転職コラム

30代で転職を成功させるコツと心構え!年収へのこだわりと数勝負できるしつこさがカギ

転職というと20代の若い時にキャリアチェンジを考える事をイメージしますが、終身雇用が崩れ働き方が多様化した昨今、30代からでもガンガン転職を考える人が増えてきています。

しかし『35歳限界説』という言葉がある通り、30代での転職は20代に比べてハードルが一気に上がりますし、未経験業種への転職の可能性もかなり縮小してしまうのが事実です。

それに加え、20代で転職を考える時は「仮に失敗してもまた転職すればいい」というリスクオンな姿勢でも行けますが、30代での転職となると「絶対に失敗出来ない」というリスクオフな姿勢になるのも大きな特徴です。

仮に30代で転職に失敗してしまうと、「辞めたくてももう辞めれない。俺の人生これでジ・エンド」という絶望的な未来を向かえる事になりますからね。

ただ、20代の頃の転職とは異なり、30代になると募集できる企業の質が上がったり、転職直後から年収アップ出来るなどのメリットが盛り沢山なのも事実です。

つまり、正しい知識とノウハウを学び、きちんと転職活動を行えば人生を大きく変える大チャンスだと考える事も出来るのです!

そこで今回は、30代で転職をしても失敗しないように、30代向けの転職ノウハウを解説していきます。

▼あなた向き関連記事!30代におすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【業界プロ厳選】30代に強い転職エージェントおすすめ14社!【状況別に比較】 20代の頃はガムシャラにやっておけばOKだとしても、30代になればお金とキャリアの問題をより真剣に考えるようになりますよね。 ...

30代の転職活動で年収を無視することだけは絶対にNG

30代で転職を考える時に、何を一番重視すべきか?というのは最も悩む事だと思います。

・職場の人間関係
・スキルアップ
・転勤の有無
・仕事と家族サービスのバランス

様々なポイントがあると思いますが、その中でも一番ウェイトを置いて考えるべきはやはり「年収」でしょう。

いやいや、お金以外にもやりがいを持って働けるかとか、健康的な働き方が出来る方がいいのでは?と思われるかもしれませんが、そこはもう少しシビアに考えるべきです。

そもそも30代から50代後半にかけてというのは、人生で最もお金が必要になるタイミングです。

例えば子育てでもそうですが、今では1人の子供を育てるのに2000万〜3000万程度のお金が必要になってきます。

そんな時に年収が低いと、「ウチは家計が厳しいから子供は1人にしておこうか。」と渋々子供を諦める事になってしまいます。

また、私は一人っ子でしたが、近所の兄弟を横目で眺めつつも「羨ましいな」と思ったものです。

全ての子供がそうだとは言いませんが、親の年収によって様々な可能性が狭くなってしまう事は勿体ないと思いませんか?

今のはほんの一例ですが、その他にもマイホームの購入であったり、家族旅行であったりと、とにかくお金が必要になる事しか待っていない事は覚悟した方がいいです。

『金が全てじゃねぇが、全てに金が必要だ』という闇金ウシジマくんの言葉は真理です。

30代以降の年収の多さというのは、そのまま人生の選択肢の広さに比例する事を忘れてはダメです。

今の時代は業界によって平均年収が数百万も開いているので、金回りのいい業界、今後伸び代が期待できる業界に絞って就活するのがポイントです。

間違っても沈みゆく船に乗ってはいけませんよ!




30代で転職するなら自分の市場価値を客観的に分析すべし

30代で転職を成功する人と失敗する人の間には大きな差があります。

それが、「自分の市場価値を正しく把握できているかどうか」という点です。

例えば典型的にダメな例を出せばこんな感じです。

大企業SHARPで営業の仕事をしていた32歳、年収は750万貰っていたが、ご存知の通りリストラの流れの中で首切りにあったので転職活動中。

「学歴もあるし、元々の年収も高いから、それなりの所には転職できるでしょ。」

こんな風に考えているパターンです。

この考え方のまま転職活動をしても、書類選考でお祈り続き、面接まで行っても「SHARPという大企業で働いていた俺」感が抜けきっておらず、煙たがられてそのまま撃沈というケースは非常に多いです。

少し厳しい話ですが、転職市場においては前職のネームバリューよりも、本人のスキルや人望が評価されます。

自分の市場価値を勝手に高く見積もり、立ち位置を把握出来ていないイタイやつは絶対に転職活動は上手くいかないのです!

しかし、無駄に年齢を重ねたわけではなく、きちんと学んできたものがある人は別です。

前職で携わってきた業務を思い出し、そこで会得したスキルを棚卸しし、次の転職先でどう活かせるのかをきちんと説明出来れば内定なんてサクサクと決まります。

大事なのは今の自分の市場価値を正しく算定し、会社目線で自分を採用してくれる企業はどこか?を考える事です。

そのためにも、自己分析&業界研究にはガッツリと力を入れるのがポイントです。




30代の転職は「数勝負」できる奴だけが最後に笑える戦場です

30代での転職を成功させるこれ以上ないポイントは、とにかくアタックしまくる事です。

いいですか、好きな子が出来たら速攻告白をするイメージです。

20代の転職活動であれば、募集人数も多く、ある程度精査してから応募していくというスタンスでも許されますが、30代でこの戦略を採用していては戦には勝てないです。

そもそも30代で出ている求人というのは、極端に応募者が少なく、他にいい人が見つかれば即求人が取り下げられる事も多いため、はっきり言ってスピード戦になってきます。

毎週20社以上の書類を送り続けるぐらいの、気合いとしつこさを持っていないと当たり負けしてしまうのです。

失敗する人によく見られるパターンは、「どうせ自分なんてたいした事ないから...」と弱腰になり、受ける前から負けを認めて、書類応募すらしないというケースです。

いいですか、ここで守りの姿勢に入っても得られるものは何もないですよ!

求人に応募するスタンスに関して言えば、20代以上に図々しくてOKですし、少しウザいぐらいの熱量を持っていた方がいいです。

採用する側も「この人はこれまでの30代とは一味違うな。」と思ってくれるので、内定まで持っていける確率がグッと上がります。

ちなみにですが、応募書類などについては転職エージェント経由で送ればそこまで手間はかかりません。

最初に履歴書と職務経歴書の型を作っておけば、ある程度はそれを使い回しすればいいだけだからです。

ただしその場合は最初の型が全てなので、エージェントのアドバイスを受けて、100点満点の書類を作るようにしてください。




30代で転職は遅くない!熱量があれば年齢の壁は超えられます。

「30代になってから転職を考えるなんて無謀かな...」

こんな風に悲観的に考えてしまう人も多いと思いますが、もっと前向きに考えましょう!

確かに35歳限界説が囁かれるように、傾向としては35歳までに転職した方が有利という事実はあります。

しかし、35歳限界説はあくまで全体の傾向であって、個々人は必ずしも年齢に縛られる必要はないのです。

・年齢制限を超えていても直接応募して面接までこぎ着けるケース
・直接社長に会いに行くというトリッキーな手法で内定したケース
・これまでの経歴が思いもよらぬカタチでハマるケース

様々なケースで年齢の壁を超えていった人なんて、世の中にはゴロゴロいますからね。

いいですか、転職活動で最終的に合否を分けるのはあなたの「熱量」です。

転職本で学んできた小手先のノウハウでテンプレ化した人材になるよりも、「この会社で働きたいんだ!」と面接官の心に訴えかける事が出来る人材の方が最後は強いのです。

それに、30代なんてまだまだ若いです。

「今より年収を上げたい」
「スキルアップして市場価値を高めたい」
「なんとか今のブラックな環境を抜け出したい」

このようなウチに秘める熱い思いがあれば、転職活動を走りきる事は絶対に出来ます!

まずは転職活動に向けて一歩踏み出す勇気を持つ事が大事です。




30代で転職活動をするならプロのエージェントにアドバイスをもらおう

転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!30代におすすめ転職エージェント14社▼

あわせて読みたい
【業界プロ厳選】30代に強い転職エージェントおすすめ14社!【状況別に比較】 20代の頃はガムシャラにやっておけばOKだとしても、30代になればお金とキャリアの問題をより真剣に考えるようになりますよね。 ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】ミイダス(MIIDAS)は嘘ばかりで使えない?プロ目線で特徴や注意点を解説「あなたの適性年収は670万円です!今の会社に買い叩かれていますよ〜」 こんな風に自分の市場価値を診断してくれるツールと言えば、最...

30代の転職に使える、業界別おすすめ転職エージェントは以下の通りです。

▼あなた向き関連記事!外資系・グローバル企業に強いおすすめ転職エージェント8選▼

▼あなた向き関連記事!ハイクラス・エグゼクティブにおすすめ転職エージェント7選▼

あわせて読みたい
【ハイクラス・エグゼクティブ向き】おすすめ転職エージェント7社を徹底比較 ・有名大学出身で高学歴な人材 ・大手企業に勤めているハイクラス人材 ・管理職などを経験するエグゼクティブ人材 ...

▼あなた向き関連記事!IT/Web業界の転職に強いおすすめ転職エージェント11選▼

あわせて読みたい
【未経験OK】IT業界で役立つおすすめ転職エージェント11社を徹底比較 このように悩んではいませんか? 今や転職エージェントは100社以上もあるので、自分にとってピッタリのエージェントを探すのも...

▼あなた向き関連記事!コンサル業界に強いおすすめ転職エージェント13選▼

あわせて読みたい
【未経験も可】コンサル業界で役立つ転職エージェントおすすめ13選【専門分野別に比較済み】 「未経験からのコンサル転職を支援出来るエージェント会社ってどこ?」 「外資系コンサルに強みを持つ転職エージェントが知りたい...

▼あなた向き関連記事!金融業界の転職に強いおすすめ転職エージェント16選▼

あわせて読みたい
【未経験も可】金融業界に特化したおすすめ転職エージェント16選!【比較すべき他業界も紹介】金融業界で転職を考えた時、どの転職エージェントを使って就活しようか悩みますよね。 「全くの未経験。手厚いサポートをしてくれるの...