転職コラム

「これだけでいいの?」転職すべきか悩む人が読むべきキャリアパスの思考法!【プロに相談するのも重要】

「今の仕事を一生続ける気はないが、中々転職に踏み込めない。」
「転職して年収を上げたいけど、今の自分のキャリアに自信が持てない。」

人生の中で起こりうるライフイベントの中でも、仕事を決めるというのは最も大事なことなので、めちゃくちゃ悩んでしまいまいますよね。

寝ている時間を除けば「働いている時間」の割合は生きている時間の約半分以上を占めるので、仕事への満足度は人生そのものの満足度にも直結します。

それゆえ、転職を決断する前には様々な感情が頭をグルグルと回るものです。

・とりあえず今日明日を耐えることはなんとか出来る。
・やりたいことが結局見つからない。
・転職してキャリアアップできる保証もない。
・しかし同期は優秀な奴から姿を消している。
・自分はこのままで本当に大丈夫なのか。

などなど...

しかし、このような無数の悩みを振り切って転職へと一歩踏み出すためには、揺らぐことのない強い覚悟&勇気と、一種の割り切りが必要になってきます。

そして勇気や覚悟、割り切りをするためには、転職に関わる情報、知識、仕事選びの判断軸を持つ必要があります。

例えば、

・今の自分の市場価値は一体いくらなのか
・自分の場合いくつから転職を考えるのがベストアンサーなのか
・会社が無くなっても食っていけるスキルが身につく会社とはどこか

といったキャリア全般を総合的に考え抜く「思考力」がマストになってきます。

しかし転職に関しては誰しも童貞処女レベルなので、自分一人で考えようとしても出来てオ◯ニー、しかも不発で終わるというのが関の山です。

こんな壊滅的な状況を打開するためには、友達に相談したり、本を読むのも悪くはないですが、やっぱり転職のことは転職のプロである転職エージェントに相談すべきです。

今回の記事では、これから転職活動を始めようか迷っている人向けに、転職までの道筋をイメージしてもらおうと思います!

転職は名刺の住所や給料を変えるものではなく、人生にチャンスをもたらす意思決定

今の時点で転職しようかどうか悩んでいるということは、少なくとも「現状を変えないと辛すぎる」「現状を変えた方が幸せになれるのでは?」といった思いがあるからだと思います。

しかし、転職という具体的なアクションを起こそうとすると膨大なエネルギーが必要になるため、人は得てして楽な道、つまり現状維持を選択してしまいがちです。

ただ、自分の中で迷いを持った状態で「とりあえず明日は仕事に行こう」と考えることは最悪の一手、悪手です。

なぜなら、迷いがある状態で仕事をしても最高のパフォーマンスが発揮できるわけもないし、プライベートだって本当につまらないと感じてしまうからです。

職歴が稼げていいじゃない?と思うかもしれませんが、本気で打ち込んでいない期間というのは転職市場ではすぐに見抜かれてしまうので無意味です。

例えば転職面接で、「前職で経験してきたことの中で、これは負けない自分だけの強みってある?」と質問されても、ダラダラと時間を消化してきただけの人間はここで言葉に詰まります。

こうなると職歴を無駄に重ねたことで、若さというもっと価値のある資格を喪失しているデメリットだけが残り、転職市場では一番お荷物な人材として評価され、どこからも相手にされない負けパターンに突入してしまいます。

いいですか、いかなる理由があれ、仕事に対する前向きさを失った人間は早めに転職活動の準備をするべきなのです。

それに、転職というのは本来あなたの人生をもっと豊かにするために行う、前向きな意思決定です。決して名刺の名前を変えたり、給料を調整するような単純作業ではないのです。

例えば今の会社ではミスマッチだったけど、違う場所に身を移せば輝き出す人材なんて沢山います。

それなのにどこか転職をタブー視して、会社への忠誠という言葉で自分をごまかしている人が多すぎるのです。

あなたには自信を持って転職活動に取り組んで欲しいと思います。自分の未来のために。

人生の成功・失敗を分けるのは才能ではなくポジショニング

転職を意識しだすと必ず聞こえてくる言葉が、「石の上にも3年」「置かれた場所で咲け」といった、今ある場所にあなたを止めようとするパワーフレーズです。

確かに、世の中で実績を出した人や、会社の先輩上司の中にはそのような成功法則に従って実績を作り、人生を成功させてきた人もいると思います。

ただ、この手の話には欠点があります。

それは、結局その人自身に才能があったり、タイミングに恵まれていた結果生まれた成果である確率が極めて高いということです。

例えばタイミングという点では、今から銀行員としてキャリアを磨く!みたいなことしても遅いじゃないですか。銀行業はAIでどんどん自動化され、仮想通貨のような技術の進歩で現金を取り扱うビジネスは腐敗していくからです。

昔であれば銀行で3年頑張ってそこからキャリアアップもありですが、今それをやってもただの逆張りです。

つまり大事なことは、ポジショニング(場所の選択)が正しい上で頑張るということです。

もしあなたが今自分の強みを活かせない仕事をしていたり、そもそも業界自体が下りのエスカレーターなら、「我慢」ほどあなたを殺すものはないです。

才能とかタイミングというのはある意味不平等なものですが、場所を選ぶ権利は皆平等にあります。

「自分にとって正しい場所とはどこか?」を考えるのがある意味転職の醍醐味と言えます。

そして自分一人ではそれを判断するのが難しいので、転職エージェントに相談していくのがポイントになってくるんですよ!

転職エージェントを使えば自分にとっての「天職」が炙り出される

ちなみに、「まだ転職時期も未定、転職するかどうかも実は決めきれていない...」と考えている人も多いと思いますが、とりあえず転職エージェントに相談してみるといいですよ。

転職エージェントは求職者が転職に成功した場合のみ企業から報酬が支払われるのであなたには金銭的負担はありませんし、相談だけでも受けてくれるのが特徴です。

転職エージェントはサービスに無料登録した後、面談か電話で相談を行うことができ、今の自分の状況を伝えればプロの目線でアドバイスをしてくれます。

実際に自分が利用した時は、何気ない会話の中から自分のことを分析し、掘り下げた上で複数の選択肢を打診してもらいました。

「〇〇さん、文系出身だけどエンジニアとか目指してみたいと思わない?手に職つけられるし、仕事を辞めたとしても独立して生計立てられるから、若い時にに会社で勉強しながら働けるのも魅力だと思うよ!」

「前職ではガチガチの体育会系で精神的にも消耗していたみたいだし、業種をガラッと変えてIT系の企業を目指してみるのも面白いんじゃないかな?今後伸びていく業界だと思うよ!」

「前職では働いてもみなし残業で搾取されている感じが嫌だったんだよね?じゃあ、成果できっちり評価されるコンサル業界向いていない?」

自分の場合は電話でやりとりしたのですが、短い通話の中で自分の気持ちを汲み取って、今の自分に出来そうなことを見つけてくれたので、これは使ってよかったと思いましたね!

転職活動をする時は、いい感じの転職エージェントを見つけて、上手く人三脚でキャリアを見つけるのが一番手っ取り早いし確実ですよ!

転職活動って学生時代の新卒就活と違って基本的に孤独なものなので、精神的な支えになってくれたり、時には背中をグッと押してくれる存在はやはり大きなものです。

とにかく1人で悩まず、転職相談を始めて見るのがいいですよ!

転職に成功する人は複数のエージェントを比較し、後悔する人はとりあえず1つだけ登録する

転職エージェントに登録する場合ですが、出来れば一気に複数の転職エージェントに登録することをオススメします。

求人の掲載にはお金がかかるので、基本的に1つの企業はどこか1社のエージェントにしか登録していないことが多く、特定のサイトだけしか見ていないと、思わぬ所で優良企業を取りこぼしてしまうからです。

転職で成功する人は複数サイトを比較して、自分にあった求人を上手に見つけているのです。

しかしとは言っても、自分の中で処理できる情報量にも限界があるのも事実なので、最大手の2社を登録しておけばいいでしょう。

具体的には「DODA(デューダ)」「リクルートエージェント」の2社です。

この2社が人材業界の2大巨塔なので、この2つをとりあえず見ておけば重箱の隅を突いたような求人以外は見落とすことなくチェックすることが出来ますよ!

ちなみにハローワークはどうなの?と思う人もいるかもしれませんが、ハロワはブラックの巣窟なのでオススメは出来ません。

民間の転職エージェントと異なり求人掲載が無料で出来てしまうので、予算カツカツの余裕のない企業が集まっていたり、使い捨て人材をとりあえず数合わせで取ろうと考えるブラック企業が集まりやすいのです。

きっちり予算をとって人材を採用している優良企業に絞って就活したほうがいいので、転職エージェントメインで転職活動に取り組みましょう!

フローとしては、とりあえず大手二社に登録し、それぞれのエージェントさんとの相性を確かめ、基本的に自分にマッチしそうな方をメインに頼っていけばいいでしょう。

どんな担当者に当たるかは運なので、2社登録してリスクヘッジしておくことがオススメです。

DODAとリクルートエージェントについては下記の公式サイトから登録出来ます。

・「DODA」の公式サイト【3分で登録完了】

・リクルートエージェントの公式ページ

両社とも3分ぐらいで登録出来ますし、登録後すぐに取り扱い求人を閲覧できるようになります。

あなたの経歴などは一度入力しておけばその後は今のキャリアに合った求人に絞って検索も出来ますよ!

すぐに終わることですが、やらないと一歩も前に進まないので、早めにチェックしておくことをオススメします。