというのはよくある話なのです。

まずは気楽にエージェントに相談するのが転職活動の第一歩だという事は覚えておきましょう!

高卒ならDODA(デューダ)以外にも転職エージェントは複数登録しておくべし

DODA含め、民間で運営されている転職エージェントサービスは無料で使う事が出来る事から、当然複数社登録して比較する事も出来ます。

すると疑問に思うのが、「一社だけ登録しておけば良いのか?それとも複数社登録しておくべきなのか?」という事です。

この疑問に対するアンサーはこうです。

『最初に複数社登録しておき、最終的には一番相性がいいサービスに一本化して行くべき』

というのも、転職エージェントとして実際にサポートしてくれるのは生身の人間です。

当然合うわないもありますし、能力に差があるのも事実なので、自分の目できちんと見極め、もっとも使えそうなエージェントを選定して行くのが理想的です。

とは言っても、あまりに数を増やしすぎると消化不良になってしまうので、転職エージェント業界の二大巨頭の「DODA」「リクルートエージェント」の2社をまずはチェックしておきましょう。

おおよその求人はこの2社でカバー出来ますので、情報収集レベルではぶっちゃけこれ以上は必要ないと思います。

あとは実際に面談をしてみて、優秀そうな担当者を見極めていけばOKでしょう。

転職エージェントは登録してからでないと見る事が出来ない「非公開求人」というものがあるので、担当者からお宝求人を聞き出してみましょう。

DODAとリクルートエージェントについては下記の公式サイトから登録出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

・リクルートエージェントの公式ページ

両社とも3分ぐらいで登録出来ますし、登録後すぐに取り扱い求人を閲覧できるようになります。

あなたの経歴などは一度入力しておけばその後は今のキャリアに合った求人に絞って検索も出来ますよ!

すぐに終わることですが、やらないと一歩も前に進まないので、早めにチェックしておくことをオススメします。