第二新卒

25歳からの転職は「コト軸」が重要!未経験異業種でも採用されるPR術を解説

 

当サイトおすすめエージェント3選

▼当サイトおすすめの転職エージェントはこちら!迷ったら「リクルートエージェント」で無料相談!▼

オススメ1:リクルートエージェント
業界最大手の転職エージェント&求人数No.1!転職先の選択肢がもっと広がる

オススメ2:マイナビエージェント
第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い

オススメ3:DODA(デューダ)
非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け!

25歳という年齢は、高卒なら入社して7年目、大卒なら3年目というタイミングです。

大卒の場合は第二新卒枠で転職活動が出来るラストチャンスでもあり、未経験業界への転職を含めて真剣にキャリアを見直そうと考える重要な時期ですよね。

ただしいざキャリアを考えるとなっても、

「前職でこれといってスキルを身につけているわけでもない」
「ただ3年耐えただけ」

と自分の市場価値に自身が持てずに、転職をためらってしまう事もあるのではないでしょうか?

しかし、もっと自分に自信を持ってください!

25歳という年齢の人材はあなたが思っている以上に価値が高いです。

1つの会社で3年程度の職歴を重ねている実績と安心感がありますし、年齢的にもまだ若く脳みそが柔らかい。

今後会社を引張ていける有望な人材として迎え入れたいと考える企業はゴロゴロいるんですよ。

もしかしたらあなたは、

「転職なんて上手く行くかわからない!」

「転職に失敗してキャリアダウンするリスクもある。」

「やりたくない仕事だけど、我慢さえすれば安定している」

こんな風に自分で自分を納得させまいと、必死に言い訳を探しているかもしれません。

しかし断言します!

仮にあなたが入社3年目そこそこの新人選手でも、15年目のベテラン選手でも、転職したいという思いがあるのであれば、自分の気持ちに嘘をつかず、転職活動に一歩踏み出すべきです。

そもそも20代での転職のリスクなんてあるようでないようなもの。

逆にリスクになるとすれば、30歳まで転職を先延ばしにした結果、気づいた頃には「未経験業種に応募できない」「書類選考に通らない」といった年齢フィルターに引っかかる事です。

仮にあなたが転職という選択肢を一瞬でも考えたのであれば、早めに行動しないと後悔する事になります。

ただ、転職については完全に未経験だと思うので、今回の記事では25歳という年齢でどのように次のキャリアを考えるべきなのかを解説していきます。

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
プロが教える第二新卒におすすめの転職エージェント7選【経験者が全て語る】第二新卒で転職を考えた場合、どの転職エージェントを使っていいのか迷いますよね。 「第二新卒の転職で大手を狙いたい時に使うべきエ...

25歳で転職を考えるなら「コト軸」で転職先を選ぼう

25歳で転職を考えた時、最も悩むのが次の仕事一体何しようか?という仕事選びなのは言うまでもありません。

「これが自分のやりたい事なんだ!」と決まっている人はいいですが、そもそもこれと言ってやりたい事がない人は、転職はしたいけど何がしたいか分からないという状態で永遠に悩みますよね。

そんな時にオススメなのが、自分が大切にしているコト、つまり「コト軸」を基準にキャリアを考えてみる方法です。

例えばこんな感じです。

・長く深く人間関係が構築できそうな職場

・プロモーションスキルが活かせる職場

・顧客の要望をダイレクトに叶えてあげられる職種

・いきなりとは言わないけど、報酬は実績に応じて変動する仕事

これぐらいまで要件を抽象化しておくと、例えば転職エージェントに仕事探しの相談をした時でもかなり魅力的なアンサーが返ってきます。

「それだとコンサル業は良さそうですね!」
「Webメディアも顧客目線に立って運営している会社ならはまりそう!」
「意外とエンジニアとかも向いているかも!」

みたいに、アドバイザーの客観視点を上手く引き出せるので、自分でも気づかなかったような仕事に可能性を見出せますよ!

一方よくありがちだけど、絶対やっちゃダメなのが「モノ軸」で仕事を探す方法。つまり"求める条件"から仕事を機械的にサーチする方法です。

・広告業界は顧客がコロコロ変わるからダメ

・保険のような形のない商品ではなく、売るものが目に見えるメーカー志望

・年収は今と同じ水準かそれ以上

・勤務地は新宿か恵比寿しか無理

こんな感じですね。

なんか一見具体的で良さそうなんですけど、これだと極端にあなたの選択肢を狭めてしまうリスクが高いです。

例えばこれで転職エージェントに相談しても、専用の求人サイトで機械的に条件を設定して弾き出される企業一覧を見せられて、この中から選んでいきましょう!と言われておしまいです。

仕事を探す場合は、極力自分が大切にしてるコト、コト基準で探してみましょう。




25歳から未経験・異業種に転職するための面接突破術

25歳で転職を考える人は、キャリアをガラリと変えて、未経験業界にチャレンジしたいという人も多いと思います。

しかし、今まで自分が所属してきた業界や職種でないと「経験が活かせない」と躊躇してしまうのではないでしょうか?

そんな時は、今まで経験してきた業務を一度解体してみましょう。

例えば保険業界で小さなチームをまとめていたという経験でも、「細かな業務の積み重ねが大事な仕事」とか「業務マネジメントが不可欠」とか、他の業界でも全然使えるノウハウを蓄積できていることに気付きます。

すると、「意外と食品メーカーの品質管理とか出来そうかも!細かい数字の管理や、アルバイトの管理とかも大事そうだし!」と仕事選びの可能性がグッと広がりますよ!

面接ではシンプルにそれを強みとして伝えればOKですし、面接官も「この子は自分の強みや経験を活かしてウチの仕事をしてみる意欲がある!」と感じとってもらえるはずです。




25歳で転職するのに資格は不要!スキルがゼロなんて事は絶対ない

25歳で転職を考え始めると、自分にはスキルが何もないから転職活動より前に「資格を取ろう!」と血迷った行動を取る人が増殖します。

しかし、その若さで挑む面接に資格は一切いらないですよ。特に第二新卒であるならなおさら不要です。

それに、25歳まで働いてきて何のスキルもないなんて事は絶対ないですよ。

さっきの例でも「細かな業務の積み重ねならできる」とか「業務マネジメントを少しなら出来る」というのは、新卒には絶対にない社会人経験者の立派なスキルです。

自分が今まで取り組んできた仕事の量=スキルみたいなものなので、あとはそれを他社でどう活かせるのかを説明する面接対策に力を入れれば全然OKです。

特に女性の方で資格を取りたがる人が多いですが、25歳の若さという資格は今しか使うときない事を忘れないようにしましょう。




25歳は第二新卒で転職出来るラストチャンス!今の会社に違和感があるなら思い切ってチャレンジしよう

繰り返しになりますが、25歳という若さであれば「第二新卒」というカードを使って就活を行う事が出来ます。

新卒よりもビジネススキルが身についている若手を欲しいと思う企業の欲望は底なし沼なので、自分が転職したいと思った段階で動いておかないと貴重なカードを切り損ねてしまいますよ。

ライバルとなるのは23,24歳で第二新卒枠狙いで就活している層ですが、あなたの方が社会人経験も長く、PR出来る業務経験も多いので、ビシッと差をつけて先輩は違うんだという所さえ見せられれば余裕で転職出来ます!

「やりたい事が出来ていない」

「今の会社では将来のキャリアが不安」

「ブラックだから環境を変えたい」

など各自思いは違うと思いますが、第二新卒の時に出来る事は第二新卒のタイミングでやっておかないと大損なので、転職活動の一歩を踏み出してみましょう!




25歳で転職を成功させるにはエージェントを上手に使おう!

25歳で転職活動を始める時のポイントですが、とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。

具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。

転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

転職活動を考える時は、まず無料の転職エージェントに登録する事をオススメします。

というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。

転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。

オススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界でも大手で、他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。

知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。

収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、

「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」

「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」

「もうブラックは嫌。6時のチャイムで帰れる会社がいい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

『リクルートエージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

・リクルートエージェント公式サイト【3分で登録完了】

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!

▼あなた向き関連記事!第二新卒の転職を成功に導くおすすめエージェント7選▼

あわせて読みたい
プロが教える第二新卒におすすめの転職エージェント7選【経験者が全て語る】第二新卒で転職を考えた場合、どの転職エージェントを使っていいのか迷いますよね。 「第二新卒の転職で大手を狙いたい時に使うべきエ...

また、今すぐに転職するつもりはないけど、

「この会社で一生働くのは無理!」

「30までには絶対転職したい!」

などの転職願望がある方は、最低でも転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。

「あのクソ上司目に物見せたろか。こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。」

「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。」

求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。

気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板の「リクナビネクスト」でOKです。

リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ!

・リクナビネクスト【公式サイト】

p.s

キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の市場価値を測定してみましょう。

ミイダス(MIIDAS)というツールを使えば、『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。(無料)

「仮に今会社を辞めたら、自分にいくらの価値があるんだ?」

「もしかして会社に買い叩かれて搾取されていない?」

このような思いがある人は、パンドラの箱を開けてみてください。

▶︎MIIDAS(ミイダス)公式サイト


▼ミイダスについて詳しく知りたい方向け!評判や口コミなどを徹底解説▼

あわせて読みたい
【悪い評判口コミ】ミイダス(MIIDAS)は嘘ばかりで使えない?プロ目線で特徴や注意点を解説「あなたの適性年収は670万円です!今の会社に買い叩かれていますよ〜」 こんな風に自分の市場価値を診断してくれるツールと言えば、最...