転職エージェント

20代のキャリアアップに強い転職エージェントおすすめ14社比較!【ケース・目的別に紹介】

「新卒で入社した会社とミスマッチ...第二新卒で転職したい。」

「給料安すぎ。このまま30代に突入するのは不安でしかない。」

「やりたい事が見つかった!20代の今転職に踏み切りたい!」

上記のように、20代においてキャリアチェンジを考えている若者は多いです。

人生100年時代に突入した昨今、1つの会社で定年まで勤め上げることは難しく、転職してキャリアを磨いていくことも重要な視点ですよね。

ただいざ転職しようと考えた時、どこの転職エージェントを使うべきか悩みませんか?

転職エージェントは色々な会社があるので、自分にとってどこがベストなのか、はっきり言って分かりづらいです。

そこで今回は、20代におすすめ出来る転職エージェントを、ケースや目的別に分けて徹底比較して紹介します。

この記事を読むことで、自分にふさわしい転職エージェントの選び方を知ることが出来ますよ!

20代の転職に強いおすすめ転職エージェント14社!【ケース別に紹介】

では早速、20代の方におすすめの転職エージェントを紹介します。

それぞれのエージェントの特徴や専門領域については、下記の通りです。

おすすめ1:リクルートエージェント【全20代必須&未経験OK】

1つ目におすすめのエージェントは、「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントをおすすめしたいのは、20代の全ての人です。

というのも、リクルートエージェントは業界最大手のエージェントですから、取り扱っている求人数は全エージェントの中でNo.1です。

いいですか、転職活動においては、「求人数=選択出来るキャリアの可能性」です。

「もうブラックは嫌。ホワイト企業だけをピンポイントで紹介して欲しい。」

「昭和の古臭い企業は合わない!ベンチャーで飛躍したいと思っている。」

「オワコン銀行員から脱出したい。伸び代のある成長産業に転職したい!」

上記のように様々な要望があるのが求職者ですが、リクルートエージェントではその全てにビシッと答えることが出来るのです。

未経験業界への転職支援も得意なエージェントですから、転職先の選択肢だって一気に広がります。

リクルートエージェントを活用することで、20代の転職成功率はグッと上がりますよ!

リクルートエージェント公式

おすすめ2:マイナビエージェント【20代第二新卒におすすめ】

2つ目におすすめのエージェントは、「マイナビエージェント」です。

マイナビはリクルートと並ぶ老舗エージェントですが、近年では20代の転職支援にかなり力を入れているエージェントです。

そして、得に利用をおすすめしたいゾーンが「第二新卒(22歳〜26歳程度)」の方です。

「ファーストキャリアは正直失敗。第二新卒でやり直したい。」

「未経験業界にも転職しやすい今こそ転職時期だと思っている。」

「初めての転職でサッパリ。プロの手厚い支援を受けたい。」

上記のようなニーズがあるのなら、マイナビエージェントがピッタリでしょう。

また、マイナビエージェントは全エージェントの中で、コンサルタントのフォローが最も手厚いです。

職務経歴書などの書き方から面接のコツまで、あなたの転職を手取り足取りサポートしてくれます。

たった1人で転職活動をすることに比べて、圧倒的な安心感を感じることが出来ますよ!

マイナビエージェント公式

おすすめ3:ウズキャリ【短期離職をしてしまった20代向き】

3つ目におすすめのエージェントは、「ウズキャリ」です。

ウズキャリは第二新卒向きの転職エージェントです。

ただ、マイナビエージェントとの違いとしては、短期離職者のフォローに強いのはウズキャリということです。

そのため、「入社3ヶ月でスピード退職...」といった訳ありのケースでは、マイナビよりもウズキャリの方が合っています。

短期離職でまともな転職先があるの?と思われるかもですが、その点は心配しなくてOKです。

近年ではどの企業も人手不足ですから、若さという武器があるのなら、やり直しのチャンスは絶対ありますよ!

ウズキャリ公式サイト

おすすめ4:DODA(デューダ)【20代後半の年収アップ転職向き】

4つ目におすすめのエージェントは、「DODA(デューダ)」です。

DODAをおすすめしたいのは、20代の転職で年収アップを考えているあなたです。

つまり、新卒で入社した会社に3年以上勤めており、年齢で言うと20代後半ぐらいの方です。

「これまでの経験を活かし、もっと大きな会社にキャリアアップしたい。」

「30歳手前で年収面が不満。転職して100万は年収を上げたい。」

「全くの異業種でもOK!市場価値の上がる仕事に転職したいと思っている。」

例えば上記のような感じで、お金とキャリアをシビアに考えているのなら、まさにDODAが適任です。

DODAの非公開求人には高年収求人も多いですから、キャリアを磨くには持ってこいです。

30歳目前でもうワンランク上を目指すなら、DODAに相談するのがおすすめです。

DODA公式サイト

おすすめ5:パソナキャリア【20代女性の転職では必須】

続いて5つ目におすすめのエージェントは、「パソナキャリア」です。

パソナキャリアは、「パソナと言えば女性、女性と言えばパソナ」と言われる程、女性転職に強みを持つエージェントです。

そのため、20代でキャリアチェンジを考える全女性陣におすすめです。

「男社会はもう限界。女性が働きやすい会社に転職したい。」

「結婚後も長く働ける会社を、何としても30歳までには見つけたい。」

「上を目指したい。女性のキャリアアップに強い仕事を紹介して欲しい!」

もしあなたが上記のような希望条件を叶えたいなら、パソナキャリアの支援なしは考えられません。

コンサルタントも女性の方が多いですし、同じ目線でキャリアを考えてくれます。

今の悩みを正直に打ち明けるだけでも、心の不安がスッとなくなりますよ!

パソナキャリア公式

おすすめ6:就職Shop【20代既卒の転職に強み】

6つ目におすすめのエージェントは、「就職Shop」です。

就職Shopは、上記5社とは少し毛色が違い、キャリアの弱い人の就職支援に強みを持つエージェントです。

具体的におすすめな人は、無い内定のまま大学を卒業してしまった既卒の方です。

「内定が無いまま卒業してしまって焦っている...」

「大学卒業後1年フラフラしたけど、今年こそは本気で就職するつもり。」

「周囲の目が厳しくて辛い。既卒からの逆転に強いエージェントを探している。」

このような環境の方であれば、まず最初に就職Shopを利用してください。

就職Shopは最大手のリクルートが運営していますから、求人の量&質やコンサルタントのフォローでは安心して使えるエージェントです。

就職Shopを活用することで、人生逆転の可能性が一気に広がりますよ!

就職Shop公式ページ

おすすめ7:DYM就職【フリーター(無職)から正社員を目指す20代必須】

7つ目におすすめのエージェントは、「DYM就職」です。

DYM就職は、フリーター(無職)から正社員を目指す20代の方におすすめ出来るエージェントです。

正直なところ、正社員経験が全く無い人であれば、大手の転職エージェントでは利用を断られてしまうこともあります。

ただ、そんな層を一切見捨てないのがDYM就職のセールスポイントとなのです!

「フリーターのまま人生くすぶるわけにはいかない。正社員を目指したい!」

「プー太郎はもう辞める。まずは正社員になりキャリアを磨きたい。」

「ハロワはブラックばかり。まともな企業を紹介してもらえるエージェントは無いの?」

このような想いがある人であれば、DYM就職がピッタリです。

DYM就職を活用することで、正社員への道が一気に開かれますよ!

DYM就職公式サイト

おすすめ8:ハタラクティブ【20代高卒の転職に強み】

8つ目におすすめのエージェントは、「ハタラクティブ」です。

ハタラクティブをおすすめしたいのは、20代の中でも最終学歴が高卒の方です。

ただし注意点としては、正社員としてのキャリアがある高卒であれば、必ずしもハタラクティブを使う必要はありません。

その場合は、王道のリクルートエージェントマイナビエージェントでOKです。

しかし、高卒かつ正社員経験なしという場合であれば、上記2社の利用が難しいこともあります。

そんな時に利用を考えるべきなのがハタラクティブです。

ハローワークに行ってブラック企業を紹介されるようなヘマをするよりも、ハタラクティブで優良企業を紹介してもらってください!

ハタラクティブ公式

おすすめ9:ワークポート【IT/ゲーム業界志望の20代向き】

9つ目に考えておきたいエージェントが、「ワークポート」です。

ワークポートは全業界の求人を扱う総合型エージェントですが、元々はITやゲーム系の求人に特化しており、今でも約半数の求人がITやゲーム系です。

そのため、20代でIT業界やゲーム業界を目指すのであれば、ピンポイントでワークポートを使うのも1つの戦略です。

リクルートエージェントなど大手より求人数は落ちますが、その分業界知識が豊富なコンサルタントも多いです。

「Webメディアのディレクター狙いで転職活動をしたい。」

「ゲーム業界の求人だけに絞って紹介してもらえればそれでOK」

「業界用語などが分かるコンサルタントに支援してほしい。」

こんな風に考えている方であれば、ワークポートは完全にハマっているでしょう。

業界に関する最新情報も手に入るので、情報収集のために活用するのもアリですよ!

ワークポート公式ページ

おすすめ10:レバテックキャリア【20代ITエンジニアの転職に強み】

10個目におすすめのエージェントは、「レバテックキャリア」です。

レバテックキャリアは、WebエンジニアとWebクリエイターの主に2つの職種を専門的に扱うエージェントです。

特にエンジニア転職には力を入れており、20代で未経験からエンジニアを目指したい人のフォローも得意です。

ぶっちゃけた話ですが、今の時代エンジニアは美味しいです。

なぜなら荒稼ぎ出来るからです。

転職してすぐに年収アップする場合もありますが、数年経験を積んでフリーランスになれば、年収1,000万円が余裕で見えてくる世界なのです。

手に職をつけるという意味でも熱い職種ですし、何よりあなたの市場価値がダイレクトで上がる職種です。

20代でエンジニアとしてのキャリアを歩みたいのなら、レバテックキャリアがおすすめです。

レバテックキャリア公式

おすすめ11:JACリクルートメント【20代で外資系転職を望む人向き】

11個目におすすめの転職エージェントは、「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントは、国内大手企業への転職にも強いですが、圧倒的な強みがあるのは「外資系転職」です。

そのため、20代の内に外資系企業に転職して、バリバリ働きたいと考える人におすすめのエージェントです。

「英語を活かした転職をしたい。グローバル企業を考えている。」

「国内企業のカラーに合っていない。実力主義の外資で戦いたい。」

「若い内に外資系企業で働いて、キャリアに箔をつけたいと思っている。」

こんな風に、アグレッシブな想いで外資を狙うなら、外資に強いJACは外せませんよ!

JACリクルートメント公式

おすすめ12:ビズリーチ【キャリアがかなり強いスーパーマン向き】

12個目におすすめの転職エージェントは、「ビズリーチ」です。

ビズリーチは今回紹介するエージェントの中では、最もハイクラス向きの転職エージェントです。

そのため、利用に向いている人はかなり限られますが、高学歴エリート層などにはグサリと刺さるエージェントです。

「総合商社で3年働いてきた実績あり。思い切ってジョブチェンジしたい!」

「ベンチャー企業だけど、若くして部長級まで上り詰めた経験を持っている。」

「とにかく高年収を狙える企業に20代で転職したい!」

こんな風に多少オラつくぐらいが丁度いいエリート層は、ビズリーチ向きです。

独自のヘッドハンティングもしていますから、忙しいあなたでも十分活用することが可能ですよ!

ビズリーチ公式サイト

おすすめ13:Aidem Smart Agent【都内在住の20代】

13個目におすすめの転職エージェントは、「Aidem Smart Agent」です。

Aidem Smart Agentは関東(主に東京)における転職に強みを持つエージェントです。

そのため、東京で働くことは外せない人におすすめです。

Aidem Smart Agentは、各業界ごとに専門性に長けたコンサルタントを配置しています。

そのため、自分が進みたい業界に詳しいコンサルタントが常に対応してくれます。

「Aidem Smart Agent」公式

おすすめ14:Spring転職エージェント【世界No.1エージェント】

最後におすすめのエージェントは、「Spring転職エージェント」です。

Spring転職エージェントは知名度があまりないですが、スイスに本社を置く世界No.1の外資系エージェントです。

そんなSpring転職エージェントの強みですが、とにかく対応出来る層の守備範囲が広いことです。

第二新卒、フリーター、既卒、高卒、ハイキャリアと、全ての層を広く取り扱えるのは、世界レベルのエージェントならではの強みです。

国内エージェントは人を選ぶ傾向がありますが、Spring転職エージェントでは一切そのようなことはありません。

申し込めばどんな方でも必ず面談をしてもらうことが可能です。

Spring転職エージェント公式

結論この3社でOK!20代の転職で最もおすすめの転職エージェントを厳選

ここまでは、ケース別に20代向きの転職エージェントを全部で14社紹介しました。

ただ、それでも数が多いので、どこがベストなのか迷ってしまう人も多いと思います。

転職エージェントは無料ですから、迷ったらとりあえず登録しておくのも1つの手ですが、体は1つなので選択と集中は大事です。

そこで本記事では、転職エージェント選びで迷う人に対しては、「まず3社登録して比較してみる」という方法をおすすめしています。

3社なら1人でも並行して使える量ですし、転職成功者の平均登録数とも一致しているからです。

では、まず最初に登録すべき3社はどのエージェントが良いか?

結論から言えば、以下の3社に登録しておけば問題ありません。

上記3社は、転職エージェント業界におけるいわばBIG3です。

そのため、この3社を並行して使えば、20代向きの求人のほぼ全てをカバーすることが出来ます。

「全然求人を紹介してもらえない...」なんて嘆く心配は一切ありません。

また、どれも大手ですから、コンサルタントのサポート面は期待出来ます。

各社コンサルタントのアドバイスを比較することも出来るので、より客観的な視点で転職を考えることだって出来るでしょう。

このように、上手く転職エージェントを組み合わせることが出来れば、転職活動の効率だって一気に上がりますよ!




20代の転職を成功させるポイント!無資格や転職回数は気にするな

さて、上記では20代の転職でおすすめ出来る転職エージェントについて紹介してきました。

ここからは少し話を変えて、20代の転職を成功させるためのイロハについて書いていこうと思います。

まず最初は、以下の4つのポイントについて解説します。

無資格スキルなしはハンデにならない理由

・20代なら転職回数は気にしなくてOK!4回目でも成功します

市場価値が上がるか上がらないかが重要

・転職理由は『反省&改善』の王道の流れでOK

それぞれ見ていきましょう。

無資格やスキルなしはハンデにならない理由

20代で転職を考える人の中には、

自分は資格も持っていないし、特段のスキルもないし...

と言った具合で、どこか後ろ向きな気持ちになる人も多いです。

しかし断言しますが、そんなこと心配する必要はは一切ありません。

なぜなら、ライバルだってみんな同じようなものだからです。

つまり、転職活動の合否で差が出るのは、資格なんてちっぽけなものではありません。

「一緒に働きたいな。」と思ってもらえるかどうか、20代では特にそれが大事なのです!

20代なら転職回数は気にしなくてOK!4回目でも成功します

20代で転職を考える人の中には、今回が初めてじゃないという人もいるでしょう。

その場合、「職を転々としている...」というマイナスイメージを持たれるのではと心配になりますね。

ただ、これが40代ジョブホッパーなら一撃でアウトですが、20代ならかすり傷にもなりません。

20代で4回目の転職を成功させ、大手企業にキャリアアップした人だっているぐらいだからです。

転職回数についてゴチャゴチャ悩むぐらいなら、企業研究の1つでもした方がよほど明るい未来を描けますよ!




市場価値が上がるか上がらないかが重要

20代で転職を考える時、「もう二度とミスマッチは起こしたくない!」と思いますよね。

そこで大事にして欲しい視点が1つあります。

それは、転職によって「市場価値が上がるかどうか」ということです。

具体的に言えば、仮に会社が潰れることがあったとしても、また別の会社で雇ってもらえるようなスキルが身につくかということです。

具体的には、今後伸びていく業界を選んだり、エンジニアのように手に職がつく仕事をチョイスするといいでしょう。

転職理由は『反省&改善』の王道の流れでOK

20代で転職するとなれば、例え3年勤め上げたとしても、職歴としてはまだまだ浅いです。

そのため、転職に対してネガティブな印象を持たれる可能性だってあります。

そんな時の対処法ですが、転職理由の話し方に気をつけるようにしましょう。

前職の悪口や嫌なことをダラダラ話すのではなく、『反省&改善』を織り交ぜた話術を用いるのがコツです。

前職では、〇〇という部分でミスマッチがありました。

入社する前の自己分析などに甘さがあり、結果的に転職を考えることになった点、深く反省しています。

ただ、今ではその反省を活かし、△△という仕事が本当にやりたいことだと気付くことができました。

御社を志望させていただいたのも、このような背景からです。

こんな風に、反省する部分は素直に過ちを認め、その後の改善に繋げている点を見せればOKです。

面接官だって人の子ですし、このような真摯な姿勢が心を動かすことだってあります。

伝え方を工夫するだけで、面接ウケは120%よくなりますよ!




20代後半で未経験に転職するのは難しいは大嘘

この記事を読んでいる方の中には、20代後半で未経験業界に転職を考える人も多いでしょう。

ただ、「第二新卒のチャンスを逃してしまった場合、同業種転職しか厳しいのでは?」と不安に感じますよね。

確かに、20代後半の転職であれば、未経験よりも同業種転職の方がハードルは低いです。

しかし、未経験業界への転職が無理なわけではなく、企業によっては第二新卒よりも優先的に採用してくれることも十分にありえます。

日本という国はまだまだ古臭い価値観が浸透していますから、「3年以上は頑張った」というポイントを強く評価する企業も多いです。

未経験職種で採用するとしても、そのような職歴を加味して採用してくれる会社はゴロゴロ存在するのです。

それに、20代後半と言えども20代は20代です。

若くて優秀な人材だと判断してもらえれば、未経験でもガンガン採用してもらえますよ!




20代の転職先としておすすめの業界や職種はどこ?

「とりあえず転職したいな...」と思っている20代の方にとって、転職先をどう考えるべきかは悩みどころです。

やりたいことがあれば迷わず突き進めばいいのですが、そうでない場合、どんな業界や業種に進むべきか悩みますよね...

ただ、この点については明白です。

先程の話とも被りますが、将来的に自分の市場価値が高まる業界をチョイスすべきですよ!

今でしたら、IT業界コンサル業界などはアツいですよね。

会社で行う業務がそのまま個人のスキルとして残りやすいですから、もう一度転職する場合でもかなりの武器になります。

仮に会社を辞めてもフリーランス起業という道を取りやすいですから、真の意味で会社に依存しなくても生きていける人材を目指せます。

このような視点から、ITやコンサルなど、自分が成長出来そうな業界・業種を選ぶのがコツですよ!

あわせて読みたい
【未経験OK】IT業界で役立つおすすめ転職エージェント11社を徹底比較 このように悩んではいませんか? 今や転職エージェントは100社以上もあるので、自分にとってピッタリのエージェントを探すのも...
あわせて読みたい
【未経験も可】コンサル業界で役立つ転職エージェントおすすめ13選【専門分野別に比較済み】 「未経験からのコンサル転職を支援出来るエージェント会社ってどこ?」 「外資系コンサルに強みを持つ転職エージェントが知りたい...

20代でも辞めてから転職は悪手!まずはプロに相談しよう

20代というのは、どんな人でも自分の人生を深く考えるものです。

「このままこの会社で今の仕事をするのが自分の人生なの?」

「最悪のブラック企業に捕まった。人生が本気で辛い...」

「金のために惰性で働いている。人生全体が伸び悩む。」

こんな風に、とにかく悩みが尽きない年頃ですよね...

ただ、この時期に一番やってはいけない事が1つだけあります。

それが、「次を決めずに退職。」「辞めてから転職活動をしようとする。」という事です。

1分1秒でも早く今の環境から抜け出したい...そんな気持ちは痛いほど分かります。

本気で毎日が苦痛、明日の事を考えるだけでも苦痛に感じるという人もいるでしょう。

ただ、辞表を出すよりも前に、まずは転職エージェントに相談するようにしてください。

転職エージェントはその道のプロ、今のあなたがどんな悩みを持ち、どういう思いで転職したがっているのか、その本心に寄り添ってくれます。

具体的な転職活動のプロセスだって見えてきますし、今の自分で転職出来そうな企業だってハッキリ分かります。

「なんだ、自分って意外と市場価値高いじゃん!」

「これなら会社辞めて転職した方がお得なんだけど...」

「転職活動って難しく捉えていたけど、案外簡単そう!」

こんな風に、薄っすらですが心の余裕だって生まれますよ!




まとめ:今回紹介した20代向きおすすめ転職エージェント一覧

では最後に、本記事で紹介した20代向き転職エージェント14社をもう一度記載しておきます。

リクルートエージェント 20代で転職したい全ての人におすすめのエージェント
未経験業界への転職に圧倒的な強みあり
・取り扱い求人数及び転職実績No.1のリーディングカンパニー
マイナビエージェント 第二新卒の転職に特に強みのあるエージェント
キャリア面談が最も丁寧と定評
・職務経歴書など書類サポートをかなり真剣にフォローしてくれる
ウズキャリ ・マイナビエージェント同様に第二新卒の転職支援に強み
半年以内の短期離職など訳ありでも対応可能
・既卒やフリーターからの就職などキャリアが浅い人でも利用可能
DODA(デューダ) 年収アップ転職を志す場合に用いたいエージェント
・3年以上の職歴がある20代後半におすすめ
・未経験への転職よりも同業種転職に向いている
パソナキャリア ・転職を考える20代女性におすすめのエージェント
・女性にとって働きやすい職場(育休・産休ありなど)の紹介が得意
キャリアアップしたい女性の支援も可能
就職Shop 既卒のまま無い内定になってしまった方におすすめ
・大学卒業後に一定期間フリーターをしていても利用可
・リクルートが運営しているので安心して利用できるサービス
DYM就職 フリーターや無職からの就職を狙う20代におすすめ
・どれだけキャリアが弱くても「正社員」を目指す事が出来る
・ハローワークなどと異なり、ブラック求人が少ない
ハタラクティブ ・最終学歴が「高卒」の20代におすすめのエージェント
フリーターや無職でも利用してOK
・入社後の定着率が他社より高く優良企業の取り扱いが多い
ワークポート IT/ゲーム業界に転職を考える20代向きのエージェント
・取り扱い求人の約半数はITかゲーム系の求人
関東圏の求人がメインとなっている
レバテックキャリア Webエンジニア/Webクリエイーターを目指す20代におすすめ
未経験からのエンジニア転職を得意としている
・プログラミングスクルールなしでいきなりエンジニアを目指せる
JACリクルートメント 外資系企業に転職を考える20代におすすめのエージェント
・英語など語学を活かせる転職先を探す場合にも使える
キャリアがある程度強い人でなければ利用するのは難しい
ビズリーチ 高学歴エリート層をターゲットとしたエージェント
・年収1,000万円以上の求人を狙いたいハイクラス人材必見
Aidem Smart Agent 東京都内の求人にかなり強みを持つ
業界ごとに専門性のあるコンサルタントがついてくれる
Spring転職エージェント ・スイスに本社を置く世界No.1の外資系転職エージェント
どんなキャリアの人でも必ず面談をして対応してくれる

なお、繰り返しになりますが、転職エージェントは複数登録をして比較してみる事が重要です。

それぞれの会社ごとに強みや弱みが違いますし、担当者との相性の問題だってあります。

どれも無料で登録出来ますから、まずは色々使ってみて、最終的には自分にピッタリ合うエージェント1社に絞り込んで行きましょう!

最初にどこに登録すべきか迷った場合は、本記事中盤でも紹介した通り、リクルートエージェント、マイナビエージェント、DODAの3つでOKです。

転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので今のうちにチェックしておいてください。

気になる求人をストックしておけば「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ!

リクルートエージェント、マイナビエージェント、DODAは下記の公式サイトより登録出来ます。

3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。

書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ!