転職コラム

26歳で転職を失敗しないための注意点3つ!就活の不安は事前準備で取り除こう

 

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

26歳という年齢になり、転職を意識するのは男性女性問わず世代として共通していることですよね。

その一方で、転職を考えると不安になってくるのもこの年代の特徴です。

「未経験業界への応募条件がキツくなっているけど大丈夫か?」

「条件の良い求人は第二新卒に奪われてしまわないか?」

「昇級・賞与なしの会社に妥協するしかないのか?」

「そもそも26歳で転職は遅いのかな?」

などなど。

しかしここでビビって妥協した結果、

「全然スキルアップに繋がらない」

「またしてもミスマッチが起こってしまった」

という結末になっては、せっかく勇気を出して転職に踏み切っても何の意味もありません。

26歳の転職において"妥協"ほどあなたの人生を狂わせるものはないですよ。

ただそうは言っても、転職活動が初めてであればどういった点に気をつけて転職活動を行えば正解なのか分からず不安になりますよね。

そこで今回は、26歳で転職活動を行う際の注意点を厳選して3つお伝えします。

仕事を選ぶ時の判断軸や、面接突破のための書類作成術まで解説するので、これで就活の不安を吹っ飛ばしましょう!

▼あなた向けの関連記事!20代の転職に強いおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
20代のキャリアアップに強い転職エージェントおすすめ14社比較!【ケース・目的別に紹介】 「新卒で入社した会社とミスマッチ...第二新卒で転職したい。」 「給料安すぎ。このまま30代に突入するのは不安でしかない。...

26歳の転職で「なんでもやります!」は絶対NG

まず一番最初にこれだけは絶対ダメというNG項目をお伝えします。

それが「何でもいいから頑張らせていただきます!」といったスタンスで転職活動に臨むことです。

一見とても謙虚でやる気があって、どこの企業からも採用してもらえそうな人材のようにも思えるのですが、だからこそNGなのです。

ぶっちゃけた話ですが、このスタンスで転職活動をすると99%の確率でブラック企業に捕まってしまいます。

なぜならば「何でもやります!」という姿勢でいる人材ほど、企業からすれば"オイシイ"ものはないからです。

ブラック企業の典型的なパターンは、"社員にやらなければいけないことを押し付け、それができなかった場合は個人の努力のせいにしてとことんコキ使うというやり方"です。

最初から一人でさばける量ではない業務量をあえて押し付け、「出来なかった自分が悪い」という素直な人間の心を利用し、どんどん残業や休日出勤を自主的にさせるのが洗脳の手口なんですよ!

だからこそ、「何でもやります!」といったスタンスで望めば、確実にブラック企業の魔の手が伸びて、せっかく転職出来ても地獄の底に突き落とされるというオチになります。

転職面接は企業から選ばれるだけではなく、あなたにも選ぶ権利があることを忘れずに、自分のやりたいことをある程度明白にしてから、主体的に企業を選ぶようにしてください。




26歳で転職するなら売り上げに直結する仕事を選ぶべし

26歳で転職を考えるとき、業界や業種選びなどで悩むと思いますが、1つだけ絶対的な基準を持つようにしましょう。

その基準とは「あなたがいることで、売り上げの増減に影響があるかどうか」です。

理由はシンプルで、モチベーションの問題です。

例えば郵便配達の仕事とかはかなりキツイと思いますよ。「物を届ける」ってタスクは別に誰がやっても一緒じゃないですか。

しかも年齢を重ねれば重ねるほど仕事の能力は若い人に負けるという、レベルダウンが期待できる最悪の仕事と言えます。

完全に人生置きに行くつもりで転職するならいいですが、26歳という若さでその悟りの境地に行くのはさすがに厳しいですよ。そんなことが出来たらあの瀬戸内寂聴さんも真っ青になります。

置きに行く転職なんてしてもぶっちゃけ何も置くことは出来ないですし、置いたつもりがすってんころりんしてしまうのがオチなので、自分の中で面白いと思えない仕事には一切手を出さないのも失敗しないコツです。

そして、出来れば自身の働きが企業の業績と多少なりとも連動するタイプの仕事を選ぶのがオススメです。

やっぱり数字で見える成果って実感しやすく、仕事への満足度が感じやすいですよ!




26歳の転職で失敗しない職務経歴書の作り方

次に転職活動のノウハウ的な部分で、職務経歴書に関する注意点があります。

それは「ダラダラと職務経歴書を書くことなかれ」ということです。

26歳という年齢になってくると、複数の業務をこなした経験を持つ人も増えるので、職務経歴書に記載できることが膨らんできます。

入社1,2年目の短期離職者は書くことがなくて悩むレベルなので、その点あなたの悩みはギュッと減りますが、その分注意しなければいけないのが"読みやすい職務経歴書を作ること"です。

よく、経験してきた仕事を隅から隅まで職務経歴書にビッシり書いて「どやっ!」とやっちゃう人がいますが完全にNGですよ!

企業の人事も忙しいので、全てに目を通すことは出来ないですし、「こっちが忙しいこと分かってるのか?」とむしろマイナスポイントになるリスクすらあるからです。

いいですか、就活は恋愛と一緒です。長すぎるラブレター送りつけられるよりも、シンプルに好きなところと好きって言葉が添えてある文章の方が心を揺さぶるじゃないですか。

あなたにとって重要なキャリアと重要じゃないキャリアってあると思うので、そこの仕分けをきっちり行い、相手企業に合わせた職務経歴書を作れば、転職先の企業の心をギュッと握ることが出来ますよ。

この辺りはプロの転職エージェントに相談して、添削&必要箇所の修正などをしてもらうのがポイントです。

プロに頼めば、「この書類で大丈夫かな?」というあなたの不安がスッと消えていきますよ!




26歳で転職は遅い?未経験&異業種はラストチャンス

26歳という年齢で転職を考えるに当たって、「もしかしてもう遅いかな?」と心配する人も多いのですが、ぶっちゃけ全然遅くないです。

第二新卒というカードを切り損ねている所がもったいないですが、その分経験値が溜まっているので、しっかりPR出来れば第二新卒の若造にグッと差をつけることが出来る分有利ですらあります。

ただ、未経験業界にチャレンジするには一応ここがタイムリミットと思っておいた方がいいですよ。

27歳以降でも未経験異業種への転職は出来るのですが、どうしても前職の経歴を活かした転職活動になりやすいです。

業界ごと変えてしまいたい人は今のウチに動かないと、今のままキャリアが一生固定されてしまいますよ!

来年になって重たい腰をあげて転職活動をしてみたら、

「この企業行きたかったのに1歳だけ年齢オーバー」
「経験者採用で戦うとしても20代後半勢に当たり負けしてしまう...」

と後から後悔することだけは避けましょう。




26歳の転職を成功させるために転職エージェントを活用しよう

26歳で転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向けの関連記事!20代の転職に強いおすすめ転職エージェント14選▼

あわせて読みたい
20代のキャリアアップに強い転職エージェントおすすめ14社比較!【ケース・目的別に紹介】 「新卒で入社した会社とミスマッチ...第二新卒で転職したい。」 「給料安すぎ。このまま30代に突入するのは不安でしかない。...

▼あなた向けの関連記事!第二新卒の転職にオススメの転職エージェント一覧▼

あわせて読みたい
プロが教える第二新卒におすすめの転職エージェント7選【経験者が全て語る】第二新卒で転職を考えた場合、どの転職エージェントを使っていいのか迷いますよね。 「第二新卒の転職で大手を狙いたい時に使うべきエ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】