短期離職

第二新卒は短期離職でも許される理由!新卒が再就職するために必要な事を教える

 

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

新卒で入社した会社を1年未満で退職した場合、一般的には「短期離職者」と見なされます。

もちろん、新卒入社3年未満でも転職は出来ますし、第二新卒制度がスタートして以降、若手人材の流動性はかつてないほどに高まっています。

しかし、短期離職に対するイメージはお世辞にも良いものとは言えませんよね。

・我慢強さが足りない人

・嫌な事があれば投げ出す人

・社会不適合者

といった懸念を持たれる訳ですから、転職面接の際にハンデになる事は言わずもがなです。

ただ、そんな短期離職者であっても、第二新卒の転職であれば大目に見てもらえる事を知っていましたか?

今回の記事では、

「短期職歴持ちで転職活動が不安」

「入社1年未満だけど会社を辞めるか迷う」

といった人向けに、

・第二新卒なら短期離職でも問題ない理由
・短期離職者向けの転職ノウハウ

を紹介していきます。

※短期離職というハンデを乗り越えて転職する場合、プロの転職エージェントのサポートは必須です。

特に最大手のリクルートエージェントは便利で、コンサルタントが直接あなたを企業に推薦してくれます。

結果的に書類通過率がグッと跳ね上がり、面接も突破しやすくなります。

短期離職というバックグラウンドだって、全く気にならなくなります。

リクルートエージェントを活用する事で、転職成功率がグッと上がりますよ!

関連:【評判口コミ】リクルートエージェントで転職はダメ失敗?成功率をグッと上げる方法

リクルートエージェントの利用ですが、転職の意思が100%決まっていなくとも、とりあえず相談だけという目的でもOKです。

エージェントに相談する事で、

「今の自分でも〇〇会社に転職出来るんだ!」

「やっぱり今の職場が異常におかしいんだ...」

「なんだ、会社なんて辞めても何とかなるじゃん!」

と現状を客観的に分析出来ると同時に、転職という選択肢が"具体的なモノ"として感じられます。

軽く相談するだけでも、心のモヤモヤがスッと取れますよ!

▶︎業界最大手リクルートエージェント【公式サイト】

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
プロが教える第二新卒におすすめの転職エージェント7選【経験者が全て語る】第二新卒で転職を考えた場合、どの転職エージェントを使っていいのか迷いますよね。 「第二新卒の転職で大手を狙いたい時に使うべきエ...

第二新卒なら短期離職しても再就職は余裕だと言える理由

入社1年未満で会社を辞めてしまった方であれば、自分の職歴に自信が持てず、転職活動に大きな不安を抱えている事だと思います。

「面接ではどんな事を突っ込まれるんだろう」

「どこからも内定が貰えなかったらどうしよう」

こんな風に、自分の将来に対して恐怖感を感じてしまいますよね。

しかし、第二新卒枠で就活が出来るのであれば、特段ビビる必要はありません。

30過ぎて短期離職を繰り返すジョブホッパーなら話は別ですが、新卒ピチピチの20代前半の若者であれば、短期離職なんてほんのかすり傷レベルですからね!

と言うのも、第二新卒と言う制度が始まって以降、第1社目でミスマッチを起こした若者に対して、企業は寛容的にならざるを得ない状況にあります。

・少子高齢化に伴い、若手人材の慢性的に不足している

・転職市場が流動的で、人材が流出しやすい環境にある

・高騰する年配層をカットして、若手の比率を高めたい

このように、時代の流れが大きく変化している昨今、数年前と比較して、企業側が求める事も随分変わってきましたよね。

すると、例え短期離職というカタチで職歴に傷があろうが、自社であればマッチしそうと判断した人材については、積極的に採用しているのが現状なのです。

それに、ここ数年で日本企業の考え方も大きく変わってきています。

そもそも、実際に働いた事もない会社に一生忠誠を誓うのは無理がありますし、社会人を経験する事で労働者としての価値観が磨かれていくものです。

それゆえ、「新卒の若者がミスマッチを起こす事は自然な事だよね」という主張にも理解が深まっており、第二新卒がスタートしているわけなのです。

ですので、短期離職である事を過度に恐れる必要はありません。

むしろ、あなたのようにミスマッチを起こしたものの、まだ若くて先がある人材を拾い上げるのが第二新卒の意義なんですよ!

関連:新卒で合わないと感じたら第二新卒で転職を考えよう!辞める勇気を持たないと死ぬまで搾取は続く




第二新卒でも半年以上の職歴があった方が有利なのは事実

第二新卒制度が出来ていこう、短期離職者であっても、転職市場を戦うには十分な環境が整ってきました。

ただ、そうは言っても、あまりに職歴が短すぎる超短期離職者は相当な覚悟が必要です。

例えば、

「入社1日目で会社バックレたった!」

というような猛者もいますが、これはかなり厳しいです...

では、短期離職者でも不利にならない職歴はどれくらいか?という話ですが、1つの目安は『職歴半年の壁』だと覚えておくといいでしょう。

私自身も短期離職の経験がある身ですが、入社3ヶ月目で転職活動をしていた際には、紹介してもらえる求人の数が限定的でした。

その時の転職エージェントさんに、

「職歴半年あると紹介出来る企業がグッと増える」

「あと3ヶ月だけ我慢出来るなら我慢して欲しい」

とアドバイスを受けた事があります。

もちろん、職歴半年以下の超短期離職でも転職先はありますが、選択肢が少ない事だけは覚悟しておく必要はあります。

関連:新卒半年未満で転職したい人は職歴ロンダリングすべし!転職は1回までというルールはない




短期離職者は第二新卒の転職に向けてミスマッチの原因を見える化しておくべし

新卒採用がいかにガチャ要素が強いとは言え、短期離職に至ったという事は、何かしらミスマッチを引き起こす要因があった事は事実です。

例えば、本当は文化系の人間なのに、体育会系のカラーが強い職場に入社を決めてしまうようなケースです。

このケースでは、おそらく高い給料などに目がくらんでしまったという事なのでしょうが、改めて会社との相性や、自分の強みが活かせる会社かどうかを考え直す事が大事です。

やり方は色々ありますが、例えば転職サイトがやっている「キャリアタイプ診断」のようなツールを使う事も効率的でオススメです。

キャリアタイプ診断を使えば、所定の質問に答えるだけで、自分と相性がいい仕事をピンポイントで絞り込んでくれます。

新卒の時は、浅い知識と直感で選んでミスマッチが起こったわけですから、同じ失敗を繰り返すわけにはいかないです。

であれば、やり方を180度変えてみて、自分の主観を入れずに、分析ツールの意見にまずは耳を傾けてみるのも1つの手ですよ。

自己分析などはコツが入りますし、どうしてもポジション思考が入りがちですから、あえて機会を使う事でマッチング率を高めてみましょう。

「キャリアタイプ診断」は、転職サイトに登録するとすぐに診断する事が出来ます。

・キャリアタイプ診断(公式サイト)

診断ツールをサボらずにやっておく事で、二回連続でババを引いてしまうリスクがガクンと下がりますよ!




短期離職が不安な人は第二新卒に強い転職エージェントに相談しよう

短期離職者は不安な気持ちもあると思いますが、まずは転職活動に踏切り、バッターボックスに立つ事が重要です。

空振りする事を恐れるのではなく、どんどんバットを振って、一発でも当たれば勝ちですからね。

幸いにも転職活動に三振はありません。

ヒットが打てるまでスイングする事が許されますから、球数をこなさないのは損ですよ!

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「転職回数が多くてとにかく不安」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
プロが教える第二新卒におすすめの転職エージェント7選【経験者が全て語る】第二新卒で転職を考えた場合、どの転職エージェントを使っていいのか迷いますよね。 「第二新卒の転職で大手を狙いたい時に使うべきエ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】ミイダス(MIIDAS)は嘘ばかりで使えない?プロ目線で特徴や注意点を解説「あなたの適性年収は670万円です!今の会社に買い叩かれていますよ〜」 こんな風に自分の市場価値を診断してくれるツールと言えば、最...